ADB HOL #5-1 : 接続サービスの理解

Version 6

    目次に戻る : チュートリアル : Oracle Cloud Infrastructure を使ってみよう

    >ADBコンテンツ一覧に戻るAutonomous Database ハンズオンラボ

     

     

    インスタンスに接続する際、Autonomous Databaseはアプリケーションの特性に応じて「接続サービス」を選択する必要があります。

    「接続サービス」毎にリソース・マネージャによるリソース制御が設定済みなので、ユーザーは接続サービスを選択するだけで、CPUの割当や並列処理をコントロールできます。

     

     

     

     

     

    使い分けの指針、スタートポイント

     

    • OLTP系の処理
      • 比較的軽いSQLを多くのユーザが同時に処理を実行するような場合、まずはTPをご利用ください。
      • 比較的優先度が高く、また単一のCPUコアで処理するので、単体処理のリソース利用の極小化し、スループット(TPS:Transaction Per Sec)の向上が図れます。
      • 一方で、手動でパラレル度を制御したい場合、もしくは最優先したい特別な処理の場合は、TPURGENTをご利用ください。
      • その他、HIGH/MEDIUMは同時実行数に制限があるため、OLTP系の処理には向きません。

     

    • バッチ系/DWH系の処理
      • 同時実行ユーザ数が少ない一方で、一本のSQLが重く長時間かかるSQLの場合は、まずはMEDIUMをご利用ください
      • 単体のSQLに対して複数のCPUコアが割り当てられ、またキューイングも実装されているため効率よく処理でき、レスポンス(Elapsed Time)の向上が図れます。
      • さらにリソースを多く割り当てて性能を向上したい場合は、HIGHをご利用ください。ただし、同時実行数が3に制限されます。

     

    • その他、管理操作等
      • LOWをお使いください

     

     

     

    以下では、接続サービス毎に設定可能な、CPU/IOの優先度(shares)の設定処理時間/利用IO量の上限設定について確認します。

     

     

    作業の流れ

    1. サービス・コンソールのResource Managerの設定画面にアクセスしよう
    2. CPU/IOの優先度の変更しよう
    3. 処理時間/利用IOの上限を設定しよう

     

    所要時間 : 約10分

     

     

    1. 設定画面にアクセス

     

    1. サービス・コンソールをクリックします。

     

     

     

    2. Administration から Set Resource Management Rules をクリックします。

     

     

    2. Sharesパラメータを変更しよう

    リソース・マネージャにおけるMGMT_P1パラメータに相当します。

    各接続サービス(コンシューマ・グループ)間でのCPU配分の相対的な優先度を示す値で、例えばTPを利用したセッションとHIGHを使ったセッションが同時に処理する場合、利用可能なCPUリソースのうち、TPには8/(8+4)=66.7%、HIGHには4/(8+4) = 33.3%のCPUリソースが割り当てられます。

     

    尚、IOについてはCPUに比例する形で割り当てられます。

     

     

    1. CPU/IO sharesタブをクリックします。

     

    2. デフォルトでは上限は設定されていません。適宜数値を変更してSave Changes をクリックしてください。

         (ここでは例としてTPの優先度をデフォルトの8から10に変更しています)

     

     

     

    3. 処理時間、IOの上限を設定しよう

     

    1. Run-away criteriaタブをクリックします。

     

     

     

    2. デフォルト設定を確認し、適宜数値を変更してSave Changes をクリックしてください。

         (ここでは例としてHIGH,MEDIUMの処理時間上限を10分、MEDIUMのIO上限を10GBに設定しています)

     

     

     

    以上で、この章の作業は終了です。

     

    次の章にお進みください。

    ADB HOL #5-2 : 分析系クエリの実行(Star Schema Benchmark)