Autonomous Database 新機能紹介

Version 28

     

    はじめに

     

    最新情報や詳細情報は以下もご参照ください

     

     

    サービス・アップデート

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/09)Always Free Autonomous Database

    --> 無料でAutonomous Databaseが使えるようになりました

     

    Oracle Cloud Infrastructureの無料サービスの一つとして提供されます。

     

    ・ご自身のアカウントのホームリージョンに2インスタンスまで無料で作成可能

    ・トライアルアカウントと有料アカウント、どちらのアカウントでも利用可能

    ・インスタンスのスペックは1OCPU、20GBストレージ、8GBメモリ

    ・Scale Up/Down、Auto Scaling、Update License Type、Manual backups/Restoreは利用できない

    ・作成したインスタンスはいつでも有償環境にアップグレード可能

     

    その他、Autonomous Database以外に、Compute インスタンス、ブロックストレージ、オブジェクトストレージ、ロードバランサまで利用可能なので、各種アプリケーションの開発や検証、または学習用に利用できます。

    利用可能なサービスの一覧はこちらです

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/09)Object Store Using Public URL

    --> DBMS_CLOUDパッケージでCredentialの指定をせずにデータをロードできるようになりました

     

     

    通常ADBにデータをロードする場合は、オブジェクトストレージにアクセスするためのCredential情報を事前にADBに登録するか、

    Oracle Object StorageにてPre-Authenticated Request URLを作成し、そのURLを使ってロードしますが、今回のアップデートによりOracle Object Storage上でリンクをpublicに指定した場合、Credential なしでロードできるようになりました。

    詳細はこちらです

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/09)Work Request

    --> OCIのWork Request 機能をAutonomous Databaseでも使えるようになりました

     

    各サービス(インスタンス)に対する作業リクエストの進捗などが確認できるようになりました。

    • サービスの作成、削除
    • サービスの起動、停止
    • リストア、クローニング
    • 手動バックアップの作成、削除
    • リソース(ストレージ/CPU)の増減
    • AutoScale の有無も含む
    • ライセンスタイプの変更
    • ネットワークACLの更新

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/08)Create Directory and Drop Directory commands

    --> ディレクトリ・オブジェクトを追加作成できるようになりました。

     

    従来はデフォルトで作成済みのDATA_PUMP_DIRのみでしたが、今回のアップデートにより、ディレクトリ・オブジェクトを任意で追加できるようになり、既存アプリケーションの移行が簡単になりました

    ・ディレクトリ・オブジェクトの作成には” CREATE ANY DIRECTORY ”権限が必要です。ADMINスキーマから付与してください。

    ・ディレクトリ・オブジェクトに保管されたデータサイズに応じて、 インスタンスのストレージのサイズ(最小1TB)を消費します

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/07)ADB Gains ISO-27001, 27017 and 27018

    --> Oracle Cloud の他のサービスに追随し、Auotnomous Databaseも対応しました。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/07)Monitor ADB with Performance Hub

    --> サービスの稼働状況を、より詳細に、より簡単に確認できるようになりました

     

    サービス(データベースインスタンス)の稼働状況を、Performance Hubで確認できるようになりました。

    Active Session History(ASH)によるヒストリカルな調査が可能です。また、好評のSQL Monitorは引き続き利用できます。

     

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/07)OCI VCN Transit Routing to Oracle Cloud Serivce

    --> VCN内からInternet Gatewayを利用せずにADBにアクセスできるようになりました

     

    IPSec VPNやFastConnect接続を利用する場合、従来は途中にプロキシサーバーなどを用意する必要がありましたが(もしくは、FastConnect Public Peering)今回のアップデートで、動的ルーティング・ゲートウェイ(DRG)からサービス・ゲートウェイを経由し、Autonomous Databaseに直接アクセスできるようになりました。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/06)Application Express(APEX)

    --> 待ちに待ったAPEXに対応しました

     

    ADW or ADBインスタンス作成時に同梱されるOracle Application Expressを利用することで、Autonomous Databaseだけで簡単にアプリケーションを作成できます。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/06)Oracle REST Data Services(ORDS)

    --> 待ちに待ったORDSに対応しました

     

    Autonomous Databaseインスタンス上で、RESTfulサービスを開発およびデプロイできるようになりました。

    データベース内の操作をREST APIを利用して実行したい。REST APIを利用してデータを挿入、参照、削除したい。

    といった際に、Autonomous Databaseさえあれば、それらを実行するためのREST APIを実装できます。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/06)SQL Developer Web

