Skip navigation
                                                                       

Oracle Management Cloud 18.4.1 ニュースレター

2018年10月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.4.1リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

改善されたSQL診断のためのAPMからEMCCへの統合

APMからEMCCへのコンテキストナビゲーションで、アプリケーション開発者とデータベース管理者の間の責任のなすりつけあいをなくしギャップを埋めます。APMによって監視されるSQLサーバー要求から、EMCCの監視対象のOracle DatabaseおよびSQLにコンテキスト内をナビゲートします。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm1-5142852.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm2-5142853.png

 

Application SQL List

一般的に、データベース要求はトランザクションのリーフノードにあり、複数のサーバー要求層の下に隠れているため、最も性能が悪いSQLクエリを識別することは困難になります。今回のリリースでは、APMはリーフノードの不明瞭さからデータベースサーバー要求を引き上げて1つのリストにまとめ、ユーザーがアプリケーションのすべてのデータベースサーバー要求を1か所で確認できるようにしました。この強力な新しいツールを使用して、実際のアプリケーションのパフォーマンスをより正確に把握し、より高速なアプリケーションを提供します。データベースリストページはAPMのアプリケーションメニューには表示されず、アプリケーション定義が「分類が適用されたAppServer」で定義されたアプリケーションでのみ使用できます。

 

APM UIのSQLID

SQLIDは、1つのデータベース上のSQLを一意に識別するために使用できる計算値です。APMは今日、データベースへのJDBC要求を含む、アプリケーション内のすべての主要なサーバー要求を監視します。APMがデータベース(JDBC)要求を見ると、SQLIDが計算され、接続文字列情報とともにAPM UIに表示されます。APMのSQLIDを活用して、共通言語(SQLID)でどのSQLが遅いかを識別して、アプリケーション開発者とデータベース管理者の間のコミュニケーションを改善します。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm3-5142854.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm4-5142855.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

新しいSolrバージョンの認定

このリリースでは、Solrバージョン6.6.2が認定されています。

 

 

AIX / Windows / Solarisホスト監視のプロアクティブ・チェック

クラウドエージェントがインストールされると、クラウドエージェントがインストールされているホストも自動的に検出されます。また、事前監視も実行され、ホスト監視に必要な前提条件が満たされていることを確認します。問題が見つかった場合は、エージェントのインストールの最後にこれらの問題の概要が報告されます。これにより、ユーザーはこれらの問題に積極的に対処し、ホストを正常に監視できるようになります。この機能はAIX、Windows、Solarisホストでサポートされています。(Linuxは以前のリリースでサポートされていました)。

 

 

エンティティUIの機能強化

Add Entity UIは、エンティティがOMCに追加された時点でライセンス(Standard、Enterprise)を指定する機能をサポートするようになりました。OMC機能を有効にするには、適切なライセンスが必要です(監視用のメトリック収集を有効にするには、StandardまたはEnterprise Editionが必要です)。これにより、エンティティを追加して監視を有効にするプロセスが合理化されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/pic6-5143879.png

 

JBossとTomcatのパフォーマンスメトリック

JBossとTomcatのパフォーマンスメトリックが1分間隔で収集されるようになりました。パフォーマンスメトリックを細かく収集するほど、パフォーマンスの問題をより正確に検出できます。

 

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

ユーザー定義フィールド(UDF)

  • 現在、製品には約1100個のOOTBフィールド(フィールド名)があります。しかし、製品にはまだ多くのフィールドがあります。
  • UDFで、ユーザーは、インジェスト時に独自のフィールドを作成できます
  • ユーザーは、これらのフィールドをパーサーで使用して、クエリ言語を利用してデータを検索することができます
  • 注意:
    • UDFを作成する前に、データを知り、同じ名前のOOTBフィールドがすでに存在しないことを確認してください
    • これらのフィールドは、 "rename"と "eval"コマンドではなく、LAで永続化されます   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la1-5142857.png

 

 

Check Point Firewall LEA Syslogログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la2-5142858.png

 

SMA対応ログソースの検索

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-5142859.png

 

 

 

SMAの「保存された検索」

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la4-5142860.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/security12-3960206.pngConfiguration and Compliance

 

より速いデータベースアセスメント

Oracle Databaseのルールセットは、評価処理の変更により最大10倍高速になりました。この機能強化を利用するには、エージェントのバージョン1.34以上が必要です。

 

 

Center of Internet Security(CIS)認証取得

Configuration and Complianceは、以下のベンチマークとプロファイルの評価に、Center of Internet Security(CIS)から正式な認定を受けています。

 

CIS Benchmark for Oracle Database 12c v2.0.0、Level RDBMS Traditional Profile

 

CISベンチマークは、ITシステムとデータを最も浸透している攻撃から保護するためのグローバルスタンダードであり、ベストプラクティスとして認識されています。

以下に示すように、ルールセットライブラリでこの新しいルールセットを探します。この新しいルールセットを使用するには、エージェントがバージョン1.34以上である必要があります。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/cc1-5142856.png

 

 

(Back to Top)

                                                                       

Oracle Management Cloud 18.3.3 ニュースレター

2018年8月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.3.3 リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                  

 

OMC Platform Features

 

日本語対応

日本語対応しました!!

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

シンセティックテストを実行するための新しいOracleパブリック・ロケーション

各OMCデータセンターから使用できる4つの新しい場所が追加されました。

 

  • アッシュバーン(米国)
  • スロー(EUR)
  • サンパウロ(LAD)
  • シドニー(APAC)

 

すべてのテストタイプは、プライベートエージェント/ビーコンを導入する必要なしにこれらの場所のいずれかにプッシュすることができ、セットアップおよび使用が非常に簡単です!

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm1-5041804.png

 

シンセティックテスト結果を比較することでネットワーク遅延の問題を特定する

複数のグローバルロケーションからテストを実行し、結果を比較することで、Webアプリケーションへの遠隔地からの接続遅延でエンドユーザーが影響を受けているかどうかを簡単に確認できます。

この例では、LAD国でCDNサービスの使用を開始する目安になる可能性があります。これは、LADのユーザーの接続時間が米国のユーザーに比べて非常に遅いためです。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm2-5041805.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

 

Oracle Databaseのための拡張機能

このリリースでは、Oracle Databaseのために次の拡張機能を使用できます。

  • Oracle Database 18.3がサポートされます
  • Oracle Databaseインスタンスの状態監視
    Oracle Databaseエンティティの監視には、すべてのデータベース・インスタンスのステータスとパフォーマンスの監視が含まれます。つまり、データベース・インスタンスのステータスおよびパフォーマンス・メトリックは、Oracle Databaseエンティティのキーとなるメトリックとして使用できます。Oracle Databaseインスタンスのエンティティは、主にログ分析に使用されていました。

    今回のリリースでは、Oracle Databaseインスタンス・エンティティに可用性ステータスが追加されました。これにより、ダウンしているデータベース・インスタンスのアラートおよび通知をより効率的に取得する方法が提供されます。データベース内のすべてのデータベース・インスタンスにわたって全体的なビューを取得するには、(親の)Oracle Databaseホームページを使用します。ホームページには、すべてのデータベースインスタンスにわたるステータスとパフォーマンスの要約が表示されます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra1-5041811.png

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-5041812.png

 

エージェントとホストの"Not Heard From(聞こえない)"アラート

エージェント(クラウドエージェント、ゲートウェイ、データコレクタ)またはホストがダウンすると、エンティティが「Not Heard From(聞こえない)」ことを示すアラートが自動的に生成されます。以前のリリースでは、このアラートのアラート重大度はWarning(警告)でした。今回のリリースでは、アラートの重大度がFatal(致命的)に変更され、問題の重要度をより正確に表しました。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra3-5041813.png

 

パフォーマンスチャートの強化

トッププロセスのCPU使用率を示すチャートなどのキー値のメトリックを示すパフォーマンスチャートは、通常、メトリックキー(プロセスIDなど)を使用して、チャート内の各オブジェクト(プロセスなど)を一意に識別します。意味的には正しいものの、これによって各オブジェクトを識別することが難しくなっていました。このリリースでは、プロセス名などのユーザーフレンドリな属性が、これらのタイプのパフォーマンスチャートでオブジェクトを識別するために使用されるようになりました。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra4-5041814.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

新しいログソース/パーサー

  • Apache

パーサー

    • Apache Kafkaログ形式
    • Apache Sparkの標準ログ形式                           
    • Apache Cassandraシステムログ形式                       
    • Apache Hiveログ形式                           
    • Apache Zookeeper標準フォーマット                           
    • Apache Cassandra GCログ形式                           
    • Apache Hadoop標準ログパーサー

ソース

    • Apache Hive Logs
    • Apache Kafkaログ                       
    • Apache Hadoopの標準ログ   
    • Apache Sparkログ
    • Apache Cassandra DBシステムログ     
    • Apache Cassandra DBガベージコレクションログ             
    • Apache Zookeeperログ

 

  • Microsoft

パーサー

    • Microsoft Exchange Outlook Web Accessログ形式     
    • Microsoft Exchange Active Monitoringトレースログ形式
    • Microsoft Exchange診断サービスのログ形式
    • Microsoft Exchange認証管理ログ形式
    • Microsoft Exchangeデータベース可用性ログの形式               
    • Microsoft DHCP(IPv4)ログ形式               
    • Microsoft DHCP(IPv6)のログ形式               
    • Microsoft DNSログ形式                         
    • Microsoft SharePoint ULSログ形式                           
    • Microsoft .Net Log4Net Parser

ソース

    • Microsoft Exchange診断サービスログ 
    • Microsoft Exchange Active Monitoringトレースログ         
    • Microsoft Exchangeデータベースの可用性ログ             
    • Microsoft Exchange Outlook Web Accessプローブログ 
    • Microsoft Exchange認証管理ログ         
    • Microsoft DHCP(IPv4)ログ                           
    • Microsoft DHCP(IPv6)ログ                           
    • Microsoft DNSログ                           
    • Microsoft SharePointログ                           
    • Microsoft .Net Log4Netログ 

 

  • MongoDB

パーサー

    • MongoDBログ形式 

ソース

    • MongoDBログ 

 

  • NGINX

パーサー

    • NGINXエラーログ形式
    • NGINXアクセスログ形式 

ソース

    • NGINXアクセスログ 
    • NGINXエラーログ 

 

  • Nodejs Log4js

パーサー

    • Nodej.js Log4jsログ形式

ソース

    • Nodej.js Log4jsログ

 

  • PostgreSQL

パーサー

    • PostgreSQLのログフォーマット

ソース

    • PostgreSQLのログ

 

  • McAfee

パーサー

    • McAfee VirusScanのエンタープライズログフォーマット

ソース

    • McAfee VirusScanのエンタープライズログ

 

パーサーおよびログソース定義のエクスポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log1-5041806.png

 

SQLフィールドを使用したログデータのクラスタリング

  • 例では約50万ログレコードが89クラスタに減少
  • 変数別にドリルダウン

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log2-5041807.png

 

  • Outfillers(異常値)はまれなSQLを示します
  • Trends(傾向)は、類似の実行パターンを持つSQLを示します

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log3-5041808.png

 

 

リンクドリルダウンの「元に戻す」ボタン

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log5-5041810.png

 

ソースのSyslogリスナーポート番号の増加

OOTBログソースのポートを変更したため、ユーザーがこれらのOOTBソースのいずれかを使用している場合、影響を受けます

 

 

ファイル収集の順序

エージェントが最初の収集時に大量のログデータを監視している場合は、いくつかの最新のファイルを最初に収集してから履歴ファイルを収集します。すべての収集で最近のいくつかのファイルといくつかの古いファイルのバランスをとることができるので、常に新しいログデータが流入します。

 

ノート:

  • ログコレクタが最初に収集する必要があるすべてのデータが小さければ、今やっていることを続けなければなりません。
  • このしきい値を設定する(順序を変更する)構成があります。

 

連結機能

構文:concat(String、String)

2つ以上のフィールドの文字列値を連結します。文字列値とリテラルを結合して新しいフィールドにするこの機能を "Eval"または "Where"と共に使用することができます。

例:

  • .. | eval s = concat(ホスト、コンカット( ':'、ポート))OR ... | eval s =ホスト|| ':' || ポート
  • ... | concat(host、concat( ':'、port))!=ホスト名OR ... | どこにホスト|| ':' || port!=ホスト名

