Skip navigation

Autonomous Database (Autonomous Data Warehouse(ADW)/Autonomous Transaction Processing(ATP)) のライセンス・タイプを後から変更することが可能になりました。

 

・リリース・ノート : Updating License Type for Autonomous Databases

マニュアル : To change the license type of an Autonomous Database

 

はじめに

Autonomous Databaseをご利用の際に、選択可能なライセンス・タイプは2種類あります。

  • License Included  : 通常レートでPaaSを利用するタイプ
  • Bring Your Own License (BYOL) : 既に保持しているライセンスを移行・持ち込むことで通常レートから大幅に低いレートでPaaSを利用するタイプ

byol.PNG

(※上記は2019/04/19時点の情報です)

インスタンスを作成する際に、どちらのタイプで利用するかを選択するのですが、後から変更が必要になった場合に再作成することなく、変更することが可能です。

 

ライセンス・タイプの変更方法

対象のAutonomous Databases の管理コンソールを表示し、対象のインスタンスの詳細画面を表示します。

00.PNG

今のライセンス・タイプは、『Autonomous Database情報』の『ライセンス・タイプ』で確認できます。この環境では、"Bring Your Own License"になっているのが確認できます。

 

右上のほうにある、『Actions』をクリックし、『ライセンス・タイプの更新』をクリックします。

01.PNG

ポップアップで現在のライセンス・タイプが選択された状態で表示されます。

02.PNG

今回変更したいラインセンス・タイプのLicense Includedにあたる『SUBSCRIBE TO NEW DATABASE SOFTWARE LICENSES AND THE DATABASE CLOUD SERVICE』を選択して『更新』ボタンをクリックします。

03.PNG

 

"ライフサイクル状態"が"更新中"から"使用可能"になれば、更新完了です。

04.PNG

05.PNG

ちなみに、この変更の最中はサービスへの影響はなく情報の更新のみなので、更新作業中もサービスはご利用いただけます。

(今回試してみた時には数秒で切り替わりました)

 

関連リンク

Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud(ADWC):データウェアハウス(DWH)・クラウド - 概要/価格/マニュアル/トライアル/事例