    --> 従来より簡単にWebコンソールからSQLを実行できるようになりました。

     

    従来はとりあえずデータを操作したいという場合であっても、Notebookを利用するか、他のクライアントツールを用意しなければなりませんでしたが、今回のアップデートで利用可能になったSQL Developer Webを利用することで、より簡単にお試し操作が出来るようになりました。(もちろん、がんがん使っていただいてOKです)

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/06)Auto Scaling

    --> システムの負荷状況に応じて、CPUリソースの自動調整できるようになりました。

     

    従来はリソースの使用状況を監視しつつ、GUIもしくはAPI経由でOCPUを調整する必要がありましたが、

    今回のリリースで利用可能になったAuto Scaling 機能を使うと、システムの負荷状況に応じて、指定されているCPUコア数の最大3倍まで利用できるようになります。

    尚、負荷が減少すると、コア数の利用も抑えられます。

     

     

    ・インスタンス作成後も動的に更新可能。必要に応じて有効化、無効化できる。

    ・最大128コアまで。OCPU=64でインスタンスが構成されている場合、Auto Scalingによる自動拡張はOCPU=128が上限。

    ・課金については、1時間辺りのOCPU使用に基づき決定される。

    ・実際のCPU割り当てについてはサービスコンソールから、過去8日間の1時間ごとのスナップショットデータを確認可能。

     

     

     

    ・東京リージョンでも、もちろん利用可能です。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    --> ADBでDatabase Linkを作成できるようになりました。

     

    従来は他のDBからADBをターゲットとしたDB Linkは作成できましたが、ADB上に他のデータベースのオブジェクトを参照、更新するDB Linkを作ることはできませんでした。

    今回のアップデートで追加されたDBMS_CLOUD_ADMIN.CREATE_DATABASE_LINKにより、他のDBをターゲットとしたDB LinkをADB上に作成することが出来るようになりました。

     

    実際の利用方法はマニュアル、もしくはこちらを参照ください。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/05)Support for Oracle Spatial

    --> ADBで位置情報を基にした検索といった機能を利用できるようになりました。

     

    一部制限事項についてはこちらを参照ください。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/05)Support for Oracle Text

    ADBでOracle XML DBが利用できるようになりました。

     

    一部制限事項についてはこちらを参照ください。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/05)Oracle Management Cloud Support

    複数のADBインスタンスを統一して監視できるようになりました。

     

    これまではサービスコンソールから単一のインスタンスのみの監視でしたが、Oracle Management Cloud (OMC)がAutonomous Databaseに対応したことで、複数のインスタンスを一元的に監視、通知できるようになりました。

     

     

     

    従来はサービスコンソールやSQLから直接確認する必要がありましたが、

    OMCを利用することで、CPU使用率やストレージ領域等の情報をメール通知できるように。

     

     

    参考)

    https://blogs.oracle.com/datawarehousing/using-oracle-management-cloud-to-monitor-autonomous-databases

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/05)Support For Oracle XML DB

    Oracle XML DBの各機能がAutonomous Databaseでも利用できるようになりました。

     

    • 従来はOracle XML DB機能に制限がありましたが、一部(セキュリティ、性能系)を除いて制限が緩和されました。
    • 引き続き制限されている機能については、マニュアルを参照ください。
    • Oracle Data Pumpを使用してXMLType列を含む表をAutonomous Databaseに移行する場合は、expdpを使用する前にNon-Schema Binary XMLへの変換が必要です。詳細は上記マニュアルを参照ください。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/05)Pre-Authenticated URI Format Supported with DBMS_CLOUD

    DBMS_CLOUDを利用したデータロード時に、認証なしでロードできるようになりました。

     

     

    従来はADBインスタンスに事前に認証情報(Credential)を登録する必要がありましたが、

    今回のアップデートで事前認証されたURIを生成できるようになり、DBMS_CLOUDパッケージを利用してロードする際はそのまま直接アクセスできるようになりました。

     

     

    • OCI オブジェクトストレージのコンソールにおいて事前認証済みリクエストを発行し、固有のURLを生成します。

     

     

     

     