 

 

(Back to Top)


Oracle Management Cloud 18.2.3 ニュースレター

2018年5月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.2.3 リリースに関するアナウンス:

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

エンティティタイプ

今回のリリースでは、以下のAzureサービスがサポートされています:

  • Logic Application Service
  • App Services
  • Application Gateway Service
  • Event Hub Namespace Service 

 

 

クラウドプロファイル:手動リフレッシュ

クラウドプロファイルは自動的に定期的に更新され、クラウドベンダーに関連する新しいクラウドサービスを検出します。自動リフレッシュに加えて、今回のリリースでは、「Resubumit Discovery Job(ディスカバリジョブの再発行)」オプションを使用して手動リフレッシュを実行できるようになりました。これは、新しいサービスが追加され、OMCでこの新しいサービスをすぐに見たい場合に便利です。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra1-4485182.png

 

アラートルール:文字列メトリックのサポート

アラートルールでは、文字列メトリックに基づいてアラートルール条件を作成できるようになりました。たとえば、Microsoft SQL Serverデータベースの場合、データベースがオフラインのときにアラートを受け取るために、このアラートルール条件を「OFFLINE」の「Database Status」に指定できます。ユーザーは、アラートのしきい値として複数の文字列値を指定できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-4485185.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

データパレットの新しいフィールドカテゴリ

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la1-4485188.png

 

Pinned カテゴリ

  • ユーザーはデータパレットから任意のフィールドを固定(Pin)できます。フィールドが固定されると、[Pinned]カテゴリの下に移動します
  • [Entities]と[Collection Detail]フィールドはデフォルトで[Pinned]カテゴリに移動されました
  • ユーザーはいつでも任意のフィールドの固定を解除できます

 

Interesting カテゴリ

  • 検索/クエリ、GC、および時間に基づいて、システムは自動的にフィールドを[Interesting]カテゴリに選択します
  • 興味があるフィールドをピンで固定することができます。固定されると[Pinned]カテゴリに移動され、解除されると元の位置に戻ることができます

 

[Other]カテゴリからフィールドがいったんクエリに追加されると、それらは[Interesting]カテゴリに追加されます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la2-4485190.png

 

linkコマンドに続く数値フィールド

  • linkコマンドの後にstats&evalコマンドを使用する数値フィールドがある場合、それらの結果のチャートが自動的に作成されます
  • 例1)statsとlink
    • * | link 'transaciton ID' | stats count( 'Error ID') as  'Number of Errors'、unique(Step) as 'Txn.Steps '
  • 例2)Evalとlink
    • ‘Log Source' = 'WLS Server Access Logs' | link URI | stats avg('Content Size') as 'Content Size Bytes' | eval 'Content Size (MB)' = 'Content Size Bytes' / 1024
  • 時間の経過とともにアクセスされるデータのサイズをメガバイト単位で判断するため、evalコマンドは仮想フィールドのContent Size(MB)を作成し、フィールドContent Sizeの値に基づいてコンテンツサイズをメガバイト単位で計算します

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-4485193.pnghttp://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-4485193.png

 

ログエンティティからEFDを抽出できるようにする

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la4-4485194.png

 

新しいラベルUI

ユーザはラベルに集団フィールドを選択できます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la6-4485196.png

 

ワンタイムオペレーションルックアップテーブル

この機能を使用して、以下のように1回の操作でルックアップテーブルを作成するのではなく、データセットを充実させることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la7-4485197.png

 

新しい演算子 "Contains one of Regexes"

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la8-4485198.png

 

新しい演算子 "Ignore Case"

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la9-4485199.png

 

新しい演算子"Not Null"

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la10-4485200.png

UIに表示されるアップロードされたODUファイルの総数の増加

200件の制限の代わりに合計500件のオンデマンドアップロードを表示します

 

 

LAでのEBSのサポートと拡張

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la11-4485202.png

 

ストレージセル管理ログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la12-4485204.png

 

Clusterwareディスク監視ログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la13-4485206.png

 

Linux用KSPLICEログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la14-4485207.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/security12-3960206.pngSecurity and Monitoring Analytics

 

単一資産分析の詳細:

SMA UIでは、単一の資産の要約と詳細を分析できるようになりました。タイプ、重要度、所有者、ホスト、OS、およびその他の関連情報を含む資産サマリが表示されます。UIには、この資産の脅威、危険なユーザー、およびアクティビティタブも表示されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma1-4485218.png

 

相関ルールの複数バージョンサポート

アナリストは、通常、多くの時間をチューニングルールに費やしています。そして、彼らは、ルールに対するさまざまな変更を追跡したいと考えています。SMA UIでは作成したさまざまなバージョンのルールを表示し、以前のバージョンも有効にすることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma2-4485219.png

 

自動更新

SMAページ(ユーザー、脅威、資産)で自動リフレッシュオプションを使用できるようになりました。デフォルトではオフですが、1分、5分、15分、または30分間隔に設定できます。これにより、ブラウザの更新を行わなくても、入ってくる/新しい脅威を見ることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma3-4485221.png

 

 

SMAピボットからLA

SAからLAへのナビゲーションには、デフォルトで主要なセキュリティフィールドが表示されます。これは脅威の調査に役立ち、これらのフィールドを手動で表示する必要がなくなります。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma4-4485222.png

(Back to Top)

 

OMC Platform Update

 

モバイルアプリの機能拡張 - アカウント設定用のQRコード

QRコードベースのモバイルアプリケーションアカウントの設定で次のフィールドを持つOMCアカウント設定がされます、

  • データセンター
  • アイデンティティドメイン
  • ユーザー名

ユーザーは、テナントのタイプやインスタンスの詳細の確認などを心配する必要はありません

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat1-4485209.png

 

モバイルアプリのQRコードスキャンオプション

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat2-4485211.png

 

 

OMC Mobile App - エージェントページ

  • OMC Mobile for Cloud Agentに新しいページが追加されました
  • 以下のメトリック
    • アップロード率
    • CPU、メモリ、ディスク
    • エージェントの可用性の詳細

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat3-4485213.png

 

1.29のOMCクラウドエージェントの拡張

  • アップグレードの拡張 - APIおよびOMCLIベースのアップグレード
  • エージェントの自己診断レポートと診断機能:
    • データアップロード率、待ち時間、エージェント上で実行されているタスクのメトリック
  • OSSから提供されるソフトウェアによるエージェントのアップグレードの強化
    • エージェントバージョン1.29以降では、OSSベースのエージェントビットを使用してアップグレードします

 

APIとOMCLIによるエージェントのアップグレード - 1.28で追加

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat4-4485214.png

 

新しいエージェントのメトリック

エージェントの診断のために追加されたエージェントメトリック、

  • CPU消費量による上位タスク
  • 上位のタスク(平均)経過時間
  • アップロード率
  • レイテンシデータ

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat5-4485215.png

(Back to Top)


Oracle Management Cloud 18.1.5 ニュースレター

2018年3月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.1.5 リリースに関するアナウンス:

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

論理サーバーリクエスト

OMC APMの最新リリースでは、デプロイメント、タイプ、および名前でグループ化されたサーバーリクエストを表示する機能を提供します。この新しいグループ化されたビューは、Logical Server Requestsと呼ばれます。この新しいビューでは、サーバーグループ全体のリクエストのパフォーマンスを確認することで、より迅速に問題を解決できます。活用するには、グループとして機能するサーバーにアプリケーションのClassifcationを追加(設定ファイルにパラメータで指定)し、そのClassificationを使用して「AppServers with Classfication」でアプリケーションを定義してください。

2

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

エンティティタイプ

今回のリリースでは、エンティティタイプに次の拡張機能が追加されました。

  • Amazon DynamoDBのサポート
  • Kubernetesの追加のパフォーマンスメトリックのサポート
    • Kubernetes Pod
      • CPU使用量、メモリ使用量、ネットワーク使用量、リソース構成
    • Kubernetes Node
      • CPU使用量、メモリ使用量、ネットワーク使用量、リソース構成
    • Kubernetes Cluster
      • CPU使用量、メモリ使用量、リソース構成

 

 

UIベースのエンティティの追加

エージェントのomcli add_entityを介してエンティティを追加することに加えて、UIを介したエンティティ追加のサポートが引き続き強化されています。今回のリリースでは、以下のエンティティタイプが「Add Entity」UIでサポートされるようになりました。

  • Oracle NoSQLデータベース
  • Oracle Databaseリスナー
  • Oracle Databaseクラスタ・リスナー
  • Oracle Coherenceクラスタ
  • Arbor CP
  • Arbor TMS
  • Arista Ethernet Switch
  • Cisco Ethernet Switch
  • Cisco Nexus Ethernet Switch
  • F5 BIG-IP
  • F5 BIG-IP DNS
  • F5 BIG-IP LTM
  • Juniper Ethernet Switch
  • Juniper MX
  • Juniper Netscreen
  • Juniper SRX
  • NetApp FAS
  • Oracle ES2 Ethernet Switch
  • Oracle InfiniBand Switch
  • EMC VNX
  • Network Node

 

 

クラウドサービスディスカバリの可視性の向上

クラウドプロファイルは、クラウドサービスとリソースの検出と監視のためのクラウドサービスとクレデンシャルを指定するために使用されます。クラウドプロファイルが作成されると、クラウドサービスを検出するためにいくつかの内部検出ジョブが作成され、実行されます。このリリースでは、失敗したジョブのエラーを含めて、これらの検出ジョブの状態をより詳細に把握できます。この可視性の向上により、ユーザーはクラウドサービス検出の全体的な状況をよりよく評価し、検出関連の問題を理解し、解決することができます。

w

 

UIの強化

Infrastructure Monitoringページは、Global Time Selectorの「Latest」オプションをサポートするようになりました。これは、タイムセレクタのカスタムオプションの下にあります。このオプションを選択すると、収集した最新のメトリック値が表示されます。これにより、最新のデータ値が収集された時間を考慮することなく、直近のデータ値を確認する簡単な方法が提供されます。

w

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

DashboardへのLink分析の追加

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la1-4416002.png

 

レンジ ファセット

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la2-4416003.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-4416004.png

 

bucket コマンド

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la4-4416006.png

 

ワードクラウド(指定テキスト)の可視化

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la5-4416007.png

 

 

Bluecoatログの問題ラベル

「Bluecoat Proxy Squid Logs」および「Bluecoat Proxy W3C Logs」のOOTB問題ラベルの拡張

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la6-4416008.png

 

Parser関数のための新しいガイダンス/ヘルプ

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la7-4416009.png

 

 

「Data」と「Visualize」パレットのサイズ変更

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la8-4416010.png

 

2つのタイムスタンプを持つバグ対策

1行の中で最初のTIMEDATEをキャプチャしないようにサポート

例:

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la9-4416011.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orches12-3960211.pngOrchestration

ワークフロー実行の詳細ページの機能強化

  • ワークフローステップに関連付けられたエンティティの詳細を追加して、エンティティ情報を改善しました。
    • エンティティ・カードは、ユーザがワークフロー・ステップでエンティティ参照リンク上でマウスの詳細を表示することを選択するとポップアップ表示されるようになりました
    • ユーザーはエンティティ名に基づいてワークフロー実行内のステップを検索できるようになりました
    • ライセンスされていないエンティティの手順は、実行の詳細を表示することができなくなりました

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orc1-4416012.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orch2-4416013.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orch3-4416015.png

 

(Back to Top)

 

OMC Common Features

 

エンティティカードの機能拡張

エンティティカードで複数のメトリックを表示し、エンティティがアプリケーションのメンバーである場合は、APMアプリケーションページにナビゲートすることもできます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common1-4415995.png

 

トポロジー

データベースなどの折りたたまれたノードを右クリックして展開できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common2-4415997.png

 

ノードを展開/折りたたむときに固定されたノードのレイアウトと位置を維持します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common3-4415998.png

 

 

テキストウィジェット用のHTMLスニペット

ダッシュボードの作成者は、テキストウィジェットにHTMLスニペットを直接追加できるようになりました。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common4-4415999.png

 

 

データエクスプローラ:散布図のしきい値

データエクスプローラでは、散布図のしきい値を設定できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common5-4416000.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common6-4416001.png

