Skip navigation
kkojima-Oracle

簡単CLI

Posted by kkojima-Oracle Apr 26, 2016

ComputeとStorageむけにスクリプトでCLIをつくりました。 APIマニュアルの記載と実際の動作との関係を知りたいときなどにお使いください。

APIマニュアルよりはやや踏み込んで

こちらはopc_compute.shです。

opc_compute.sh_screen.png

こちらはopc_storage.shです。

opc_storage.sh_screen.png

https://github.com/kkoj/oracle_cloud/

ここで更新しています。

New!Windows Server 2012 R2 に対応、競合他社に比べた高いコスト競争力

2016年4月より Oracle Compute Cloud Service のOSとして、Windows Server 2012 R2 が利用可能になりました。
Oracle Compute Cloud Service の概要はこちらをご覧ください。

  • 対応バージョン:Windows Server 2012 R2
  • 料金(1OCPU=2vCPU/15GB RAM):$0.10/1時間、$75/1カ月 ※今後変更される可能性があります

article_compute_cloud_windows_2.png

Oracle Compute Cloud Service:構成ガイド

Windows Server を含む仮想マシンの構成ガイドはこちらをご覧ください。

誰でも簡単にAPEXによるデータロードやWeb画面の作成し、
BIによるデータビジュアライゼーションを体
験頂けます。
多次元データモデルまでハンズオンで操作可能です。


トライアル環境から是非お試しください。トライアルはこちら

 

  1. ■ DB Cloud APEXを利用したデータロードや
         Web画面によるマス
    タデータの修正・入力
  2. ■ BI Cloudのモデラーによる実績値と計画値の
         結合と多次
    元データモデル
  3. ■ 非定型分析による分析レポートの作成

  

ph-ind-finserv-005-S.jpg
OraclePicw1.jpgセミナー資料はこちら

そのほかご参考情報 非定形分析&ダッシュボード

 

第III部 Oracle Business Intelligence Cloud Serviceでのデータのレポート

5 分析の作成

6 様々な方法でのデータの表示

7 ダッシュボードの作成

8 分析用データのフィルタリングおよび選択

9 分析およびダッシュボードでのプロンプト

10 インタラクティブな分析の作成

Data Visualizatoinで新たに追加されたデータラングラーを中心とした

ハンズオンセミナーです。

表計算ソフトの様に、誰でも簡単にデータを加工・整形して簡単に

データをビジュアル化しながら気づきを得る事が可能になります。


トライアル環境から是非お試しください。トライアルはこちら

 

  • ■ 複数データのマッシュアップ
  • ■ データのビジュアライゼーション
  • ■ マスタデータの加工・整形・編集
  • ■ 新たなビジュアライゼーションによる気づき 
ph-ind-finserv-005-S.jpg
OraclePicw1.jpgセミナー資料のダウンロードはこちら↓↓↓

Oracle Public Cloud.png

 

Oracle Cloud brings a transformation by offering a feel of public cloud inside private data centers for those customers who are not prepared to dispose data beyond firewall thereby matching new offerings from Microsoft and IBM.

 

Oracle customer’s data centers can get the essence of public cloud directly. Oracle Cloud at Customer, the database heavyweight's new managed service contribution where the public cloud environment is replicated inside the firewall of users. Audience who will avail this service is users who want to deploy public cloud for disaster recovery or bursting in a consistent environment though supervisory requirements are encountered and running workloads outside user’s data centers are prevented.

 

This new managed service include Java Cloud, Database Cloud, enterprise integration and many other services of cloud infrastructure like elastic block storage, elastic compute, file storage, virtual networking, identity management and messaging for Oracle as well as non-Oracle workloads. Along with that some additional features are soon going to be part of the suite like management for a comprehensive set of big data implements, elastic and container load balancer support, Internet of Things and API management, amalgamation of architecture being service-oriented and development of app in PHP, Node.js, Java SE, , and Ruby. The cherry on the cake is that same price is charged for this managed service offering just like their public cloud services.

 

With some early apprehensions of cloud computing and everyone being some or the other part of cloud computing, more concentrated effort has been laid by Oracle to be a part of the discussion at all layers of the heap, offering Infrastructure as a Service as an additament of their services. Oracle will be a leading player in the market of hyper scale platform space expected by Forrester Research, currently dominated by Amazon Web Services.

 

In the past year, Amazon has consistently tried to capture Oracle’s market share and bring over Oracle’s customers on their platform. Dave Bartoletti, principal analyst at Forrester quoted that rather than Amazon, Oracle and other leading companies will fill the role of private and public cloud provider sustaining a long- term future regarding on premises workloads. Bartoletti added this new managed service offering of Oracle is a well-prepared answer to IBM Bluemix Local and Microsoft Azure Stack.

 

If compared with other leading service providers, Oracle Cloud at Customer is somewhat similar with the matter of fact it imitates the public cloud on premises. As of now it is still ambiguous for cloud customers to what range hardware symmetry matters. But Oracle is very much clear about their services entirely dependent on Oracle hardware on the other hand Azure Stack, still dubious depends on Dell or Hewlett Packard Enterprise for the on-premise amalgamation.

 

Holger Mueller, vice president and principal analyst of Constellation Research Inc., Cupertino, Calif said that most of the enterprise application companies like SAP and Oracle have their focus of research and development on cloud products rather than on premises. With this, customers can reap benefits of the greatest and largest with cloud, moreover providing choice for users encountered with data sovereignty or other issues which make them desirable to stay on premises. According to Bartoletti, to adapt with the upcoming new environments, public cloud service providers have to conquer two hurdles. First, private clouds are too complex and deployment takes a lot of time and being harmonious with public cloud is not at all a simple task. Second and the major problem is users are not willing to leave their data centers.

