Oracle Cloud Infrastructure 活用資料集

Version 57

    Oracle Cloud Infrastructure (OCI) を使っていこう! という人のためのドキュメントリンク集です。サービス別の技術資料については定期的にアップデートしていますので、最新のものをご利用ください。

     

    また、実際にOCIを触って学習したい! という方には  チュートリアル : Oracle Cloud Infrastructure を使ってみよう もありますので、ご活用ください。

     

     

    1. OCI 新機能・新リリース情報

    Blog : OCI新機能ハイライト

    Oracle Cloud 公式ブログ にて、OCIの新機能・新リリースについてのまとめ情報を隔週でアップしています

     

    OCI IaaS 新機能アップデート (2020/3~2020/5)

    主にIaaSに関するアップデートを1機能1スライドでまとめた資料です

    2020年3月〜2020年5月分 スライド (更新日:2020/6/1)

    2019年12月~2020年2月分 スライド (更新日:2020/3/9)

    2019年9月~2019年11月分 スライド (更新日:2020/3/9)

     

     

    2. OCI サービス別の資料

    サービス全般

    Oracle Cloud Infrastructure はじめの一歩

    スライド (更新日:2020/5/19)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/21)

    OCIに初めて触れる人のために、OCI全般の特長や、アーキテクチャについて解説しています。

     

    OCI サービス基本情報 (Service Essentials)

    スライド (更新日:2020/5/21)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/21)

    ログインに始まり、言語の変更、サービス制限、OCID、検索など、主にOCIコンソールの基本的情報について解説しています。

     

    OCI サービス・ラインナップ

    スライド (更新日:2020/4/23)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/23)

    OCIのリリース済のサービスに関して、1サービス毎に1スライドのスタイルで解説しています。

     

     

    コンピュート

    コンピュート・サービス 概要 (Compute Level 100)

    スライド (更新日:2020/4/21)  |  セミナー録画 その1 その2 (収録日:2020/4/21)

    インスタンスの種類、イメージの操作、ブート・ボリューム、インスタンス・プールを利用した自動スケーリング、インスタンス・メタデータについて解説しています。

     

    コンピュート・サービス 詳細 (Compute Level 200)

    スライド (更新日:2020/6/10)

    カスタム・イメージの応用、仮想マシンイメージの持ち込み(BYOI)、ハイパーバイザーの利用、メトリックと自動スケーリング、コンソール接続、などについて解説しています。

     

    OCI 自動スケーリング機能 (Auto Scaling) を使ってみよう

    スライド (更新日:2019/9/4)

    自動スケーリング機能 (Auto Scaling) の解説資料です。2019年8月27日のOCIスキルアップセミナーで使用しました。自動スケーリング機能と、それを支えるコンポーネント(インスタンス構成、インスタンス・プール、自動スケーリング構成)を実際に触って動作を理解します。

     

    ストレージ

    ブロック・ボリューム 概要 (Block Volume Level 100)

    スライド (更新日:2020/4/21)  |  セミナー録画 28:15まで (収録日:2020/4/21)

    インスタンスにアタッチしてブロック・デバイスとして利用することができる、OCIブロック・ボリューム・サービスの基本的な内容について解説しています。また、DenseIO シェイプに内蔵される高速なローカルNVMeディスクについても説明しています。

     

    オブジェクト・ストレージ 概要 (Object Storage Level 100)

    スライド (更新日:2020/4/22)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/22)

    安価で耐久性の高いストレージ・サービスであるOCIオブジェクト・ストレージについて解説しています。サービスのユースケースや、機能、VCN内からのプライベート・アクセスの方法などについてカバーしています。

     

    ファイル・ストレージ 概要 (File Storage Service Level 100)

    スライド (更新日:2020/4/22)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/22)

    VCN内にエンド・ポイントを持つマネージドNFSサービスである、OCIファイル・ストレージについて解説しています。ユースケースの他、サービスを構成する基本的なコンポーネントと役割、インスタンスからのアクセス、セキュリティ、スナップショット機能についてカバーしています。

     

    ストレージ 詳細 (Storage Level 200)

    スライド (更新日:2020/6/12)

    OCIのストレージサービス全般について応用的なトピックを扱った資料です。DenseIOインスタンスに内蔵されるローカルNVMe、ブロック・ボリューム、ファイル・ストレージそれぞれの性能、ボリューム・グループなどについて解説しています。

     