 

(Back to Top)


Oracle Management Cloud 18.1.3 ニュースレター

2018年2月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.1.3 リリースに関するアナウンス:

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

更新されたアプリケーションUI

APMアプリケーションのダッシュボードページが更新され、問題のより迅速な切り分けがサポートされるようになりました。1つのビューでアプリケーションの主要なパフォーマンスメトリックを一目で確認できます。更新されたUIページには、アプリケーションインフラストラクチャ、エンドユーザー、およびリクエストパフォーマンスのステータスが表示されます。

2

 

ダッシュボード対応APMメトリック

ユニバーサルデータエクスプローラから、新しい集計アプリケーションレベルのメトリックが利用可能になり、データの探索、カスタマイズされたアプリケーション指向のウィジェットの作成、カスタマイズされたダッシュボードの作成が可能になりました。完全なアプリケーションダッシュボードを構築するために、エンドユーザー、ページ、Ajax、ログおよびインフラストラクチャメトリックを組み合わせてマッチさせます。

w

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

エンティティカード

ユーザーがエンティティ名の上にマウスを置くと、エンティティカードにアクセスできるようになりました。エンティティカードは、エンティティの健全性の概要と、他のOMC機能への簡単な移動方法を提供します。

w

 

既存のエンティティタイプの拡張

  • Microsoft SQL Server

  新しいデータベースメトリックが追加されました。ステータス、アクティブトランザクション、トランザクション/秒、バックアップ/リストアスループット/秒などが含まれます。

  • ホスト
    すべてのホストパフォーマンスメトリックの収集頻度が1分に設定され、パフォーマンスの問題をより正確に検出できるようになりました。

 

メンテナンスウィンドウのステータス修飾子

定期メンテナンス期間は、メンテナンス活動がエンティティに対して実行される期間です。OMCでは、エンティティのメンテナンスウィンドウが作成されると、エンティティの監視は続行されますが、通知は中断されます。このリリースでは、エンティティがメンテナンス中の場合、エンティティのステータスアイコンに「メンテナンス中」の修飾子が追加され、エンティティがメンテナンス中であることがユーザに伝わります。これは、エンティティが停止しているときに特に便利です。メンテナンスウィンドウの修飾子は、エンティティが予定されたメンテナンスのためにダウンした可能性があるという追加のコンテキストを提供します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-4368918.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/ita-3433724.pngIT Analytics

ITA設定:設定可能なキャパシティのしきい値

  • ITAには、ITA管理機能のための新しいITA Admin UIセクションがあります。
  • ユーザーは、上限および下限のしきい値を構成できます。上限値と下限値のデフォルト値は75%と25%で、変更することができます。
  • ユーザーが上限しきい値と下限しきい値を変更すると、ITAウィジェットページが更新され、新しい設定が反映されます。:CPUとメモリの散布図、ドリルダウンの時系列、ストレージの散布図、トレンドと予測といった多くのウィジェットが更新されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita1-4368920.pnghttp://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita2-4368921.png

 

 

ITA設定:設定可能な予測期間

  • ITA管理機能のITA Admin UIセクションから設定できます。
  • ユーザーは、インタラクティブな予測の予測期間を設定できます。デフォルト値は30日で、ユーザー定義日に変更できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita3-4368922.png

 

 

ITAエンティティカードのサポート

  • ホストリソース分析、DBリソース分析分析、Exadataアプリでエンティティ名にカーソルを合わせると、ユーザーはエンティティカード情報を表示できます
  • OMCアラートを表示したり、他のITAアプリからLA、IMなどの情報を取得することができます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita4-4368923.pnghttp://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita5-4368924.png

 

 

ITAアラートサポート

  • ユーザーは定義されたルールに従ってキャパシティアラートを取得できます。ITAアラートは、キャパシティの利用に関する早期警告として機能し、ユーザーからの積極的な対応を可能にします

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita6-4368925.png

 

  • ユーザーはアラートルール条件を指定して通知を受け取ることができます。ユーザーは、イベントルール設定UIを使用して設定を提供できます。たとえば、次の30-60日間にホストのCPU使用率が75%に達すると警告するように指定できます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita7-4368926.png

 

  • ITAアラートは、ITAアプリケーション(ホストリソース分析(HRA)アプリなど)やOMC UI(イベントコンソール、インフラストラクチャ監視ページ、ユニバーサルデータエクスプローラ(UDE)など)のどこにでも表示できます。
  • アラートが発生すると、ユーザーは他のホストに作業負荷を移すなど、キャパシティを管理するための先制的な対策を講じたり、CPU使用率の増加という根本的な原因を分析して解決したりすることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita8-4368927.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

新しいコンテンツ

  • Citrix Netscalerログ
  • F5 Big IPログ
  • Juniper SRX Syslogログ
  • NetApp Syslogログ
  • NGINXアクセスログ
  • NGINXエラーログ

 

 

複数のアップロードを選択して削除する

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la1-4368928.png

 

 

「タイル」ウィジェットのテキストを編集する

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la2-4368929.png

 

 

Log Explorerのイベントの数が250から2000に増加

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-4368930.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/security12-3960206.pngSecurity and Monitoring Analytics

•SMA管理アクション - 相関ルールの重大度を変更する

SMA管理者は、相関ルールブラウザ(Security Admin - > Correlation Rules)でOOB相関ルールの重大度を低、中、高、またはクリティカルに変更できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma1-4368935.png

 

 

SMAの「アクティブなユーザー(Active Users)」

SMAは「危険なユーザー(Risk Users)」と共に「アクティブなユーザー(Acrive Users)」を表示するようになりました。これらはSMAがアクティビティを監視しているユーザーです。これにより、脅威のないユーザーも包括的に把握できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma2-4368936.png

 

 

SMAの「アクセスされた資産(Accessed Assets)」

SMAは「アクセスされた資産(Accessed Assets)」と「危険な資産(Risky Assets)」を表示します。これは、SMAがアクティビティを監視している資産です。これにより、脅威のない資産も把握できます。

 

その他のUIの改善

脅威ページに、ユーザーと資産のためのミニポップアップエンティティカードが表示されるようになりました。

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orches12-3960211.pngOrchestration

ワークフロー実行詳細ページの機能強化

  • 改善された検索とフィルタリング:
    • 検索機能を使用すると、実行の詳細ページでステップ名またはワーカー名で情報を簡単に見つけることができます。ユーザーが検索するキーワードの入力を開始すると、オートコンプリートの候補が表示されます。導入された新しいフィルタを使用して実行状況やステップの詳細の表示/非表示ですばやく絞り込むことができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orchs1-4368931.jpg

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orch2-4368932.jpg

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orch3-4368933.jpg

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orch4-4368934.jpg

 

(Back to Top)

 

OMC Common Features

 

クロスサービスナビゲーション用のエンティティカード

エンティティカードからのクロスサービスナビゲーションにより、問題の切り分けプロセスは非常に迅速かつ簡単になります。

  • 問題のコンテキストを他のOMCサービスにシームレスに移行できるようにする
  • 問題の360度のビューを迅速に提供して統合プラットフォームのアイデアを補完する

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common1-4368952.png

 

 

コンテキスト内ドリルダウンを可能にするダッシュボードのリンク

簡単な設定で、エンティティの機能をより詳細に調べることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common2-4368955.png

 

(Back to Top)

                                                                       

Oracle Management Cloud 18.1.1 ニュースレター

2018年1月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.1.1 リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

限定された国のリージョンへのドリルダウン

米国はもちろん、インド、英国、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、中国、日本、オランダ、ベルギーでAPMホームページのGeomap内でリージョン(米国は州)へのドリルダウンがサポートされます

 

2

 

PageloadテストタイプでのHARキャプチャのサポート

Pageloadテスト実行中に、APMはHARを収集し、他のテストタイプと同様にHARビューアに情報を公開します。

これは、スクリプトテストをセットアップすることなくページ上で使用されているすべてのリソースを表示できることを意味します

シンセティックテストはAPMエージェント上で自動的にサンプリングされるため、ドリルダウンを使用してAPMエージェント情報を使用することもできます

w

HARファイル内の強調表示されたリソースをクリックすると、詳細な分析のためにServer Requests UIで一致したリソースが選択されマッチしたサンプルが表示されます

e

 

RESTテストのHARキャプチャのサポート

RESTテスト実行中、APMはレスポンスを収集し、他のテスト・タイプと同様にHARビューアにレスポンス情報を公開します。

これは、APIの問題のトラブルシューティングに役立ちます

ww

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

サポートされた新しいエンティティタイプ

Infrastructure Monitoringは新しいエンティティタイプのサポートを拡大し続けています。

 

  • Oracle Identity Manager(OIM)

 

 

UIベースのエンティティの追加

omcli add_entityコマンドでのエンティティ追加に加えて、UIを介したエンティティ追加のサポートが引き続き強化されています。今回のリリースでは、以下のエンティティタイプが「エンティティの追加」UIでサポートされるようになりました。

 

  • Apache Zookeeper
  • CassandraDB
  • Apache HTTP Server
  • MongoDB
  • Hadoopクラスタ

 

 

既存のエンティティタイプの拡張

  • JBoss Server
    スタンドアロンモードで動作するJBoss Serverの監視に加えて、ドメインモードで動作するJBoss Serverの検出と監視がサポートされるようになりました。
  • Coherence
    スタンドアロンのCoherenceサーバーの監視に加えて、Managed Coherenceサーバーの検出と監視がサポートされるようになりました。これらは、WebLogic Serverフレームワーク内で制御およびコンフィグレーションされるCoherenceインスタンスです。
  • Apache HTTP Server
    サーバーの負荷を監視するための新しいメトリックHTTP接続率が追加されました。

 

 

コンポジットエンティティのエンティティホームページ:メンバステータス概要

コンポジットエンティティタイプのホームページでは、メンバーの可用性ステータスの概要が表示されるようになりました。コンポジットエンティティは、WebLogicクラスタおよびサーバーを含むWebLogicドメインエンティティ、OTDインスタンスを含むOracle Traffic Director(OTD)構成など、他のメンバエンティティを含むエンティティです。コンポジットホームページにステータスサマリーを提供すると、ユーザーは、すべてのメンバーのステータスを把握し、ダウンしたエンティティを迅速にドリルダウンして調査できます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra1-4216788.png

 

メンテナンスウィンドウ

定期メンテナンス期間は、メンテナンスアクティビティがエンティティに対して実行される期間です。この間、エンティティは、パッチ適用やアップグレードなどのスケジュールされたメンテナンス作業のために停止される可能性があります。誤ったアラート通知を回避するために、ユーザーはOMCでメンテナンス・ウィンドウを作成し、メンテナンス対象のエンティティとメンテナンスが行われる期間を指定できます。メンテナンス期間中、OMCはメンテナンス中のエンティティに関するアラートに関するすべての通知を一時的に中断します。ただし、アラート生成を含むエンティティの監視は引き続き行われ、ユーザーはコンソールでこれらのエンティティを監視し続けることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-4216789.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

ガイド付きパーサービルダ

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log1-4216790.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log2-4216791.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log3-4216792.png

 

すぐに使える深いOracleのナレッジ

エラーの分類

  • すべてのログは、よく知られている/使用されているエラーカテゴリに自動的に分類されます。たとえば、メモリ不足エラー、接続エラー、デッドロックなど
  • すべてのOracleターゲット/エンティティで一貫して実行されます
  • エンドユーザーによる拡張が可能です

平易な言語分析

  • 使い慣れたエラーカテゴリを使用してログを検索して調べることができます(NullPointerException =アプリケーションエラー)
  • エラーカテゴリで機械学習を自動的に行います

 

ラベル

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log4-4216793.png

 

関連する用語

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log5-4216794.png

 

OOTBログソースのラベル

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log6-4216795.png

 

すべてのエラー傾向のサマリ

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log7-4216796.png

 

問題のイベントを特定

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log8-4216797.png

 

平易な言語分析:ログソース間

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log9-4216798.png

 

クラスタリングと組み合わせた言語解析

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log10-4216799.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log11-4216800.png

 

プロブレムログダッシュボード

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log12-4216801.png

 

インラインアラート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log13-4216802.png

 

