Skip navigation

皆様、こんにちは。

BICS/DVCSは、ユーザーに対し、組織や役割に応じた権限(アプリケーションロール)を付与することが可能です。

アプリケーションロールには2種類ございます。1つは、事前定義済みのアプリケーションロール、

もう一つは、独自に作成するアプリケーションロールです。

ほとんどの場合は、事前定義済みアプリケーション・ロールで十分ですが、それらの設定方法について

BICS/DVCSを、初めて使用される方向けに、設定手順を作成しましたので、ご参考下さい。

c75-paas-cloud-platform-2577643.jpg

皆様、こんにちは。

 

モバイルフォンやタブレット端末からDVCSにアクセスされたいというお客様向けに、

設定手順書を作成しいたしました。

 

是非、お手持ちのスマートデバイスより、お客様が使用されるDVCSの最新の環境にアクセスされてみてください。

Oracle Management Cloudの最新バージョン(16.2.5)がリリースされました。

 

今回のリリースでは、主にLog Ananlyticsの操作性を高める新機能が多数導入され、実際のお客様のユースケースに即したログの分析がより行いやすくなっています。ここでは2つの新機能をご紹介します。

 

検索キーワードの自動補完

サーチバーにキーワードを入力していくと、フィールド名("Host Name", "Target Type"など)や、コマンド名("CLUSTER", "SORT"など)を自動的にサジェストし、補完できるようになりました。これにより、コマンドなどが即座にわからない・思い出せないという場合でも直感的に操作して検索・分析を行えるようになります。

 

image2016-6-1 15-22-11.png

 

正規表現のサポート

サーチバーによる検索において正規表現を使用できるようになりました。これにより、GUI操作による検索(チェックボックスの選択や絞り込みの指定など)では指定できないような細かい条件を指定できるようになります。

 

[参考] Oracle Log Analytics Query Language Reference

 

Oracle Management Cloudのサイトはこちら

WS0001.png

以下はサマリーです。詳細はドキュメントをご覧ください。

2016年5月

Windows Server 2008 R2 イメージの提供

従来の Windows Server 2012 R2 に加えて、2008 R2 の提供を開始しました。

インスタンス作成ウィザードのアップデート

Oracle標準イメージとプライベート・イメージがタブで分離され、インスタンス作成ウィザードがシンプルになりました。

インスタンス作成ウィザードのアップデート

インスタンス起動ログが確認可能に

Web UIから、インスタンスの起動ログが確認できるようになりました。

インスタンス起動ログが確認可能に


Oracle Compute Cloud Service とは?

Oracle Compute Cloud Service の概要はこちらをご覧ください。

Oracle Cloud Platform:無償トライアル実施中

詳細はこちらをご覧ください。