    ネットワーク

    仮想クラウド・ネットワーク(VCN) 概要 (Virtual Cloud Network Level 100)

    スライド (更新日:2020/5/26)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/21)

    仮想クラウド・ネットワークと、その構成コンポーネント (サブネット、仮想NIC、ゲートウェイ、ルート表、セキュリティ・リスト) と、ネットワークの結合(ピアリング)に関して解説しています。

     

    仮想クラウド・ネットワーク(VCN) 詳細 (Virtual Cloud Network Level 200)

    スライド (更新日:2020/5/26)

    VCNピアリングの詳細、トランジット・ルーティング、ハイブリッドDNS構成、Oracle Services Networkへの接続、アプライアンス型仮想ファイアウォールの利用など、VCNを利用するにあたり少し複雑なケースについて解説しています。

     

    ロード・バランサー 概要 (Load Balancer Level 100)

    スライド (更新日:2020/5/21)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/22)

    VCN内に構成することで、様々なサービスの冗長性やスケーリングをサポートする OCI ロード・バランサー・サービスについて、その機能概要、構成コンポーネントの内容、OCIコンソールを利用した構成方法などについて解説しています。

     

    ロード・バランサー 詳細 (Load Balancer Level 200)

    スライド (更新日:2020/5/21)

    セッション永続性、仮想ホストによるルーティング、URIパス・ベース・ルーティング、SSLの利用とSSLターミネーションの設定、ロードバランサー で取得できるメトリックなどについて解説しています。

     

    外部接続 概要 (Connectivity Level 100)

    スライド (更新日:2020/4/22)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/22)

    OCIのリージョンや、VCNまでのネットワーク接続の形態や、IPsecを利用したVPN接続、専用線や閉域網を経由する FastConnect 接続について、概要を解説しています。

     

    データベース

    Database Cloud Service 技術詳細資料

    スライド (更新日:2020/4/6)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/22)

    Oracle Database を簡単に作成し利用することができる、Database Cloud Service (DBCS) についての解説資料です。DBCSは OSのRoot権限を持ち、オンプレミスのデータベース環境をスムーズにクラウドに移行することができるサービスです。仮想マシン、ベアメタル、Exadataの3つのコンフィグレーションから選択し、Oracleを従量制サブスクリプションまたはBYOL(ライセンス持ち込み)で利用できます。

     

    Exadata Cloud Service 技術詳細資料

    スライド (更新日:2020/6/2) 

    Oracle Exadataをクラウド上でも利用できる、Exadata Cloud Service (ExaCS) についての技術詳細です。Oracle Databaseを高速に、高可用性・高セキュリティな環境で動かすために最適化されたExadataを使たクラウド環境が、どのような構成になっていてどういった特徴があるのかなどを解説しています。

     

    Autonomous Database 技術詳細資料

    スライド (更新日:2020/5/1)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/22)

    Oracle Databaseを利用したフルマネージド・データベース・サービスである、Autonomous Databaseについての概要解説資料です。高度な自動化技術が搭載された、世界初の自律型データベースの特徴や、利用方法などについてカバーしています。(2020/3/12)

     

    エッジ・サービス

    DNS 概要 (DNS Level 100)

    スライド (更新日:2020/7/3)

    インターネット上の名前解決を提供する権威DNSサービスであるOCI DNSサービスについて、サービスの概要、特長、利用方法、ユースケースなどについて解説しています。

     

    ヘルスチェック & トラフィック管理 概要 (Health Check & Traffic Management Level 100)

    スライド (更新日:2020/7/3)

    OCIのエッジ・サービスを構成するサービスで、インターネットに面したアプリケーションを外部からアクティブに監視したり(ヘルスチェック)、バックエンドのサービスの稼動状態やクライアントのプロファイルに応じてグローバルにトラフィックの振り分けを行うGTM機能を提供(トラフィック管理)します。

     

     

    ガバナンスと管理

    IDおよびアクセス管理 概要 (Identity and Access Management Level 100)

    スライド (更新日:2020/5/21)  |  セミナー録画 (収録日:2020/4/23)

    OCIの認証、認可、ID管理などを司るコア・コンポーネントである OCI IAM (Identity and Access Management) についての解説資料です。認証とID管理、認可およびポリシー、コンパートメントとその管理、IDフェデレーション(IDCSとの連携)、タグ付け(Tagging) のトピックをカバーしています。

     

    開発ツール

    OCI CLIを使い倒す

    スライド (更新日:2019/9/27)