インラインアラートルールを定義する方法

  • Administration→Alert rules
  • Service - > Log Analytics
  • [Create Alert Rule]をクリックします。
  • 「Real-time」ルールを選択
  • 「target type」を選択するラベルを選択する[which will be generated by some Source/Label condition matching during log upload]
  • sourceを指定する(オプション)
  • email addressを指定する
  • ルールを保存する

 

ターゲットと保存された検索アラートとの関連付け

  • 通常、保存された検索アラートは、保存された検索エンティティタイプに関連付けられます。ただし、アラートに応答してエンティティに対するアクションをトリガするには、アラートを特定のエンティティに関連付ける必要があります。
  • 例えば、 'Entity Type' = 'ホスト(Linux)' | エンティティごとの統計数

 

画面の変更

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log14-4216803.png

 

新しいターゲット

PeopleSoftのターゲット:

  • Oracle PeopleSoft Application Server
  • Oracle PeopleSoft Internet Architecture
  • Oracle PeopleSoft ProcessScheduler
  • Oracle PeopleSoft System
  • 注意:「Oracle PeopleSoft」は廃止されました。

 

SAPターゲット:

  • SAP system
  • SAPNW Application Server Instance
  • SAPNW Application Server JAVA Server Process

 

検索結果のダッシュボードへの直接保存

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log15-4216804.png

 

ダッシュボードへのクラスタ分析の追加

コンテキスト内でLog Explorerに戻ることができます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log16-4216805.png

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/security12-3960206.pngSecurity and Monitoring Analytics

IDCS(アイデンティティ・コンテキスト)構成用のSMA Admin UI

IDCSインスタンスに接続してIDコンテキスト情報を自動的に取得できる新しい管理UIが追加されました(セキュリティ管理 - > IDコンテキスト)。これにより、ユーザー・データをSMAにインポートするための、より簡単でよりシンプルなユーザーエクスペリエンスが提供されます。UIは、作成、編集、有効化、無効化、削除、即時アップロード、およびステータスの監視をサポートしています

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma1-4216806.png

 

ドメインダッシュボード

"セキュリティインテリジェンス"用のドメインダッシュボードが追加されました。このダッシュボードは、リアルタイムの脅威インテリジェンスを活用してSMAが行う豊富な情報に基づいて、疑わしい悪意のあるアクティビティやトラフィック、その他の関連するセキュリティ情報を表示するウィジェットを提供します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma2-4216807.png

 

UIワークフローナビゲーションの改善

ポップアップで「前」ボタンと「次へ」ボタンを使用して、脅威リストをブラウズすることをサポートしています。これにより、SOCアナリストが脅威をブラウズするために必要なクリック数が削減されます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma3-4216808.png

 

(Back to Top)

 

OMC Common Features

 

Entity Mapは現在100万以上のエンティティをサポート

また、Firefoxで300個のエンティティを表示する際の制限も修正されています。層ごとに集約されたビューを示します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common1-4216782.png

コストセンターなどの他のディメンションで集計することができます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common2-4216783.png

グループ化の次のレベルまでドリルダウンし、最後にエンティティにドリルダウンできます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common3-4216784.png

 

Data Explorerのラインチャートでのシンプルな算術演算のサポート

フィールドの定数または別の構成フィールドへの乗算および除算をサポートします。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common4-4216785.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common5-4216786.png

 

(Back to Top)

 

OMC Platform Features

 

OMCとServiceNowの統合

  • OMCアラートとServiceNowインシデント間の双方向統合を提供
  • 主な特徴
    • すぐに使えるサービス、統合チャネル
      • ServiceNowチャンネル作成用のチャンネル設定UI
    • アラートルールに基づいたServiceNowインシデントチケットの自動作成
    • 双方向アラートとインシデントの更新
      • ServiceNowとOMCアラート側のチケットとアラートのアップデートの手動同期
      • OMC TicketおよびServiceNowチケットのパラメータ/フィールドの更新に関する継続的および自動同期を将来的にサポート
    • OMCアラートでのインシデントの詳細の表示
    • ライフサイクル変更の更新と同期
      • OMCのServiceNow対応アラートでのインシデントチケットのクローズ

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat1-4216904.png

 

OMC Mobile Androidのリリース

  • Androidベースのデバイスのサポート
  • 既存の機能をすべてサポートします
    • アラートフィルタに基づく重要なアラートのプロアクティブなモバイル通知
    • 滑らかなナビゲーションワークフロー
      • アラート - >アラートの詳細 - >エンティティの詳細
  • アラートおよびリソースエンティティの詳細ページ
    • OMCで使用可能なすべてのサービス・データを対象とする
  • OMC環境インベントリを横断したヘルスビュー
  • モバイルデータ使用量を削減するための低帯域幅モードのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat2-4216905.png

 

(Back to Top)


Oracle Management Cloud 17.4.5 ニュースレター

2017年12月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

17.4.5 リリースに関するアナウンス:

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

新しいエンティティタイプのサポート

Infrastructure Monitoringは新しいエンティティタイプのサポートを拡大し続けています。

  • Microsoft IIS
  • Oracle Unified Directory(OUD)
  • Oracle Access Manager(OAM)
  • Oracle Internet Directory(OID)

 

APMで追加されたTomcatとWebLogic Serverの統合ディスカバリ

APMエージェントによって検出されたTomcatおよびWebLogic Serverは、クラウドエージェントによって自動的に追加(発見)され、インフラストラクチャ監視でこれら同じアプリケーションサーバーを監視できます。この統合ディスカバリを有効にするために、ユーザーは、資格情報を監視し、これらのアプリケーションサーバーを監視するために使用されるクラウドエージェントを識別するワンタイム構成を行います。構成が完了すると、APMエージェントがTomcatまたはWebLogic Serverを追加するたびに、統合ディスカバリによって、指定されたクラウド・エージェントに監視対象として同じアプリケーション・サーバーを追加できます。その時点で、クラウドエージェントはInfrastructure Monitoring用のこれらのアプリケーションサーバーの監視も開始します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra1-4112082.png

 

エンティティホームページ:パフォーマンスチャートの強化

エンティティホームページには、エンティティの主要なパフォーマンスチャートが表示されます。ユーザーは、これらのパフォーマンス・チャートに任意のメトリックのセットを表示することが選択できます。いくつかのメトリックでは使用できるデータがないシナリオがあります。たとえば、ユーザーがコンプライアンス機能を使用していない場合、コンプライアンス・メトリックに使用できるデータはありません。ユーザーがパフォーマンスチャートに適したメトリックを選択できるように、メトリックにメトリックデータが使用可能かどうかを示すビジュアルインジケータがUIに表示されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-4112094.png

 

エンティティホームページ:ベースライン/アノマリの強化

エンティティホームページの[パフォーマンス]タブには、パフォーマンスメトリックの主要なサブセットのベースライン/アノマリが表示されます。このリリースでは、このサポートがカスタムメトリックを含むすべてのメトリックに拡張されました。これは、カスタムメトリックやユーザー定義のメトリックを含むすべてのメトリックの異常を検出してパフォーマンスチャートに表示することを意味します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra3-4112104.png

 

メトリック相関を使用したアラートのトラブルシューティング

アラートのトラブルシューティングでは、関連するエンティティからのメトリックを参照することで、アラートの潜在的な原因を特定する必要がある場合があります。たとえば、エンティティのレイテンシの問題は、それが依存する基盤となるエンティティのリソース不足によって引き起こされる可能性があります。このトラブルシューティングプロセスを支援するため、このリリースでは新しいメトリック相関機能が追加されています。具体的には、アラートを見るとき、ユーザーは「関連メトリック」タブに移動して、アラートが発生したメトリックとの相関性が高いメトリックを表示できます。これは、アラートの潜在的な原因を特定する際に、ユーザーがフィールドを絞り込むのに役立ちます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra4-4112116.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

リンクを使用したログレコードの分析

Linkコマンドを使用すると、選択したグループ化フィールドに基づいて、ログソースの個々のログレコードをグループにまとめて、ログイベントの高度な分析を実行できます。ユーザーは、異常または潜在的な問題を検出するための異常なパターンを観察するために、同じフィールドまたは追加フィールドを使用してグループを分析できます。Linkコマンドは、さまざまなユースケースに使用できます。たとえば、ビジネス・アプリケーションからの個々のログ・レコードをリンクしてビジネス・トランザクションを統合することができます。グループは、Webアクセスログからユーザーセッションを合成するためにも使用できます。これらのリンクされたレコードが生成されると、異常な挙動を分析することができます。異常な挙動の例:

  • ビジネストランザクションが異常に長く実行されているか、失敗している
  • 大量のデータを通常よりもダウンロードしているユーザーセッション

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log1-4112131.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log2-4112175.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log2-4112175.pnghttp://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log3-4112189.png

 

Ubuntuのサポート

Ubuntuをサポートするために、すぐに使用できるログソースリストに「Ubuntu Secure Logs」および「Ubuntu Syslog Logs」と呼ばれる2つの新しいログソースが追加されました。

 

デバッグのためのParserテストの改善

パーサービルダーテストの一環として、パーサーをテストし、パーサのどの部分が以下のように壊れているかを簡単に示すことができます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log4-4112202.png

 

ダッシュボードへのテーブルとレコードのウィジェットの保存

ユーザーは以下のように「テーブル」と「レコード」ビジュアライゼーションをダッシュボードに保存できます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log5-4112216.png

 

WHEREコマンド

whereコマンドを使用して、式の値をtrueまたはfalseに計算します。

  • •構文:* | どこで
  • •例:
    • - * | 重大度=致命的
    • - * | length(URI)> = 40

Earliest() - latest()関数

指定されたフィールドの最も古いものと最新でないものを返します。

  • 構文:... | stats最も早い(フィールド)
  • 構文:... | 最新の統計情報(フィールド)

注:ユーザーは、同じ方法で "timestats"コマンドでこれらの機能を使用することができます

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/ita-3433724.pngIT Analytics

2つの新しいITAアプリケーションのリリースの発表を嬉しく思います。

  1. Exadata Analytics
  2. SQLパフォーマンス分析

 

Exadata Analytics

  • パフォーマンスとキャパシティを統合したExadata Compute、Storageインフラストラクチャ、およびデータベースワークロード用の新しいアプリケーション
  • 積極的な計画に基づいてキャパシティを最適化することで、Exadataの顧客ROIを向上
  • 共有Exadataインフラストラクチャで実行される重要なワークロードのパフォーマンスを可視化

 

Exadata Analyticsは、以下のユースケースを解決します。

  • クリティカルなExadataデータベース・マシンの識別
    • 30〜90日でキャパシティ・ヘッドルームに達するサーバー
    • 機械学習に基づく予測分析
  • 新しいワークロードのための空き容量の特定
    • 利用可能なリソースを持つサーバーを特定する
  • リソースタイプ別のトップデータベース
    • リソースタイプ(CPU、メモリ、I / Oおよびストレージ)別にリソースを消費する最上位のDBを特定

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita1-4111949.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita2-4111948.png

 

Exadata Analyticsアプリケーションの特長は次のとおりです。

  • 30/90/180日で容量に達するかもしれない重要なExadataシステムを特定する
  • Exadataシステムの現在のリソース使用率の概要
  • どのCPU /メモリ/ IOリソースが容量のボトルネックかを把握する
  • Exadata上でリソースを消費する上位のDBを特定する
  • キャパシティに達する可能性のあるホストを特定する
  • 関連ITAアプリケーション分析の統合
    • ホストリソース、データベースリソース、DBパフォーマンスの洞察
    • 詳細な分析のために、関連するITAアプリケーションへのシームレスなナビゲーションを提供

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita3-4111925.png

 

Exadata Analyticsアプリケーションは、サーバーの残存キャパシティを特定します。

  • 将来キャパシティがなくなるキャパシティ・ボトルネックのサーバーを特定する
    • システム上で実行されているデータベースはプロビジョニングが不十分で、パフォーマンスが低下する可能性がある
  • キャパシティボトルネックの解決
    • 高いリソース消費しているデータベースの再配置
    • 悪いSQLによるCPU使用率の増加を確認する
    • サーバーの追加を検討する

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita4-4111903.png

 

