Oracle Content and Experience のファイル共有機能を使ってみよう【初級編】

Version 3

    目次に戻る: Oracle Content and Experiece チュートリアル

     

    この文書は Oracle Content and Experience (OCE) のファイル共有機能を利用する方法をステップ・バイ・ステップで紹介するチュートリアル集です。OCE の利用ユーザーとして、ファイル共有機能の基本操作を習得します

     

     

    前提条件:

    1. Oracle Content and Experience インスタンスを作成する
    2. OCE の利用ユーザーに OCE インスタンスの CECStandardUser アプリケーション・ロールが付与されていること

     

     

     

     

    チュートリアル:Oracle Content and Experience のファイル共有機能を使ってみよう【初級編】

    1. OCE インスタンスにサインインする(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を使ってみよう)

    まずは、OCE インスタンスにサインインします。サインイン後は、自分が利用しやすいようにプリファレンスやプロファイルを設定します

     

    2. フォルダの作成(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を使ってみよう)

    フォルダを作成し、ファイルを簡単に分類します。とても簡単にフォルダを作成できますので、まずは気軽に始めてみましょう

     

    3. ファイルの登録(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を使ってみよう)

    ファイルはドラッグ&ドロップ操作で簡単にアップロードできます。また、OCE ではファイルをバージョン管理します。新規バージョンのファイルをアップロード方法や古いバージョンのファイルを表示・取得する方法を習得します

     

    4. ファイルのプレビュー(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を使ってみよう)

    OCE 上にアップロードされたファイルは、ファイルをダウンロードすることなく、ブラウザ内でファイルの内容を確認(プレビュー)できます。ここでは、ファイルのプレビュー操作を習得します

     

    5. ファイルの削除と復元(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    OCE のドキュメント機能でファイル(およびフォルダ)を削除すると、それらはごみ箱に移動されます。また、ごみ箱内のファイル(フォルダ)は、ユーザー自身で手動による削除(完全に削除)、もしくは元のフォルダへの復元、ができます。ここでは、ファイルやフォルダの削除時の操作について習得します

     

    6. ファイルの編集(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    OCE のデスクトップ・アプリケーションがクライアント環境にインストールされている場合、ローカル環境の Office アプリケーションと連携したファイルの編集および OCE インスタンス上への自動保存ができます。ここでは、その操作方法を確認します

     

    7. ファイルの検索(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    必要なファイルを簡単に探せることは、非常に重要です。OCE では、検索ボックスよりファイル、フォルダ、会話、メッセージ、ハッシュタグ、ユーザー、グループを横断的に検索することができます。ここでは、OCE の検索機能の利用方法について習得します

     

    8. フォルダ・ファイルの共有(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    業務を効率的に進めるためには、ファイルの共有が必要不可欠です。OCE はファイルやフォルダは他のユーザーと簡単に共有できます。共有時には、ファイルやフォルダにアクセスするユーザーと実行可能な操作権限(アクセス権限)を簡単に制御できます。ここでは、共有方法とその使い方について習得します

     

    9. 会話(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    OCE 上のファイルにコメントを投稿したり、特定の話題についてディスカッションしたり、他のユーザーとリアルタイムでメッセージをやりとりする会話機能を紹介します。会話を上手く活用することで、業務を効率的に進めることができます。ここでは、会話機能の使い方について習得します

     

    10. グループ(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    複数のユーザーをグループとしてまとめることで、フォルダへのメンバー追加などがとても簡単にできるようになります。また、ユーザーの追加や削除に伴うメンテナンス作業を効率化できます。ここでは、グループの作成方法とその使い方について習得します

     

    11. デスクトップ・アプリケーション(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    デスクトップ・アプリケーションは、クラウド上の OCE とローカル環境のファイルやフォルダを同期します。ローカルにファイルやフォルダを同期することで、ネットワークの接続状態に関係なく、業務に必要なファイルを利用できます。ここでは、デスクトップ・アプリケーションのインストールやセットアップの方法、ローカル→クラウド、クラウド→ローカルにファイルやフォルダを同期する方法について習得します

     

    12. モバイル・アプリケーション(Oracle Content and Experience のファイル共有機能を利用しよう)

    モバイル・アプリケーションを利用し、クラウド上のファイルやフォルダ、会話にいつでもどこからでも簡単にアクセスできます。Android および iOS(iPhone/iPad) のモバイルアプリケーションには、Web ブラウザとほぼ同じ機能を利用できます。ここでは、モバイル・アプリケーションのインストールやセットアップの方法、基本的なフォルダ・ファイル操作について習得します

     

     

    目次に戻る: Oracle Content and Experiece チュートリアル