    • DBMS_CLOUDプロシージャでロードする際に、上記で作成した固有URLを利用して、OCIオブジェクトストレージ上のソースファイルにアクセスします。

     

    begin
     dbms_cloud.copy_data(
        table_name =>'CHANNELS',
        credential_name =>’NAME',
        file_uri_list =>'https://swiftobjectstorage.u …    ',
        format => json_object('ignoremissingcolumns' value 'true', 'removequotes' value 'true')
     );
    end;
    /
    

     

     

     

    • 注意事項
      • 事前認証済みのリクエストURLについては、セキュリティを十分考慮した上で、アクセスタイプや有効期限を設定ください。
      • DBMS_CLOUDプロシージャでロードする際は、 credential_nameパラメータをNULLまたは明示的に指定ください (以下の例では ‘NAME’と指定しています)

     

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/05)OCI Native URI Format Supported with Oracle Data Pump

    Data Pumpによるロード実行準備が、より簡単になりました。

     

     

     

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/04)Support for Network Access Control Lists (Network ACLs)

    特定のIPからのアクセスのみを許可することができるようになりました。

     

     

    • 指定されたIPアドレス(CIDR指定含む)からの接続のみを許可することが可能となり、セキュリティが向上しました。

     

     

    • リストにないIPからのアクセスは拒否されます。
      • ORA-12506: TNS:listener rejected connection based on service ACL filtering
    • オンラインで変更可能です。
      • IPアドレスの追加、削除時に既存許可されているIPからの接続セッションは影響を受けません。
    • 定義情報は直接インスタンス内に格納されるため、 セキュアかつ、自動でバックアップ
    • サービスコンソールはACLの制御対象外(顧客データは一切出ないので必ずしも不要ですよね)

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/04)Support for Updating License Type

    インスタンス作成後にライセンスタイプの変更できるようになりました。

     

    • インスタンスの停止を伴わずオンラインで変更可能です。

     

    参考)

    Autonomous Database(ADW/ATP)のライセンス・タイプの変更方法について

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/04)Access Avro files in Object Stores

    他のフォーマットに変換せずに、直接ADBにロードできるようになりました。

     

    • ADBにロードする際に従来はCSV等の他フォーマットへの変換を考慮する必要がありました。
    • 今回のアップデートでオブジェクトストアに格納されたAvro フォーマットのデータを直接参照、もしくはロードすることが出来るようになりました。

     

     

    例:外部表としてADBから直接参照する場合)

     

    begin
        dbms_cloud.create_external_table (
        table_name =>'movies_ext',
        credential_name =>'OBJ_STORE_CRED',
        file_uri_list =>'https://objectstorage.ca-toronto-1.oraclecloud.com/n/<tenancy>/b/<bucket>/o/*',
        format =>  '{"type":"avro",  "schema": "first"}'
        );
    end;
    /
    
    

     

     

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/04)Modify CPU/IO Shares

    接続サービス間のリソースの優先度付けを変更できるようになりました。

     

    • ADW/ATPに接続する際には、TPURGENTやTP、HIGH、MEDIUM、LOWといった接続サービスを指定し接続します。
    • 接続サービス毎に、パラレル処理の実施有無やセッション数管理、CPUリソースの割り当て優先度が決められています。

     

     

     

     

    • 今回のアップデートにより、CPUリソースの割り当て優先度を手動変更できるようになりました。

     

     

    BEGIN
       cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'TPURGENT', shares => 12);
       cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'TP', shares => 8);
       cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'HIGH', shares => 30);
       cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'MEDIUM', shares => 2);
       cs_resource_manager.update_plan_directive(consumer_group => 'LOW', shares => 1);
    END;
    /
    

     

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/03)Service Gateway

    プライベート・サブネット内から、より安全にアクセスできるようになりました。

     

    • プライベート・サブネットに閉じた仮想マシンからADW、ATPにアクセスする際に、従来はInternet Gateway/NAT Gatewayを利用する必要がありました。
    • 今回のアップデートで利用可能になったService Gatewayを介することで、プライベート・サブネット内からATP/ADWに限定したアクセスが可能になり、セキュリティが向上しました。

     

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/04)Enhanced neewline handling for file record delimiter with DBMS_CLOUD

    DBMS_CLOUDパッケージを利用したデータロードが、より簡単になりました。

     

    • 従来は改行コードがCR+LFの場合、recorddelimiterを明示的に指定する必要がありましたが、今回のアップデートで、ロード対象のファイルの改行コードを自動判別できるようになりました。
    • 尚、デフォルトの動作を上書きしたい場合は、 recorddelimiterで明示的に指定可能です。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/03)Cloning for ADB(ADW/ATP)

