ADB HOL #3-2 : SQL*plus で接続してみよう

Version 22

    目次に戻る : チュートリアル : Oracle Cloud Infrastructure を使ってみよう

    >ADBコンテンツ一覧に戻るAutonomous Database ハンズオンラボ

     

     

    SQL*plusを利用したAutonomous Databaseへの接続方法を確認しましょう。

    クレデンシャル・ウォレット(Credential.zipファイル)の扱いに慣れてしまえば、Autonomous だからと言って特別なことはありません。

     

    この章ではこちらの手順で作成した仮想マシンにTera Termを利用してアクセスすることを前提に記載しています。

    また事前に接続先となるADBインスタンスのクレデンシャル・ファイルをご用意ください。

     

    作業の流れ

    1. 設定ファイルの編集
    2. ADBに接続

     

    所要時間 : 約10分

     

     

    1. 設定ファイルの編集

     

         1. 事前準備しておいた仮想マシンにopcユーザでログインします。

     

         2. クレデンシャル・ファイルを仮想マシン上にアップロードします。

              ※ここではTeratermを前提に記載しています。

     

         2-1. Tera Term を起動し、仮想マシンにopcユーザでログインします。

     

         2-2. クレデンシャル・ファイル(wallet_atp01.zip)をTera Termのウィンドウ画面上にドラッグ・アンド・ドロップします。

     

         2-3. 送付先のフォルダは特に指定せずに、そのまま SCP をクリックします。

     

         2-4. opcユーザのホームディレクトリを確認し、Wallet_atp01.zip が転送されたことを確認します。(ファイルが存在すればOKです。)

              $ ls

     

            3. 先ほどアップロードしたクレデンシャル・ファイルをoracleユーザの配下に移動し、ファイルの所有者をoracleユーザに変更します。

                   (* 本ハンズオンラボでは特に指定のない限りoracleユーザを利用して各種操作を体験いただきます。)

               $ sudo mv Wallet_atp01.zip /home/oracle/labs/wallets/.

               $ sudo chown oracle:oinstall /home/oracle/labs/wallets/Wallet_atp01.zip

     

    4. oracleユーザにスイッチします。

    $ sudo -s

    $ su - oracle

         (一旦rootユーザにスイッチしてから、oracleユーザにスイッチしています)

     

    5. zipファイルをディレクトリ「wallet_atp01」の下に展開します。

    $ unzip  /home/oracle/labs/wallets/Wallet_atp01.zip -d ~/labs/wallets

     

    6. TNS_ADMIN環境変数をディレクトリ「wallet_atp01」に設定します。

              $ export TNS_ADMIN=/home/oracle/labs/wallets

              NOTE)アプリ毎に接続するインスタンスを切り替えたい場合は、インスタンス毎にwallets_atp01といったようにディレクトリを定義し、アプリ毎に環境変数TNS_ADMINのパスを切り替えると簡単です。

     

    7. $HOME/walletsディレクトリに移動します。

              $ cd ~/labs/wallets/

     

    8. 解凍されたファイルの中から sqlnet.ora ファイルの以下を編集します

     

                   編集前: WALLET_LOCATION = (SOURCE = (METHOD = file) (METHOD_DATA = (DIRECTORY="?/network/admin")))

                   編集後: WALLET_LOCATION = (SOURCE = (METHOD = file) (METHOD_DATA = (DIRECTORY=$TNS_ADMIN)))

     

              $ vi sqlnet.ora

                << viにて編集 >>

     

              $ cat sqlnet.ora

              WALLET_LOCATION = (SOURCE = (METHOD = file) (METHOD_DATA = (DIRECTORY=$TNS_ADMIN)))

              SSL_SERVER_DN_MATCH=yes

              $

     

    [参考] viの使い方

       上下左右キー   カーソルの場所を移動する

         i    カーソルの場所から編集する(InsertModeに入る)

        ESCキー InsertModeを抜ける

         x   カーソルの場所を一文字消す

        :wq   ファイルを保存して閉じる

        :q    ファイルを閉じる(それまでの編集は破棄される)

        :q!   強制的に終了する

     

     

     

    2. ADBに接続

     

         1. 以下を参考にADBにSQL*Plusを起動します。

     

    $ sqlplus admin/Welcome12345#@atp01_low

                        username : admin

                        password : Welcome12345#(インスタンス作成時に指定した値)

                        conn_string : atp01_low (接続サービス名 )

     

                   * 接続サービスに関する詳細は技術詳細、もしくはこちらを参照ください。

     

     

         2. 試しにサンプルコマンドを実行します。ここでは例としてこのインスタンスのバージョンを確認しています。

              SQL> select version from v$instance ;

     

         3. エラーなく接続出来たらSQL*Plusを終了します。

              SQL> exit

     

     

    3. SQLcl で ADBに接続してみよう

    SQLclは、無料のコマンドラインツールです。(SQLclについてはこちら

     

    SQL*Plusに似ていますがSQL*Plusよりも多くの機能が備わっており、

    Autonomous Databaseにも簡単に接続できるようになっています。

     

    1. SQLclを起動します。

    $ sql /nolog

     

    2. ウォレットを指定します。

    SQL> set cloudconfig /home/oracle/labs/wallets/Wallet_atp01.zip

     

    3. 接続します。

    SQL> connect admin/Welcome12345#@atp01_low

     

     

    以上で、この章の作業は終了です。

     

     

    次の章にお進みください。

    ADB HOL #4-1 : 既存のOracle DatabaseをAutonomous Databaseに移行しよう