Exadata Analyticsアプリケーションは、使用可能なキャパシティのサーバーを識別します。

  • 既存のワークロードを新規または移行するために使用可能なキャパシティが最も多いサーバーを特定する
  • 使用可能なキャパシティが最も多く、現在および将来のリソース使用率が低いサーバー
  • 6ヶ月後の推定使用状況の傾向および予測分析に基づく洞察

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita5-4111885.png

 

SQL Performance Analytics

  • 多数のデータベースとアプリケーションにわたるSQLパフォーマンス分析
  • 問題領域でのSQLの自動分析と分類
  • 機械学習を用いたSQLパフォーマンスの体系的パターンの識別
  • データベースパフォーマンス分析に基づいてSQLパフォーマンスの問題を分析し、アプリケーションパフォーマンスの問題の根本原因を特定する
  • エンタープライズ全体で問題を特定し、アプリケーションのワークロードのパフォーマンスを向上させる

 

SQL Performance Analyticsアプリケーションの特長は次のとおりです

  • すべてのデータベースを通して問題のあるSQLを特定する
    • パフォーマンスが低下し、非効率であり、他とは異なる、実行計画が変更されるSQL
    • 問題を特定のデータベースとSQLにすばやく絞り込む
    • 最も注意を必要とするSQL
    • チューニングすると、アプリケーションのパフォーマンスが向上するSQL
  • 機械学習を使用してSQLパフォーマンスに固有の洞察を提供する
    • システム全体のSQLパフォーマンスの問題を明らかにする
  • CPUおよびIOによる上位SQLを使用した高負荷SQLの識別
    • Colorキーを使用してCPUおよびIO使用率が最も高くなっているSQL
    • 応答時間、平均アクティブセッション、1時間あたりの実行数によるスライスとダイス

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita6-4111869.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/security12-3960206.pngSecurity and Monitoring Analytics

トポロジビューに脅威数が統合

トポロジビューでは、アラートメトリックとともに脅威も表示されます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma4-4112952.png

 

別のウィンドウ/タブで脅威/ユーザー/アクティビティの詳細の起動が可能:

Threats / Users / Activity Listのエントリを右クリックし、ドリルダウンする代わりに新しいウィンドウまたはタブでページを開くことができます。これにより、作業中のコンテキストを保持し、ブラウザの戻るボタンの使用を避けることができます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma3-4112937.png

 

「Admin」ページへの読み取り専用アクセスの有効化

SOC AnalystはAdmin(管理)ページを読み取り専用モードで表示できるようになりました(相関ルール定義のチェックなど)。彼らは編集を行うことはできません - SOC Adminユーザーだけが変更を加えることができます。

 

ドメインダッシュボード

MySQLとDB2用のすぐに使用できるDomain Dashboardsが追加されました。ダッシュボードは、アクティビティおよびスタートアップ/シャットダウン別に上位10個のDBを表示するウィジェットを提供し、アカウントの変更、スキーマの変更を伴う上位10個のDBも表示します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma2-4112915.pnghttp://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma1-4112856.png

 

パーサーのサポート

Oracle OAM、OIDおよびOIMログのサポートが追加されました。

 

(Back to Top)

OMC Common Features

 

Data Explorer:カードの視覚化

各カードがエンティティインスタンスを表す複数のエンティティのデータを視覚化する新しい方法が提供されました。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common1-4111973.png

 

Data Explorer:データグリッドでのページネーションサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common2-4111990.png

 

Data Explorer:アラート分析

クローズしたアラートとオープンしているアラートを異なる次元で分析します。一定期間のクローズドバージョンのオープントレンドを参照してください。重大度によるディメンション分析を実行します。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common3-4112008.pnghttp://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common4-4112019.png

 

新しいOOBグループダッシュボード

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common5-4112031.png

 

エンティティカード:グループダッシュボードへのリンク追加

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common6-4112043.png

 

最近の使用時間を表示するタイムセレクタ

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common7-4112044.png

 

他のエンティティ表示のためのEntity Selectorのドロワー/スクロール

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common8-4112052.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common9-4112068.png

 

(Back to Top)

原文: Sending Data to Oracle Management Cloud

 

筆者は、お客様がOracle Management Cloud(OMC)サービスを導入するのをお手伝いしてきました。 OMCについて新規のお客様から最も頻繁に受ける質問の1つが、どのようにデータが収集されOracle Cloudに送信されるのかということです。オンプレミスまたはクラウドにインストールされたエージェントを使用してさまざまなデータ・ポイントを収集でき、Oracle Management Cloudの多くのサービスで使用できます。このブログでは、通信の発生ポイントを紹介し、データの入手先と使用方法を説明します。

 

すべての通信は、エージェントからOracle Cloud方向にのみ送信されます。インバウンド通信はありません。エージェントの通信はすべてHTTPS経由です。システムがインターネットに直接アクセスできる場合は、直接通信することができます。ほとんどのエンタープライズのお客様では、プロキシやファイアウォール/ ACLの変更を構成して、特定のサーバーやポート上での通信を可能にすることが多いです。

各テナントには、エージェントがアクセスする一意のURLがあります。通常、次のようになります。

https:// <tenant> .itom.management.us2.oraclecloud.com / *

例:
https://tenant1.itom.management.us2.oraclecloud.com/registry

 

OMCアーキテクチャ

 

エージェント

Cloud Agent

Cloud Agentは、さまざまなサービス(Log Analytics、IT Analytics、Infrastructure Monitoring)で使用されるログ、監視、パフォーマンスデータを収集します。このエージェントは、オンプレミスでもクラウドでも、ターゲットホスト上に配置されます。エージェントは、OMCに直接、あるいはプロキシやゲートウェイ(下記参照)を介して通信できます。

 

APMエージェント

Application Performance Monitoring(APM)を使用する場合は、アプリケーションが実行されているサーバーにAPMエージェントをインストールします。アプリケーションがJava、.Net、Node.js、Rubyのいずれであっても、エージェントはアプリケーションに関するパフォーマンスデータを収集してOMCに送信します。このエージェントは、直接またはプロキシ経由やゲートウェイ経由で通信できます。 APMがアプリケーション・ユーザーのブラウザからエンドユーザー性能情報を収集すると、そのデータは直接OMCに送信されます。

 

ゲートウェイ

The Gateway is an optional component and is used to buffer and send all data from Cloud Agents, APM Agents and Data Collectors to the Oracle Cloud.   This way, only one server has to have internet access.  Due to the amount of activity for buffering data, this may require a standalone machine as the CPU utilization can be up to 20% for large environments depending on the number of agents and volume of data being sent.

ゲートウェイはオプションのコンポーネントであり、Cloud Agent、APMエージェント、およびデータ・コレクタからのすべてのデータをバッファリングしてOracle Cloudに送信するために使用されます。この方法では、インターネットにアクセスできる必要があるサーバーは1台だけですバッファリングするデータの量によっては(ゲートウェイ用に)スタンドアロンのマシンが必要になる場合があります。これは、エージェントの数と送信されるデータの量によっては、大規模な環境ではCPU使用率が最大20%程度に達することがあるためです。

 

データコレクター

Oracle Enterprise Manager(OEM)がすでに構成されているユーザー向けのオプションとしてデータコレクターがあります。データコレクターは、OEMの監視ターゲットのプロパティ、アソシエーション、メトリック、インシデント、バージョン、追加の構成データなどを抽出し、これをOMCと共有します。データコレクタは、ゲートウェイ経由でOMCと通信します。複数のOEMが構成されている場合、複数のData Collectorを持つことができます。これは、組織、地理、またはライフサイクルの状況によってOEMが分離されている場合、データを1か所に統合する絶好の機会です。

 

Deployment

これらのエージェントのインストールは簡単です。お客様は、OMCからマスターインストールキットをダウンロードし、これをすべてのインストールに使用することができますインストールキットにはテナント情報が含まれており、インストール中にエージェントを認証するための登録キーを入力します。

ゲートウェイを介して通信するCloud Agentをインストールするためのサンプルインストールコマンド:

$ ./AgentInstall.sh AGENT_TYPE=cloud_agent AGENT_BASE_DIR=/u01/app/oracle/omc/cloud_agent GATEWAY_HOST=hostname.server.com GATEWAY_PORT=1840 AGENT_REGISTRATION_KEY=<tenant specific>

Downloading lama agent software ...
Generating emaas.properties ...
Extracting Agent Software ...
Installing the Agent ...
Registering the Agent ...
Downloading Certificates ...
Configuring the Agent ...
Cleanup temporary files ... 
The following configuration scripts need to be executed as the root user
#!/bin/sh
#Root script to run
/u01/oracle/omc/cloud_agent/core/1.12.0/root.sh

エージェントのメンテナンス

Oracle Management Cloudは毎月リリースされているアジャイル製品なので、エージェントも毎月更新される可能性があります。これは、エージェントを毎月アップグレードしなければならないわけではありませんが、四半期ほどごとにアップグレードすると、エージェントは良い状態に保たれます。エージェントをアップグレードする準備ができたら、エージェントの管理ページに移動して[アップグレード]を選択するだけです。これにより、エージェントは最新のエージェントをダウンロードし、アウトオブプレースアップグレードをシームレスに実行します。アップグレードが何らかの理由で失敗した場合、元のエージェントはアクティブのままです。エージェントを一括アップグレードするオプションもあります。


サマリー

ご覧のとおり、Oracle Management Cloudとの通信には、さまざまなニーズを満たすためのいくつかのオプションがあります。すべての通信はhttpsを使用し、直接またはゲートウェイ経由でクラウドと通信できます。追加情報をお探しの場合は、次の情報源を参考にしてください。

                                                                       

Oracle Management Cloud 17.4.3 ニュースレター

2017年11月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

17.4.3 リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

Infrastructure Monitoring

新しいエンティティタイプのサポート

今回のリリースで、Infrastructure Monitoringは以下の新しいエンティティタイプをサポートします。

  • Apache HTTP Server 2.2
  • JBoss
  • Linux Ubuntuのホスト監視
  • スタンドアロンCoherence Clouster
  • Amazon EC2 Container Service(クラウドエージェント経由)

 

UIベースのエンティティの追加

エンティティをOMCコンソールから追加できるようになりました。ユーザーは、エンティティを監視するためにクラウドエージェントに渡されるエンティティのアイデンティティ属性と資格情報を提供します。必要な情報は、omcliコマンドでエンティティを追加するときのJSONファイルに必要な情報と同じです。エンティティの追加時に、エンティティに対してタグを指定することもできます。UIベースのエンティティの追加で、エンティティを追加するためのより使いやすいオプションが提供されます。

 

以下のエンティティタイプで、UIベースのエンティティの追加がサポートされています。

  • Oracle WebLogicドメイン/サーバー
  • Oracle Database
  • Tomcat
  • Microsoft SQL Server
  • MySQL
  • Oracle Traffic Director 11g(OTD 12はOracle WebLogicの一部です)
  • Docker Engine(Docker Container)
  • Docker Swarm
  • 富士通サーバー
  • Kubernetes Cluster
  • NGINX

 

以降のリリースで、追加のエンティティタイプがサポートされます。Uベースのエンティティの追加には、少なくともバージョン1.23のクラウドエージェントも必要です。

 

エンティティホームページ:パフォーマンスチャートの強化

エンティティホームページには、エンティティの主要なパフォーマンスチャートが表示されます。今回のリリースでは、パフォーマンスチャートのレイアウトが新しいレイアウトに変更され、表示されるブラウザページ内のパフォーマンスチャートがさらに表示されました。これにより、エンティティのステータス、リソース、およびロード・パフォーマンス・メトリックの相関が容易になります。

(Back to Top)

Log Analytics

異常値検索に基づいたアラート

今回のリリース1.23では、条件タイプとして「Anomaly」に基づいた検索をアラートとして設定できます。保存されると、それはベースラインと比較されて、偽陽性のアラートを減らします。

Value()およびUnique()関数

ユーザーはValue()関数を使用して、フィールドに対応する値を表示できます。

例: ... | stats values(entity)

ユーザはUnique()関数を使用して、フィールドに対応する一意の値を表示できます。
例: ... | stats unique(severity)

注:どちらの関数も "Timestats"コマンドでも使用できます。

 

