ADB HOL #1-1 : リージョンを設定し、コンパートメントを用意しよう

Version 11

    目次に戻る : チュートリアル : Oracle Cloud Infrastructure を使ってみよう

    >ADBコンテンツ一覧に戻るAutonomous Database ハンズオンラボ

     

     

    この章ではまず最初のステップとして、メニュー画面を操作し、リージョンおよびコンパートメントを設定します。

     

     

    作業の流れ

    1. サービス画面へのアクセス
    2. リージョンの確認、設定
    3. コンパートメントの確認、作成

     

    所要時間 : 約5分

     

     

    1. サービス画面へのアクセス

    まず初めにOracle Cloud Infrastructure のコンソール画面から、ADBのサービス画面にアクセスします。

    (OCIのコンソールへのアクセスに関する詳細はこちらを参照ください。)

     

    1. ブラウザから https://www.oracle.com/jp/index.html にアクセスし、ページ上部の アカウント をクリックし、クラウドにサインイン をクリックします。

         本手順書ではFirefoxを前提に記載しています。英語表記の場合は Sign in to Cloud をクリックしてください。

     

     

     

     

     

    2. お手持ちのクラウドアカウント名(テナント名)を入力し、 Next をクリックします。

     

     

     

    3. クラウドユーザー名パスワードを入力し、 サイン・イン をクリックしてログインします。

     

    以下のようなダッシュボード画面が表示されればOKです。

     

     

     

     

    上手く表示されない場合は以下のURLをお試しください。尚、 <クラウド・アカウント> はご自身のクラウドアカウント名(テナント名)に置き換えてください。

     

                   https://console.ap-tokyo-1.oraclecloud.com/?tenant=<クラウド・アカウント>

     

     

    補足)ダッシュボード画面の使い方

     

    ① ユーザー関連の確認/設定が可能です(ユーザ名の表示・パスワード変更 等)

    ② 表示言語の設定が可能です

    ③ リージョン(データセンター)の選択が可能です

    ④ 画面左上のメニューボタンを押すとメニューリストがスライドインしてきます(赤点線の枠内)

    ⑤ メニューリスト左端のスクロールバーを上下させることで、下方にある(見えない)サービスを表示させることが可能です

     

     

     

    2. リージョンの確認、設定

    デフォルトではクラウドアカウントのHome Regionのみが利用可能です。

    他のリージョンでインスタンスを作成したい場合は、メニュー画面上部からリージョンを選択します。

     

     

    【リージョンの追加方法】

    利用したいリージョンが有効化されていない場合は、以下の手順で追加してください。

     

    リージョン選択メニューを表示します

    Manage Regions をクリックします

    ③ Regions選択画面より有効化したいリージョンの Subscribe To This Region をクリックします

    ④ 有効化されると緑色で表示されます

     

    ・有効にしたリージョンが表示されない場合、一度ブラウザをリロード(F5)してください。それでも表示されてない場合は一旦ログアウトし再度ログインしてください。

    ・リージョンを追加しても課金には影響ありません。

     

     

    3. コンパートメントの確認、作成

    コンパートメントを利用することで、コンパートメント毎に権限やリソースの管理、課金状況の確認等が行えるようになります。

    * コンパートメントに関する詳細はこちら、もしくはマニュアルを参照ください。

     

    以下の手順でコンパートメントの選択します。

     

              ① 画面左上のメニューをクリックし、サービスの一覧を表示させます

              ② サービス一覧から Autonomous Transaction Processing を選択し、ADBのサービス画面を表示します

              ③ コンパートメントを選択します(ここでは adb-hol-01 を選択しています)

     

     

    【コンパートメントの追加方法】

    デフォルトではrootコンパートメント以外は存在せず、rootコンパートメントのみが表示されます。

    この場合、rootコンパートメントの直下にインスタンスが構成されます。

    新たにコンパートメントを追加したい場合は以下の手順で追加してください。

     

    ① メニューから Identity - Compartments を選択します

    ②  Create Compartment をクリックします

    ③  NAME(コンパートメント名)を入力して Create Compartment をクリックしてください(画面は adb-hol-01 を作成しています)

     

     

             

     

     

    以上で、この章の作業は終了です

     

    次章へお進みください。

    ADB HOL #1-2 : ADBインスタンスを作成してみよう