 

Oracle will be able to sell its public cloud if it has the ability in extracting developers from OpenStack private clouds and Oracle API’s should be started using which thereby can enable transitioning outside of their firewall.  Oracle Cloud at Customer has the same characteristics just like Oracle's public cloud unlike a private cloud having a different architecture altogether. This managed service provides the customer with a choice to either deploy applications in their own data center or in the public cloud and that too without any amendments.

 

However, there isn’t any seamless transition among the environments. Moves among the environments can be automated if users wish to only if capacity is reached in advance or for a particular event but, remember a daytime will be required for the complete transition to take place.

 

A new phase of private cloud is to be witnessed where more and more organizations will be deploying on-premises public clouds which are API consistent having their own choice of the public cloud. This is a win-win situation for both service providers as well as customers. Customers can avail the benefit of faster and easier path to private cloud whereas for service providers it nurtures lock-in. One key benefit of Oracle Cloud at Customer is that the management of the database is taken far away from the customer making it facile for service providers to migrate to the public cloud from on-premises.

 

If everything is taken and pushed to the cloud then this suite is just another hosted model and true value in terms of speed of delivery and innovation will not be delivered to users. Even a managed version will just thrust a headache to someone else although a managed version will appear attractive to customers.

誰でも簡単にAPEXによるデータロードやWeb画面の作成し、
BIによるデータビジュアライゼーションを体
験頂けます。
多次元データモデルまでハンズオンで操作可能です。

 

トライアル環境から是非お試しください。トライアルはこちら

 

  1. ■ DB Cloud APEXを利用したデータロードや
         Web画面によるマス
    タデータの修正・入力
  2. ■ BI Cloudのモデラーによる実績値と計画値の
         結合と多次
    元データモデル
  3. ■ 非定型分析による分析レポートの作成
  4. ■ 分析レポートを組み合わせたダッシュボード  
         画面の作成と
    ドリルダウンやフィルタの設定 

ph-ind-finserv-005-S.jpg

OraclePicw1.jpg

セミナー資料はこちら

セミナーで利用するデモデータはこちら

2016年4月2日に、Oracle Cloudの定期アップデート(16.2.1)が実施されました。

Database Cloud Service(DBaaS)を中心にアップデートの内容をサマリーでお伝えします。

 

より詳細な情報は、英語版のドキュメントをご覧ください。

(4/4時点でまだ更新されていないようですが、更新完了しだい見ることができるようになります)

 

 

インスタンス作成時にGoldenGate Cloud Service連携設定が可能に

 

Database Cloud Serviceのインスタンス作成時に、Oracle GoldenGate Cloud Serviceとの連携のためのセットアップが実施できるようになりました。

こちらを選択してインスタンスを作成すると、別途構成するGoldenGate Cloud Serviceのインスタンスを経由して、オンプレミスのデータベースからリアルタイムでデータ連携を構成できるようになります。

WS000131.JPG

現時点ではRACサービスには対応しておらず、シングルインスタンス・サービスのみで選択ができます。

全てのリリース(11gR2、12cR1)と、全てのエディション(Standard Edition、Enterprise Edition、EE-High Performance、EE-Extreme Performance)で選択が可能です。

 

※注意、これだけでGoldenGate Cloud Serviceが使えるようになるわけではなく、ここでは受信側のデータベースの設定(スキーマの設定など)が行われるだけです。別途GoldenGate Cloud Serviceの本体となるインスタンスが必要になります

GoldenGate Cloud Serviceは、新しいPaaSとして近日中にサービス開始される見込みです。Database Cloud ServiceのMeteredサービスをご使用のみなさまやトライアル環境を使用中の皆様は、追加の契約なしに使用できるようになる予定ですので、もう少しの間楽しみにお待ち下さい!!



GUIからのバックアップ&リカバリ(RACサービス)

 

RACサービスの詳細画面の 管理 タイルに バックアップ タブが追加され、この画面から即時バックアップの実施とリカバリーができるようになっています。

WS000140.JPG

Backup Now ボタンを押すと即時バックアップが取得できます。

また、Recover ボタンを押すとデータベースのリカバリを実施できます。

WS000141.JPG

リカバリについては、データベースを直近のバックアップに戻すフル・リカバリのほかに、時刻やSCNを指定してその地点にリカバリを行うPITR(Point-in-time Recovery)もこの画面から実施することができます。

 

残念ながらシングル・インスタンスのデータベースについては、まだGUIからのバックアップ・リカバリには対応していないようですので、引き続きOSにログインしてから dbaascli コマンドを実施する必要がありそうです。

 

 

IaaS Compute Cloud Serviceが使用可能に

 

Database Cloud の話でないのですが、実は今回のアップデートの一番の目玉かもしれませんのでご紹介しちゃいます。

ついに、Database CloudをはじめとするPaaSのアイデンティティ・ドメインで、IaaSサービスであるCompute Cloud Serviceが使えるようになりました。

 

Compute Cloud Service サービス・コンソール にアクセスすると、インスタンス作成 ボタンが表示されていて、新しく"素の"VMインスタンスを作ることができます。

WS000142.JPG

WS000143.JPG

 

Compute Cloudのインスタンスは、1 OCPU 1時間あたり 0.10USD からと格安です。

Java Cloud ServiceやDatabase Cloud ServiceのMetered契約やトライアルをお持ちのお客様は、IaaS Compute Cloudが予めセットになっていますので、お手元の環境でも今すぐに使うことができるようになっていると思います。ぜひお試しください。

IaaS Compute Cloudに関しては、また別の機会に情報をアップデートしたいと思います!

 

次回のDatabase Cloud Serviceのアップデートは5月上旬に予定されています。GW明けにまたこのblogにアップデートしようと思います。