"Eval"コマンドの "Trim"機能

trim(string) - 両端からスペースとタブを削除する
trim(string、character) - 両端から一致する文字を削除する
ltrim(string、character) - 左から文字を削除する
rtrim(string、character) - 右から文字を削除する
例: ... | eval s = ltrim(user_name、 '#')

 

正規表現で隠れている文字を表示(Create Parser)

Parser Expression(式)では、隠れた制御文字が表示されるため、ユーザーはパーサが機能しない理由を知ることができます。

(Back to Top)

Security and Monitoring Analytics

ドメインダッシュボード

ファイアウォール用のドメイン・ダッシュボードは設定なしですぐに使用できます。DNSとOracle Database Securityが利用可能です。

 

相関ルールブラウザ/エディタ

セキュリティ管理者またはアナリストは、すべての標準で提供された相関ルールを相関ルールブラウザ(SecurityAdmin-> CorrelationRules)で表示できます。また、相関ルールブラウザのUIでこれらの相関ルールのパラメータを変更することで相関ルールをカスタマイズできます。

 

新しいホストルール

ホストログに関連付けられた脅威を検出するための5つの新しい相関ルールが追加されました。これらのルールは、 - DirectRootLogin、LocalAccountCreation、MultipleFailedSu、MultipleFailedSudo、SuspiciousSuLoginです。ルールの詳細は、相関ブラウザ(SecurityAdmin-> CorrelationRules-> Host)で確認できます。

 

ウォッチリストのUI

新しいウォッチリストを作成したり、ウォッチリストにメンバーを追加または削除することができるUIが追加されました。

(Back to Top)

 

OMC Common Features

 

EntityMap:層別のデフォルト集計

EntityMapが拡張され、さまざまな次元でグループ化されました。現在は、デフォルトで各層によって集計されています。

 

タイムセレクタ:カスタム期間の新しいデザイン

タイムセレクタは、カスタム期間を選択すると、開始時刻と時刻の値が異なるカレンダーを表示するように再設計されました。

 

エンティティカード:タグとアプリケーションを表示

エンティティカードは、アプリケーション、グループなどのすべてのタイプの複合エンティティを表示するように拡張されました。エンティティに関連付けられたタグも表示されます。

 

データエクスプローラで複数レベルの集計が可能

データエクスプローラでは、キーベースのメトリックのマルチレベル集約が可能になりました。

(Back to Top)

 

エージェントの新機能


エージェントのダウンロードとデプロイメントの改善

以下の点が改善されました

  • エージェントのダウンロードとバイナリ
    • OMCのエージェントDownloadページ
    • テナントに依存しないエージェントインストールバイナリ
  • 拡張されたエージェント・インストール
    • プレインストール・チェック
    • レスポンスファイル
  • インストール時のエラーメッセージの改善

 

エージェントのインストールとバイナリ

エージェントのバイナリZipファイルはテナントとデータとの関連はなく、プラットフォーム固有です。

  • 一度ダウンロードすればどこにでも展開可能

CURLとUNZIPの依存関係はありません

  • OMC エージェントのインストールパッケージは必要なコンポーネントの完全なセット

強化されたエージェント・バイナリダウンロードUI

  • インストーラ/エージェント・ソフトウェアは、Oracle Management Cloud UIまたはAPI(自動化用)を使用してダウンロードできます。
  • エージェントのバイナリを取得するためのラウンドトリップは不要 - 低帯域幅接続をサポート

 

エージェントのインストール

最小パラメータでサポートされるサイレントエージェント・インストール(4)

エージェントバイナリzipファイルに含まれるレスポンスファイル(RSP)

  • RSPファイルの更新(1回のアクティビティ)
  • RSPファイルとコマンドラインパラメータの併用をサポート
  • エージェントの種類を自動的に計算する
  • すべてのエージェントの種類とバージョンに対応
  • 必須パラメータとオプションパラメータの一覧表示
  • 例とともに使い方が一目瞭然

RSPファイルのカスタムロケーションのサポート(nfs共有)

インストールを開始する前にpre-reqチェックを実行する機能

 

エージェントのインストールエラーメッセージ

エージェントのインストールエラーコードが生成されます。

例:

  • OMCAGNT-1xxxx:すべてのパラメータ(パラメータの検証、必須パラメータの検証、オプションのパラメータの検証、および複数パラメータの組み合わせの検証)に関連するエラー条件
  • OMCAGNT-2xxxx:すべてのホスト関連の検証
  • OMCAGNT-3xxxx:すべての接続関連の検証

エラーメッセージは、ユーザーが実行可能な手順でわかりやすいよう改善されました。

 

改善されたエラーメッセージ - 例

(Back to Top)

                                                                       

Oracle Management Cloud 17.4.1 ニュースレター

2017年10月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

17.4.1 リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

REST Webサービスのためのシンセティックテスト 

私たちはAPMユーザーにシンセティックモニタリングでRESTサービスを監視することができる機能を提供できることを誇りに思います。モダンなアプリケーションは、ビジネスに不可欠なサービスのパフォーマンス、可用性、および機能であるWebサービス上で実行されます。Webサービスのパフォーマンスを監視してください、機能を検証することで、ユーザーが知る前に問題を特定し、迅速に対処します。

マニュアルUsing Application Performance Cloud ServiceのDefining Synthetic Testsを参照してください。

 

アプリケーションサーバーのJFRデータ収集

10月にリリースされたAPMはAPMインタフェースからJava Flight Recorder(JFR)イベントのコレクションをトリガすることができます。問題が発生し、診断データが必要な場合はAPMを使ってJFRでJVMのパフォーマンスを深く把握してください。

マニュアルUsing Application Performance Cloud ServiceのCollecting JFR Data for an Application Serverを参照してください。

 

トポロジフローの機能強化

アプリケーションを参照し実行パスにドリルダウンしてください。トポロジビューは今実行フローの一覧を表示します。あなたは、実行ビューを右クリックして、詳細を表示することができます。ここから、さらにサーバリクエストたはページの詳細を表示するように選択することができます。

マニュアルUsing Application Performance Cloud ServiceのViewing Topologyを参照してください。

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

エンティティホームページ:パフォーマンスチャート

エンティティホームページは、エンティティのための主要なパフォーマンスチャートを表示するように設計されています。ユーザーは、エンティティのホームページの[パフォーマンス]タブのメトリックを選択してページをカスタマイズすることができます。本リリースでは、メトリックを選択する際に、メトリックカテゴリからユーザーがメトリックを選択することができます。例えば、ユーザーがリソースの問題を監視する場合、リソース使用率のメトリックのリストをフィルタリングするためにUtilizationカテゴリを使用することができます。パフォーマンスチャートのユーザーのカスタマイズは、ユーザーごとに、エンティティタイプごとに保存されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra1-3960618.png

 

エンティティホームページ:関連エンティティ

エンティティのホームページの[関連するエンティティ]タブは、特定のエンティティに関連付けられているすべてのエンティティを示します。これは、可能性がある根本原因やエンティティのパフォーマンス問題に関連する影響を理解するのに便利です。本リリースでは、[関連するエンティティ]タブには、関連するエンティティの主要なパフォーマンス指標を表示するように拡張されました。これによりユーザーがページを離れることなく、これらの関連するエンティティの現在のパフォーマンスを評価することができます。 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-3960619.png

 

タグに基づいたエンティティの検索

タグは、エンティティに操作上のコンテキストを提供できるようにします。たとえば、エンティティの関連する事業内容やそれが属する環境のタイプ(本番環境、ステージング、テスト環境など)を指定するためにタグを使用することができます。本リリースでは、エンティティのページでタグに基づいてエンティティを検索することができます。 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra3-3960620.png

また、タグは、エンティティのコンフィギュレーション情報の一部として表示されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra4-3960621.png

 

アラートのウェブフック通知チャネルのサポート

ウェブフックを統合し、サードパーティシステムとの警告を共有する方法を提供します。ウェブフックはアラートについてユーザーに通知したり、オープンJIRAチケットなどの他のアラート管理アクションをサポートするために使用される外部システムへのHTTPポストです。ユーザーはサードパーティシステムにアラートのコンテキストに渡すために、関連する情報をウェブフック通知チャネルで構成することができます。 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra5-3960623.png

ウェブフックチャネルが設定されると、通知チャネルの別のタイプとして、アラートルールで使用することができます。アラートがトリガーされると自動的に起動されます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra6-3960624.png

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/ita-3433724.pngIT Analytics

ホストリソース分析:トップにホストされているエンティティのマッピングを可視化

本リリースでは、サーバーごとに、トップでホストされているエンティティを識別する能力を持っています

  • CPUやメモリリソースをトップ消費しているエンティティ(データベース/他のエンティティ)を確認します

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita1-3960625.png

 

ホストリソース分析:仮想プラットフォームからVMへのマッピングのサポート

仮想化環境では、仮想プラットフォームからVMへのマッピング、つまり特定の仮想プラットフォーム上で実行されているVMを表示できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita2-3960626.png

 

データベースリソース分析:データベース・インベントリの可視化 

  • 本リリースでは、DBリソース分析は、データセンター環境で実行されているDBの数を検出する機能をサポートしています
  • DBリソース分析では、リソースの使用率が高いまたは低いサーバー上のDBを見つけることができます。 http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra3-3960620.png

 

データベースリソース分析:DBのリソースを消費しているトップを識別

  • 本リリースでは、CPUやメモリリソースをトップ消費しているDBを識別できます。
  • 本リリースでは、リソース使用量で最も成長しているをDBを識別することができます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita3-3960627.png

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

ジオロケーション

ユーザーは新しいマップウィジェットを使用して、クライアントコーディネート、クライアントホストコンチネント、クライアントホストコンチネントコード、クライアントホストカントリー、クライアントホストカントリーコード、クライアントホストシティ、クライアントホストリージョン、またはクライアントホストリージョンコードによってイベントをグループ化して表示できます。

 

統一された監査ビューの新しいOOTBコンテンツ

統合監査証跡用にOracle DB Audit Log Source Stored in Databaseというログソースが提供されています。

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orches12-3960211.pngOrchestration

私たちは、Oracle Management Cloudの統合クラウド・サービス・スイートに最新で追加されたOrchestration Cloud Serviceを紹介することを誇りに思っています。Orchestration Cloud Serviceを使用すると、ホスト上でスクリプトを実行したり、Webサービスエンドポイントを1か所から呼び出すワークフローをスケジュールしたり、追跡したりすることができます。オンプレミスおよびクラウドインフラストラクチャ全体にわたる定期的な保守タスクをスケジューリングする予定の管理者、スケジューラをアプリケーションに統合しようとする開発者にとって理想的です。主な機能は次のとおりです。

 

    • ヘテロジニアスエンドポイントはオンプレミス(エージェント)とクラウド(REST)エンドポイントの両方をサポートします
    • スケジュールワークフロー実行は、事前に定義されたスケジュールに基づいて1回限りの単純な実行から複数の繰り返し実行までのタスクを実行するようにワークフローの実行をスケジュールします。
    • Log Analyticsとの統合によるワークフローログの保持により大規模なクラウド展開におけるタスク出力の効率的なトラブルシューティングと分析が可能になります。
    • プロアクティブで柔軟なアラートにより、ステータスの変更や実行の問題を通知できます。
    • トポロジを意識したワークフローの実行は、実行時に最新のアプリケーショントポロジに基づいて実行計画を自動的に変更することで、動的なアプリケーションの展開をサポートします。
    • 専用のダッシュボードは、ワークフロー実行のステータスと結果を1か所から可視化します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/orchestration2-3960637.png                 

(Back to Top)

 

OMC Common Features

 

拡張ウィジェットの選択

OMCは、ウィジェットを選択するための強化された方法を提供することにより、ダッシュボード作成者のユーザーエクスペリエンスを向上させました。これで、作成者によるウィジェットと他のテナントユーザーによるウィジェット、OOBウィジェットが分類されます。また、データエクスプローラやログエクスプローラなどのウィジェットのソースも提供します。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui1-3960629.png

 

ウィジェットタイトルからダッシュボードとその他のOMCページへのリンク

OMCでは、Dashboardの作成者がウィジェットから別のカスタムダッシュボードまたはOMCページへのリンクを作成できます。たとえば、APMホームページまたは別の顧客ダッシュボードへのリンクを作成できます。ユーザーはウィジェットのタイトルをクリックして目的のページに移動できます