    Oracle Cloud Infrastructure (OCI) の CLI (Command Line Interface) の解説資料です。2019年9月27日のOCIスキルアップセミナーで使用しました。

    CLIのセットアップから始まり、よくあるコンポーネント(VCN関連、インスタンス、ブロック・ボリュームなど)の作成、シェルスクリプトからの呼び出し、OCI CLIのクセとTipsなどについて解説しています。

     

     

    3. ソリューション別の資料

    HA、DR、高可用性システム

    Oracle Cloudで考える高可用性アーキテクチャー

    スライド (更新日:2019/11/30)

    2019/11/30に実施した、OCHaCafe Premium 第1回のプレゼンテーション資料です。高可用性システムの構築をサポートするOracle Cloudの様々な機能のご紹介から、障害に強いアーキテクチャ設計の考え方などをお届け致します。

     

    認証・認可・セキュリティ

    OCIの認証・認可機能の総まとめ

    スライド (更新日:2019/11/20)

    2019/11/20に実施した、同名セミナーの資料です。

    OCIを使い始めた人が誰でも引っかかる、OCI IAM と Oracle Identity Cloud Service (IDCS) の、深くてフクザツな関係を紐解きます。

    IAM機能のおさらいから手始めに、IDCSを使った場合にできることや、2つの認証/認可のツールの使い分け、より高度な要件(多要素認証、外部認証、IPホワイトリスティング)を行う際の方法などについて、ディープに語ります。

     

    運用・管理

    OCIの運用管理力を高めよう

    スライド (更新日:2020/1/20)

    OCIの監視、障害通知、監査、ログ管理などのシステム面の運用から、予算や課金管理、コスト制御まで、OCIをどう効率的に運用管理していくかについて考えます。 2019年はMonitoring、Notification、Logging(LA)、Cost Management、Budgetなど、様々な管理系機能がリリースされました。ここで一度OCIが備える管理系の機能の全体像を俯瞰したうえで、これらの機能、あるいは外部の製品を組み合わせてどこまでできるかについてお話したいと思います。(2020/1/20)

     

     

    4. その他の資料

    Oracle OpenWorld 2019 フィードバック『OCI関連セッションまとめ』

    スライド (更新日:2019/10/30)

    Oracle OpenWorld 2019 の Oracle Cloud Infrastructure (OCI) に関連するセッションのフィードバック資料です。

    キーノートセッションについても触れていますが、メインはP34以降の一般セッション(General Sessionn)の部分です。ダウンロードできる全67セッションの内容サマリー、資料へのリンクを、筆者による勝手な格付け評価(星一つ〜星三つ)と共に掲載しています。

     

     

    5. 外部リンク

    お客様事例

    Oracle Cloud(PaaS/IaaS):お客様活用事例

     

    無償トライアル / Free Tier

    Oracle Cloud 無償トライアル サインアップガイド

    ご自身で取得いただけるOCIの無償トライアル環境 (30日間有効な35000円分のクレジットつき、クレジットカードと携帯電話SMS認証が必要です)

     

    Oracle Cloud Free Tierに関するFAQ

    OCIの一部のサービスを永久に無償で使い続けることができる Free Tier に関してのQA集

     

    価格・見積情報

    Oracle Cloud Infrastructure 料金体系

    Universal Credit、BYOL to PaaS などの、 OCIの料金体系や考え方について解説した資料です。

     

    Universal Credit Pricing

    OCIの価格表(定価)

     

    Oracle Cloud Cost Estimator

    OCIの価格見積ツール、必要なサービスと数量、期間などを入力すると、月々のおよそのお支払い額がセルフサービスで見積もりできます。

     

    サービス基本情報

    Data Regions for Platform and Infrastructure Services

    OCIのリージョン一覧と、リージョンごとのサービス提供状況

     

    ocistatus

    OCIの現在のサービスの稼働状況と、過去のインシデント履歴、障害時の通知受信設定など

     

    SLAなどの契約ドキュメント

    サービス・レベル・アグリーメント(SLA)

     

    コンプライアンス

    Oracle Cloudのコンプライアンス

    OCIの外部機関による認証や、第三者機関による監査などへの対応状況

     

    サポート

    Oracle Cloud Support ご利用ガイド ユーザー登録・管理(PDF)

     

    Oracle Cloud Support ご利用ガイド SR作成・管理(PDF)

     

    Oracle Cloud サポートについてのFAQ