    既存ADBインスタンスを複製できるようになりました。

     

    • 従来は再度データをロードしなおす等の対応が必要でしたが、Clone機能によりインスタンスの複製が出来るようになり、ADBを利用した開発、テスト等が実施しやすくなりました。
    • 既存インスタンスは起動したままオンラインで実行可能です。
    • 尚、複製する際は、データベース全体を複製するか、 データベースのメタデータのみの複製するかを選択可能です。

     

    参考)

    Autonomous Database(ADW/ATP)のクローン機能

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/03)OCI Native URI Format Supported with DBMS_CLOUD

    DBMS_CLOUDパッケージを利用したデータロードが、より簡単になりました。

     

    • 従来はDBMS_CLOUDパッケージを利用したロードする際に、Swift URL formartを用意する必要があったが、今回のアップデートでOCIのnative URIをそのまま利用できるようになりました。
    • OCIのnative URIはOCIのObject Storage のコンソール画面から確認できます。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/02)UI/API Unification and Workload Type field

    ADWとATPを一元管理できるようになりました。

     

    • 従来はADWとATPとでそれぞれ別々のコンソール画面、およびAPIで呼び出していましたが、それらが統一され、一元的に管理できるようになりました。

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/02)Application Continuity

    アプリケーションの継続性をより高いレベルに

     

    • セッション切断の影響を受ける進行中の処理を自動回復することで、処理を継続させます。
      • サーバエラーやタイムアウト、およびメンテナンスを隠蔽できます。
      • アプリケーションからは処理がわずかに遅れたようにみえます。
    • 接続サービス毎に有効化するだけで、 アプリからは透過的に利用可能です。(デフォルト:無効)
    • ただし利用する際には、Oracle Client software version 18.3 以上が必要となりますのでご注意ください。

     

     

    BEGIN
       DBMS_CLOUD_ADMIN.ENABLE_APP_CONT(
          service_name => 'nvthp2ht_adb1_high.adwc.oraclecloud.com‘
       );
     END;
     /
    

     

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2019/01)Access Parquet files in Object Stores

    他のフォーマットに変換することなく、直接ADBから利用できるようになりました。

     

    • Parquet形式はHadoop上で一般的によく利用されるフォーマットであり、カラム型で圧縮し保持するために、 CSVと比べて効率的に処理可能なフォーマットです。
    • このParquet形式のファイルを従来は一旦CSV等に変換し、オブジェクトストアからADBにロードする必要がありましたが、今回のアップデートでParquet フォーマットのデータを直接ロード、もしくは参照できるようになり、CSV等に変換する手間を削減できるようになりました。

     

    例)外部表として参照する場合)

     

    begin
        dbms_cloud.create_external_table (
           table_name =>'sales_extended_ext',
           credential_name =>'OBJ_STORE_CRED',
           file_uri_list =>'https://swiftobjectstorage.<datacenter>.oraclecloud.com/v1/<obj-store-namespace>/<bucket>/sales_extended.parquet',
           format =>  '{"type":"parquet",  "schema": "first"}'
        );
    end;
    /
    

     

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2018/09)Unset Max Idle Time

    接続リソースの無駄を最小限に

     

    • アイドルセッションによるシステムリソースの長時間保持を防ぐため、自動切断の閾値設定が従来の60分から5分に変更になりました。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2018/09)Table Compression Methods (ADWのみ)

    非圧縮設定も設定できるようになりました。

     

    • ADWでは、Exadata HCC圧縮が表領域のデフォルト設定です。
      • 従来はHCC圧縮以外での作成、HCC圧縮以外への定義変更は不可でしたが、表の作成時に非圧縮の指定が可能になりました。
      • また表の作成後も非圧縮に変更可能です。(オンラインで実施可能)
    • 注意事項
      • 頻繁に更新がかかるような表の場合に非圧縮やOLTP圧縮を検討しますが、処理性能の観点でDWH系のワークロードであれば基本的にデフォルト設定のまま(HCC圧縮のまま)が推奨です。

     

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2018/09)Partitioned tables, indexes, and materialized views (ADWのみ)

    設計時の選択肢が増えました。

     

    • 従来は利用不可でしたが、今回のアップデートから利用できるようになりました。
    • 注意事項
      • 索引については、性能面、管理性の観点から、DWH系のワークロードでは基本的に利用しないことが推奨です。