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui2-3960630.png

 

テキストウィジェット - 画像、リンクの追加

OMCでは、Dashboardの作成者はダッシュボードにTextウィジェットを作成できます。テキストウィジェットには、画像、情報テキスト、または別のページへのリンクを含めることができます。顧客はこのウィジェットを使用して独自のブランドイメージを追加できます

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui3-3960631.png

 

お気に入りへのダッシュボードの追加

OMCでは、ユーザーがお気に入りにダッシュボードを追加できます。ダッシュボードがお気に入りとして追加されると、ダッシュボードメニューにお気に入りのダッシュボードが表示されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui4-3960632.png

 

エンティティマップ - エンティティを大規模に管理するのに役立ちます

エンティティマップを使用すると、多数のエンティティを視覚化し、自分の健康状態を可視化できます。エンティティマップは、エンティティコンテキストが選択されていない場合はグローバルコンテキストバーのトポロジアイコンを使用して呼び出すことができます。ユーザーは、ティアトポロジビューからエンティティマップビューに切り替えることができます。ユーザーは、階層、エンティティタイプ、場所、コストセンターなど、いくつかの次元でスライスしてダイスすることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui5-3960633.png

 

ティアトポロジ - より多くのエンティティを表示

階層トポロジでは、同じタイプの44個のエンティティが1つの階層に表示されるようになりました。これまでは階層内に14のエンティティのみを表示するという制限がありました。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui6-3960634.png

 

エンティティカード - エンティティが属するアラートとグループを表示します

    • エンティティカードが新しいブラウザタブで開かれるようになり、ユーザーが問題の分離ワークフローでコンテキストを維持できるようになりました
    • エンティティカードは、エンティティに対して生成されたアラートを表示するようになりました。また、特定のエンティティが属しているグループも表示されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui7-3960635.png

 

データエクスプローラ:折れ線グラフの欠落データ表示

データエクスプローラは、ギャップを表示する代わりに、線グラフで点線を使用して不足しているデータを明確に表示するようになりました

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ui8-3960636.png

 

(Back to Top)

                                                   

原文:Oracle Announces: Industry’s First Intelligent Security and Management Suite (Oracle Cloud Security blog)

 

本年のOracle OpenWorldで、ラリー・エリソン氏が2つの新しいクラウドセキュリティソリューションについて語りました。その要約は以下のプレスリリースで公式に発表されています。ラリーが強調しているように、競合の製品は、脅威の複雑さ、脅威の速度と規模、分析する規模と応答時間に対処しておらず、効率とROIも持ち合わせていません。

攻撃と脅威に関する統計は、「ホッケースティック」曲線(訳注:平らな期間を経たのち急激に上昇する曲線)を描いています。攻撃の頻度が「スティック上(平らな部分)」である限り、より多くの人力を投じることによってそれを管理し、人為的ミスが大きな問題を引き起こさないことを願うことができます。この考え方の問題は、我々は過去数年間、「ブレード(急上昇の部分)」の中でうまくやっている中、世界的に言えば攻撃と脅威の発生割合が分析と対応の能力を超えて急上昇しているということです。オラクルはこれがもう人手で対処する問題ではないと考えました。

「オラクルは、次世代のサイバー・セキュリティおよびシステム管理ソリューションを定義して提供するための多年にわたる投資を基に、業界初のクラウド・ネイティブでインテリジェントなセキュリティおよび管理スイートを発表しました。 Oracle Identity Security Operations Center(SOC)のサービス・ポートフォリオとOracle Management Cloudの統合スイートは、サイバーセキュリティの脅威を予測、削減、検出、解決し、アプリケーションおよびインフラストラクチャのパフォーマンスの問題を改善するための活動に役立ちます。 」

 

その結果、Oracle Security Monitoring and Analytics Cloud ServiceOracle Configuration and Compliance Cloud Serviceの2つの新しいセキュリティクラウドサービスが開始されました。これらのサービスのそれぞれは機械学習、人工知能および自動化によって強化されており、今日の大きな課題 - セキュリティチームがシステム構成とコンプライアンスの要件を遵守しながら効果的に分析し評価することが不可能 - の多くに対処します。

 

オラクルは、Oracle CASB Cloud Serviceの主要なアップデートも発表し、脅威の検出とデータ保護機能を追加しています。 Oracle CASB Cloud Serviceは新しい情報漏えい防止機能を組み込み、構造化データおよび非構造化データの両方に高度なデータ・セキュリティを提供し、新しいマルウェア対策およびランサムウェア対策の機能や、Identity SOCポートフォリオとの分析結果の共有機能により脅威の予防を改善します

フル・プレス・リリースおよびオラクルのクラウド・セキュリティ製品の詳細については、ここ
をクリックしてください。

システムに問題が発生したとき、ログから調査を進めていくのは常套手段です。

調査を迅速にとはいうものの、ログは大抵大量で、

一部だけ値が違って後は一緒など区別が難しかったり

複数行で構成されていたり

 

直接問題と関係のない正常なログも出力されているので、

 

11行目で追いかけるのは骨が折れる作業です。

数値のログだと目視は厳しいのでexcelに投入して視覚化するという手間をかける場合もあります。

 
また発覚したところがアプリケーションでも問題の原因はデータベースということもありますので、横断的にもログを収集し確認をしていく必要があります。

つまり、ログから有効な情報を抽出するには手間も時間もかかるということです。

もし、これを人間の代わりに機械が自動的に行うならどうでしょうか?機械は大量の情報を扱うことに長けています。

ログ分析にかかる時間、作業量は減少し、問題解決の高速化、省力化が期待できるでしょう。

 

しかし、機械が人間と同じようにログ内容を判断するには、ログエントリの類似性や異なる点を認識できなければなりません(パターン認識)。

それを可能にしたのが「機械学習」です。

 

「機械学習」はデータを基にシステムが自ら学習することで、その中から意味のあるパターンやルール、相関関係などを自動的に抽出してモデルを作成し、

新たなデータに適用していくテクノロジーです。コンピュータの性能向上で自動的に大量のデータで複雑な計算を高速に繰り返して扱えるようになり、

精度が高い機械学習が実現できるようになり、注目を集めています。

 

機械学習の学習手法は大きく分けて教師なし学習と教師あり学習があります。前者は正解/不正解のようなラベルを付与したデータ(教師データ)を与えて

モデルを作成させる方法です。後者はラベルが付いていない対象とするデータ自体から規則性を見つけて、モデルを作成させる方法です。

 

ログの場合、どちらの学習手法が適切か考えてみます。

ログの出力パターンはすべて決まっているとはいえません。これまで発生したことがない未知のパターンもあります。

そうなると正常な状態といった教師データの作成は難しく、教師あり学習より教師なし学習のほうが向いているといえそうです。

 

教師なし学習の1つにクラスター分析があります。クラスター分析は対象データから類似性を認識して分類する方法です。

例えば

 

このアクセスログは21万件以上あります。

人間が分析しようとすると大変ですが、機械ならクラスター分析で瞬時に出力されているログの傾向、出力回数を知ることができます。

 

 

 

184パターンに分類されました。

では例外的なログはどうでしょうか。Outfilers(外れ値)で確認しましょう。

 

 

31パターンありました。チェックしたログがどの時間帯に出力されているか視覚的にも確認できます。

これなら正常なログを除外し、例外的なログを知ることも簡単ですね。

 

Oracle Management CloudLog Analyticsは、クラスター分析を効果的に組み込みログ分析の作業量を大幅に削減します。

「機械学習」を活用したログ分析で障害対応のスピードアップを実現しましょう。

                                                                                                                                                     
Oracle Management Cloud 17.3.5 ニュースレター
2017年9月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

17.3.5 リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

エンドユーザー性能監視(EUM) ・エージェントのデフォルトモードが「Correlation」に。UIからEUMの有効化・無効化が可能に。

EUMのデフォルトのデプロイメントオプションが変更されています。 以前はすべてのエージェントでオンになっていました(リファレンス・インジェクション・モード)。今月からはユーザーは選択的にインジェクションを有効にします(デフォルトでは「相関」モード)。以前のバージョンでも、APMエージェントのスタートアップファイルでEUMの有効化または無効化を制御することはできます。17.3.5以降ではUIを使用した有効化・無効化の制御も可能です。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm1-3880055.png

 

インタラクティブなフロートポロジー 

リクエストフローが表形式でも表示されるようになりました。 ページまたはエンドユーザーの問題を引き起こしている遅延フローの診断ができます。

ハイレベルフローを見ながらどこでアプリケーションページが遅くなっているのか、またアプリケーション全体に影響を与えているのかを理解できます。エンドツーエンドでフローを見ながら、それぞれのリクエストの細部まで掘り下げることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm2-3880056.png

 

 

エンドユーザー性能監視(EUM) - ページ名およびAjaxコール名のカスタマイズ

ページおよびAjaxコールを目的のグループ/カテゴリに分類できる管理オプションが追加されました。
ページおよびAjaxコールをレポートするときに、URLとページタイトルを使用して分類が行われます。多くの場合、URL構造はtravel / deals / europe / franceなどの機能レベルの階層を意味します。ただし、Siebel、ADF、Peoplesoft、OMCなどのフレームワークでは、コンポーネント、モジュール、アクティビティなどの概念はURLから導出できません。 OMCは、これらのフレームワークからの関連情報に基づいてページおよびAjaxコールをレポートする機能を提供します。たとえば、ADFアプリケーションはモジュールとコンポーネントで構成されています。要素にはビューIDがあります。この情報は、Javascriptコード内でページ単位または呼び出し単位でアクセスできます。最終的にページビューはトップレベルに分類されます。モジュールごと、次にコンポーネントごと、最後にビューIDごとに表示されます。Ajaxコールも同様にレポートできるようになりました(従来は呼び出し元ページに基づく分類)。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm3-3880057.png

 

IPアドレスのマスキング

APM管理ページにオプションが追加され、エンドユーザブラウザから収集されたIPアドレス情報に基づく位置情報を削除できます。

一部の政府機関は、プライバシーデータを収集しているかもしれないと疑われることさえ防止するために、ユーザーの場所に関する情報を保存することを望まない場合があります。 ユーザーのIPアドレスの収集は個人識別データと厳密には関連していませんが、一部の顧客はこの情報を収集したり保管したりすることは望ましくないと考えます。 この情報を持たないということはまた、APMで位置に関する情報が全くなくなることを意味します。このオプションがテナントに対してアクティブ化されると、このデータはOMCプラットフォームのどこにも格納されなくなります。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm4-3880058.png

 


HARレポートからサーバーリクエストサンプルデータへのドリルダウン

シンセティックテストの画面でエンティティを選択すると、「インスタンス」タブでHAR(httpアーカイブファイル)を参照することによりテスト実行の詳細なレポートを作成できます。本リリースからはさらに、サーバーリクエストサンプルにドリルダウンができます。

APMエージェントによって監視されているアプリケーションに対してシンセティックテストを設定しているとします。そしてテストが失敗したか、テスト中の一部のリソースが非常にゆっくり読み込まれているとします。 HARのウォータフォール型レポートから、問題はネットワーク接続ではなく、実際には単一の要求の応答が遅かったり間違っていることが判明しました。 サーバ側で何が起きたのか調べる必要があります。 リソースの名前がリンクになっている場合は、サンプリングされたAPM Server Requestデータまでドリルダウンできます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm5-3880059.png

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm6-3880060.png


            

(Back to Top)

                                   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

 

新エンティティタイプのサポート

本リリースでも、Infrastructure Monitoringは新しいエンティティタイプのサポートを拡張します:              

  • Zookeeper
  • 一般的なL2-L3 Switch     

                        

Microsoft SCOM連携: Active Directory

SCOM(System Center Operations Manager)は、Microsoft環境の正常性とパフォーマンスの監視を提供します。 このリリースでは、SCOMとの統合により、Microsoft Active Directoryの監視がサポートされるようになりました。 これにより、ユーザーはSCOMを活用し、Microsoft環境やその他のインフラストラクチャの監視をOMCへ統合することができます。

                                   

