Skip navigation

以下はサマリーです。詳細はドキュメントをご覧ください。

過去の履歴はこちらです。

2016年10月

Software Defined Network (仮想プライベート・ネットワーク) 機能の実装

IP Network 機能により、プライベート・ネットワーク空間を構成し、任意のIPアドレスの使用やネットワークの分離ができます。さらに、IP Exchange 機能により、IP Network間のコミュニケーションが可能になります。また、Oracleが提供するOSイメージは、複数vNICに対応しました。
※現在対応しているのは、Compute Cloud Service です。PaaS(Database Cloud Service 等)への対応は今後予定しています

Software Defined Network (仮想プライベート・ネットワーク) 機能の実装
Software Defined Network (仮想プライベート・ネットワーク) 機能の実装

Oracle提供イメージの追加

次のイメージが追加されました。
Oracle Linux:6.4 UEK4, 6.6 UEK4, 6.7 UEK4, 6.8 UEK3, 7.1 UEK3, 7.2 UEK3

APIによるスケジュール・バックアップ設定機能の実装

ストレージ・スナップショットを定期的に取得することができるようになりました。現在はAPIにより設定します。

インスタンス作成画面への Marketplace の統合

インスタンス作成画面に Marketplace が統合され、スムーズにイメージの展開ができるようになりました。

インスタンス作成画面への Marketplace の統合

チュートリアル:VMware仮想マシンのOracle Compute Cloud Serviceへの移行

Oracle Compute Cloud Service へ VMware の仮想マシンを移行するチュートリアルです。


Oracle Compute Cloud Service:参考資料

財務分析ハンズオンセミナーの資料を公開します。

ハンズオン資料とハンズオン用データ一式をダウンロードの上、ご利用ください。

1_Oracle Data Visualizationご紹介

    • セルフサービスBIとは
    • Oracle Data Visualizationの特徴
    • Oracle Data Visualizationの画面のご紹介

2_DVハンズオン-財務分析資料 
         ハンズオン用データ一式.zip  

3_BICS機能ご説明

    • Oracle DB Cloud Serviceへのデータロード (APEXデモ)
    • DB Cloud ServiceからBI Cloud Serviceへのデータモデリング
    • 精緻なレポート作成から、定型ダッシュボード、データビジュアライゼーション
    • モバイル/タブレット向けの操作について

Oracle Data Visualizationポートフォリオから、新たにData Visualization 12.2.2.0をリリースし、豊富なデータ・ディスカバリーとビジュアライゼーションの機能をまずはデスクトップから拡張しました。  *デスクトップ版が先行リリースのため、クラウド版およびサーバー版は今後リリース予定です。(2016年10月現在)

 

新機能

Data Visualization Desktop( 以下DVデスクトップ) 12.2.2.0 では、検索型データ・ディスカバリー、データパターンを強調するスマートなビジュアル・エフェクトによるデータ検出、組み込まれたData Preparation(データ準備機能)と管理、新たに追加した様々なデータソース、ユーザー毎にカスタマイズされたビジュアルUI機能を提供可能な拡張可能なフレームワークを提供しています。Oracle は、これらの機能を簡単を利用頂く事が可能です。

 

特徴

 

データ接続と準備 : データにアクセスし、新しい管理機能を提供

接続可能なデータの追加:

DV デスクトップ 12.2.2.0 は、現時点で40以上のデータソースと接続可能です。個人で利用するデータソースからビッグデータまで様々です。
CSV; Microsoft Access; Google Cloud, Analytics, and Drive; Amazon Aurora and EMR; Hortonworks and MapR Hive; IBM BigInsights;

新規データソース.png

 

強力なセルフサービス Data Preparation(データ準備機能):

新しいデータ フロー機能では、シンプルにユーザーが管理するデータを分析用に準備し加工するだけでなく、作成したデータフローを他のビジュアル分析アプリケーションのデータソースとして活用し、継続的なデータ更新とデータソースの一元化を図る事が可能になります。

