Skip navigation

Oracle Management Cloud 17.2.3がリリースされています。

今回のリリースの主な新機能は、

  • Application Performance Monitoring - APサーバーとDBサーバー間の関連性をタグで定義でき、DBエンティティへのドリルダウンが可能に。
  • Infrastructure Monitoring - Amazon S3、Amazon EBS、Amazon Redshift、NGINX、Apache SOLR などのクラウドサービスが監視対象に追加。
  • Log Analytics
    • 線グラフのサポートにより、数値フィールドのデータに対して線グラフを作成可能に。
    • 事前にマッピング表をインポートすることで、フィールド値(エラーコードなど)を人がわかりやすい言葉(具体的なエラー内容など)に自動変換。

などなど。

続きはこちらで詳しくご紹介していますよ。是非お読みください

Oracle Management Cloud 17.2.3 ニュースレター

2017年5月12日に開催されたOracle Business Analytics Day 2017のセミナー資料が公開されました。

最新のソリューション事例資料のダウンロードはこちら

↓↓↓

セッション名講演者資料
ご挨拶

日本オラクル株式会社

クラウド・テクノロジー事業統括  
BI事業本部本部長 林徹

セミナー資料

ダウンロード

ミズノ株式会社が導入した予算管理とBI分析を活用した経営基盤の強化

 

グローバルビジネスの拡大と国内事業期間の再強化のため、経営のスピード化、ビジネス可視化に貢献するIT基盤(JD Edward , Exadata)を導入しましたが、ERPデータをビジネスに有効に活用できておりませんでした。Oracle EssbaseとBIEEを活用し、予算管理と財務レポートや経営ダッシュボードによる導入効果についてご紹介いたします。

ミズノ株式会社

情報システム部

部長

松井 志信

事例リーフレット

Oracle EssbaseからAnalytics Cloudへ導入効果検証されたお客様事例のご紹介

 

現状のOracle EssbaseからAnalytics Cloudに移行した場合の、導入後の効果検証を実践されたお客様の事例をご紹介させて頂きます。 検証の結果、コストメリットなど多くの導入効果があると実証され、その内容についてご説明させて頂きます。

株式会社ブレインチャイルド

代表取締役 
ドワイト・ポール・ラム

甲斐 智幸

セミナー資料
ダウンロード

オラクルクラウドを活用したスキル管理システムの見える化ソリューションのご紹介

 

iStudyが提供するスキル管理のLMS(Learning Management System)とそこに蓄積された人事情報の分析ソリューションをご紹介いたします。

Oracle Cloud Platform(DBCS,JavaCS,DeveloperCS,IaaS, Data Visualization CS)を活用する事によるメリットも併せてご説明いたします。

アイスタディ株式会社

技術本部

副本部長 加藤 昌

セミナー資料
ダウンロード

セルフサービスBIからエンタープライズまで展開できるOracle Business Analytics クラウドプラットフォームのご紹介

 

ビッグデータを活用し、高度なAdvanced Analyticsを実現した顧客事例とそれを支えるクラウドプラットフォームをご紹介いたします。
また、ビジネスユーザーがアナリストとしてデータドリブン企業を可能にするOracle Data Visualizationを活用し、モバイル上で音声検索や配信されたデータのビジュアル化が可能になったOracle Analytics Cloudの全貌と最新の事例をご紹介いたします。

日本オラクル株式会社

クラウド・テクノロジー事業統括

Cloud/Big Data/DISプロダクト本部

五十嵐 恒

 

コンサルティングサービス事業統括 -
クラウド・テクノロジーコンサルティング事業本部
内村 友亮

セミナー資料

ダウンロード