2016-10-31.png2016-10-31 (1).png

 

 

データ管理が容易:

デザインを新しくしたデータ ソース管理ページでは簡単に検索し、新しいデータ接続を作成し、データ ソースの新規作成が可能になります。また、新しいデータソースページでは、データベース ソースに接続するときに、フィルターを追加する事ができるオプションを提供しています。さらに、DV デスクトップ 12.2.2.0 は、ユーザーが各々のビジュアライゼーションのデータ更新が可能した際、ローカルのExcelデータソースファイルを追跡できます。ユーザーがデータを取得して分析のためのわかりやすい方法を合理的に提供します

 

ビジュアルを見て検知:  ビジュアライゼーションを利用し、スマートで直感的により早く簡単に理解し、データ探索

スマートインサイト:

データアップロードおよびデータ準備の際に、視覚的に評価するデータ の品質を素早く理解し、データから価値を見出す事ができます。

DV デスクトップ 12.2.2.0はデータのビジュアルビューを作成し、データ属性ごとの潜在的な数量を提示する事で、ビジュアライゼーションを作成する前に潜在的なデータ品質を特定する事が可能になりました。
*本機能のデモは上記データフローご参照下さい

Google検索と同じくらい簡単なBI Ask:

2016-10-28 (6).png2016-10-28 (5).png  

DV デスクトップのBI askは、Google検索と同じくらい簡単です。直感的なキーワード検索によるあいまい一致と自然言語処理を使用してユーザー入力文字から、ユーザー データ、表現、カタログ、セマンティック レイヤー全体から最適なビジュアライゼーションをユーザータイプ毎に生成します。

  スライドデモ:Oracle data visualization v2-BI ask で コグニティブBIを実現

 

新しいビジュアライゼーションと拡張可能なフレームワーク:

新たなビジュアルチャートとして、タイムライン、並列座標、ネットワークなどの新しいチャートが追加されました。

また、DV デスクトップ 12.2.2.0はソフトウェア開発者キット (SDK) が含まれています。本SDKでは、カスタムのビジュアル機能を組み込む事が可能です。ユーザーは簡単に迅速にニーズに合わせた好みや業界固有のビジュアライゼーションを組み込むことができます

 

 

理解し共有:  アナリティクスの共有と柔軟で素早いインテリジェンスのコラボレーション

複数キャンバス:

DV プロジェクトは今複数のキャンバスを機能を提供します。ユーザーが迅速にさまざまな情報を強調表示できるようにタブで管理し、データのビジュアルなプレゼンテーションを可能にします

印刷およびエクスポート:

新しい出力と共有オプションには、すべてのキャンバスとインサイトページ、選択したページ、また単一のビジュアライゼーションを印刷し、すべてのキャンバスとページを PDF PowerPoint に出力できます。また、電子メールの添付ファイルとして共有できます。ユーザーはビジュアライゼーションからデータをエクスポートし、CSV ファイルとしてローカルに保存可能です。

 

Oracle Data Visualization Desktopダウンロードはこちら

以下はサマリーです。詳細はドキュメントをご覧ください。

過去の履歴はこちらです。

バックアップからの新規インスタンス作成機能の拡張:TDE に対応

サービス・アップデート(2016年7-8月)にて、実装されました本機能ですが、TDE(Transparent Data Encryption) に対応したため、Oracle Database Cloud Service のバックアップをソースに、新規インスタンスの作成が可能になりました。

バックアップからの新規インスタンス作成機能の実装


Oracle Database Cloud Service とは?

Oracle Database Cloud Serviceは、世界No1のデータベースを利用できるクラウド・サービスです。部門アプリケーション、エンタープライズ、ミッション・クリティカルといった幅広いサービス・レベルに対応できるよう、複数のサービスを提供しています。スキーマを提供する"Schema Service"、インスタンスを提供する"Database as a Service"、そして"Exadata Service"の3サービスを提供します。