Collectd統合                       

Collectdは、さまざまなタイプのインフラストラクチャからシステムおよびアプリケーションのパフォーマンスメトリックを定期的に収集するオープンソースデーモンです。 collectdとの統合により、Redis、Memcachedなどのより幅広い種類のインフラストラクチャに監視の可視性が拡大され、より統合的なモニタリングが可能になります。

                    

エンティティホームページのパフォーマンスグラフ           

エンティティホームページは、エンティティの主要なパフォーマンスチャートを表示するように設計されています。 今回のリリースでは、キー・バリュー型メトリックのパフォーマンス・チャートも「お気に入り」タブに追加できるようになり、すべての主要なパフォーマンス・メトリックを単一のビューで監視できます。

       

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/im1-3880061.png

 

ログ分析との統合

ユーザーがエンティティの主要なパフォーマンスチャートを監視する際、同じ期間内の関連するログを調べて、エラーを探したりパフォーマンスの問題の原因を見つけることが必要になる場合があります。 本リリースでは、エンティティのホームページのパフォーマンスチャートから、ログの表示へのリンクが利用できるようになりました。これにより、Log Analyticsにあるエンティティのログ情報に簡単にアクセスできます。 エンティティのコンテキストと期間選択は自動的に維持され、Log Analyticsページ内のトラブルシューティングをシームレスに継続できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/im2-3880062.png

タグのサポート

タグを使用すると、エンティティに運用上の関連情報を提供できます。 たとえば、タグを使用してライフサイクルのステータス(Production、Testなど)、DBAコンタクト先、部門名などを示すことができます。タグがエンティティに指定されると、これらのタグは自動的にそのエンティティの構成上の一部となり表示されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/im3-3880063.png

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

 

警告に関する設定

ログソースを作成する過程で、ログ収集に関する警告の設定ができます。「Send Warning」のチェックボックスを有効化しすると、その下のドロップダウンで警告を発行する条件を指定できます:

  • 見つからない、あるいは読むことができないファイルが一つでもある場合す
  • すべてのファイルが読むことができない場合                         

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log1-3882882.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log2-3882883.png

 

ファイル単位でのログの削除(オンデマンドアップロード利用時)

オンデマンドアップロードを利用してログをアップロードした後、アップロード内のファイルごとのステータスを確認できます。特定のファイルのアップロードに失敗した場合などは、その単一のファイルのみを削除することができます。                                  

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log3-3882885.png

 

ファセット画面での選択フィルター

データタブの任意のフィールド名をクリックして検索可能な値の一覧を表示します。ここで値の名前をクリックすることで選択したり、全ての値を選択したりできます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log4-3882886.png

 

データベースのリモート監視                          

17.3.5では、REST APIを使用してリモートデータベースからのログ収集を行うことができます。インストール済みのエージェントを使用し、エージェントの入っていない他のサーバーのターゲットのログを収集します。ログアソシエーションの画面を使用してログソースとの紐づけを行います。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log5-3882887.png

(Back to Top)

                                                                                              

Oracle Management Cloud 17.3.3 ニュースレター

This issue: Aug, 2017

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

17.3.3 リリースに関するアナウンス:

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

 

シンセティックテストのアラート・エンティティの変更

 

アラートのエンティティにテスト・エンティティが選択されている場合、このテストが実行されるすべての場所がアラートの対象になります。

例えばテストAでアラートをセットアップしました。次に別の場所からもテストを実行するように設定します。このとき アラート・ルールを変更する必要はありません。テストを実行するすべての場所が自動的にエンティティの一部として選択されます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm1-3848733.png

 

シンセティックテストのOracle Cloudサポート

 

すべてのシンセティックテストは、Oracleパブリック・クラウドで実行できるようになりました。 最初のイテレーションでは、アムステルダムおよび/またはシカゴでのテストをサポートします。 より多くのIaaSのロケーションが利用可能になるにつれ、さらに展開をしていきます。 どちらのロケーションも、顧客のOMCインスタンスがプロビジョニングされている場所に関係なく使用できます。

APM管理者は、独自のプライベート・ロケーションをセットアップする必要なく(OMC Agentへのビーコンの導入)、Oracle Cloudでシンセティックテストを簡単に実行できます。 追加作業の必要がなく、シンセティックテストがすばやくセットアップできるようになります。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm2-3848735.png

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

 

ログイベントのプリプロセッシング(前処理)

 

データベース・トレースファイルやMySQLなどの特定のログソースでは、Log Analyticsはログイベントを前処理することで、ログエントリをエンリッチ化する機能を提供します。 現在、Log Analyticsは、ログイベントを前処理する次の機能を提供しています。


マスターディテール機能

 

ログファイルのヘッダーのフィールドを使用してログエントリをエンリッチ化することができます。 この機能は、本文の1つのブロックがヘッダーで、本文に時間ベースのエントリを含むログで特に役立ちます。 この機能は、各ログの本文のエントリをヘッダーのログエントリのフィールドで拡張します。

. http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log1-3848737.png

 

検索と置換機能

 

ログラインからテキストを抽出し、条件に基づいて他のログラインに追加することができます。

  • Catch Expression:追加するテキストを特定する正規表現。

  • Find Expression:置換が必要なテキストを識別する正規表現

  • Replace Expression:Find Expressionで一致するテキストを置換する文字列。 グループ名はカッコで囲む必要があります。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log2-3848739.png

 

データパレットのファセット非対応フィールドのハンドル

 

サイズの大きい値や一意の値が非常に多くあるため、ファセット非対応のフィールドが存在します。17.3.3より前はそのようなフィールドはデータパレットに表示されませんでした。

  • 17.3.3では、これらのフィールドは有効なフィールドとしてデータパレットに表示されます、しかし、ファセット対応ではありません
  • ユーザーは、 "表示フィールド"または "テーブル"に任意のファセット非対応フィールドを追加することができます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log3-3848743.png

 

ラベルの拡張

 

17.3.3では、 "Contains"または "Regex Contains"演算子を使用して、 "Log Source"作成の一部としてラベルを作成できます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log4-3848746.png

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/ita-3433724.pngIT Analytics

 

ホストリソース分析の仮想プラットフォームサポート

 

今回のリリースで、ホストリソース分析はVMおよび仮想プラットフォームのリソース使用状況を表示する機能をサポートします。

ホストリソース分析で、CPU、メモリなどの重要なVMリソースの合計利用可能量と使用状況(時系列チャートを介して)を表示できます。

VMのCPUおよびメモリ散布図、VM集約および仮想プラットフォームの集計CPU使用率傾向、集約メモリ使用率傾向などの分析情報を表示できます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita1-3849654.png

 

キャパシティ・プランニングのドリルダウンのVMサポート

 

選択したVMにドリルダウンして、1つ以上の仮想マシンのCPUおよびメモリ使用率に関する詳細情報を表示できます。 時系列分析を行い、特定の期間の仮想マシンと予測値のリソース使用率の傾向を表示できます。 CPU、メモリ、ストレージなどの重要なサーバーリソースのパフォーマンスに悪影響を及ぼさないように、仮想マシンの割り当て済みリソースを増やすことを検討する指標として、キャパシティ・プランニングに使用できます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita2-3849655.png

 

可用性分析のMTTRサポート

 

今回のリリースでは、可用性分析でMTTRのドリルダウンがサポートされています。 ドリルダウンテーブルから単一のターゲットポップアップを起動することもできます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita3-3849672.png

(Back to Top)

                                                                                                                                                               
Oracle Management Cloud 17.3.1 ニュースレター
This issue: 2017年7月
 

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

17.3.1 リリースに関するアナウンス:

                                                                    

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

     

ナビゲーションの共通化                

     

画面の左側に、各サービス共通の階層化されたメニューが用意されました。分析対象の絞り込みを維持したままAPMやその他のサービスを行ったり来たりでき、サービスをまたがった問題解決を行うことができます。

    

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm1-3809978.png

    

アプリケーション・フロートポロジー: フロー選択表  

    

サーバーをまたがるフローは、APMによって自動的に検出され、モニターされます。本バージョンでは、エンドツーエンドのフローと、それぞれのフローの開始の詳細を表で確認できます。 APMのユーザーは個々のフローを詳しく見て、フロー関連の問題をダイアグラムや詳細を見ながら診断します。 表内の1つのフローを選択して、環境全体の経路を確認します。 または、ダイアグラム内のノードを選択して、そのノードを使用するフローを確認します。

 

    

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm2-3809979.png

    

モバイル: ベースラインとアラートのサポート

    

APMでネイティブモバイルアプリケーションを監視する際、通常時のパフォーマンスと比較してしきい値を超過する際にアラート通知を受け取ることができます。

    

全てのアウトバウンドHTTP Javaサーバーリクエストの監視

    

現代のアプリケーション環境では、WebサービスとアウトバウンドHTTPリクエストが混在しています。 以前のバージョンでは、APMはインバウンドHTTPリクエストとアウトバウンドのRESTサービスコールを自動的に監視しました。本バージョンでは、HTTPURLConnectionまたはHTTPClientを利用するアウトバウンドHTTPコールのパフォーマンス、負荷、およびエラーを確認できるようになりました。

         

Jetty監視のサポート

    

Jettyアプリケーションのサポートが追加されました。 APMを使用してJettyアプリケーションのエンドツーエンドエクスペリエンスを監視します。 何か問題がある場合にはアラートを受け取ることができ、キャプチャされたサンプルにドリルダウンできます。 Jettyアプリケーションの問題をより迅速に解決し、より良いアプリケーションを提供するために必要な洞察を得ることができます。

機能:エンドユーザー性能監視、サーブレット、jax-rs(resteasy + jersey)、jdbc; DropwizardとSpring Bootで検証された組み込みサポート。

    

.NETの例外/エラーの詳細

    

APMの診断機能を拡張し、失敗した.NETリクエストのスタックトレースと例外が自動的にサンプリングされ表示することができるようになりました。 いつものように、APMは失敗した要求を自動的に検出してサンプルをキャプチャするので、アプリケーションリクエストと突き合わせながらどのようなエラーが発生しているかを確認できます。

    

Docker Containerモデルとの統合

 

APMはアプリケーションリクエストの過程でDockerコンテナを自動的に検出します。 この検出されたアプリケーションコンテナは、OMCのInfrastructure Monitoring Serviceによって検出されたDocker環境と自動的に統合することもできます。 APM + IMを活用して、アプリケーション、コンテナ、リクエスト、およびDockerホストの状態を監視します。

    

(Back to Top)

                                                             

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

 

オンデマンドアップロードにおけるtar, tgz, gzのサポート

リリース17.3.1から、Log Analyticsのオンデマンドアップロードではtar, tgz, gzのファイルをサポートします


Examples:

  • Abc.gz (シンプルなgzipファイル)
  • Abc.zip (gzipファイルをzipしたもの)
  • Abc.tgz (ディレクトリ)
  • Abc.tar.tgz (ディレクトリ)

 

注:これらのフォーマットはCloud Agentを通じたアップロードではまだサポートされていません。

 

ログファイルの中身全体を一イベントとしてパース

 

ログファイルの中には、何百または何千ものイベントが含まれているものもありますが、トラブルシューティングではログファイル全体が1つのイベントになることもあります。 ユーザはパーサー作成の一環として、「ファイル全体を1つのエントリとして処理する」というチェックボックスを簡単に選択でき(以下のスクリーンショット)、ログファイル全体を1つのイベントとして解析できます。

          

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log1-3809992.png

              

 

事前定義済PeopleSoftサポートの強化

   

Log Analyticsでは各リリースで事前定義済のログソースとパーサーを強化しています。

リリース17.1.3では、PeopleSoftのカバレッジが拡大し、2つの新しいログソースとパーサーがそれぞれ導入されています。

 

2つの新しいログソース:

  • PeopleSoft Integration Gateway Error Logs              
  • PeopleSoft Integration Gateway Message Logs   

 

パーサー            

  • PeopleSoft Integration Gateway Error Log Format              
  • PeopleSoft Integration Gateway Message Log Format                                              

   

UIを通じたコンフィギュレーション内容のインポート
 

ユーザーはUIを介してXMLファイルからログソースとパーサーの定義をインポートできます。 ユーザーはこの機能を利用して、既存の構成をチームメンバーまたは組織内の別の部門と共有することができます。     

  • ログソースをインポートすると、ソースに紐づくすべてのコンテンツ (拡張フィールと、タグ、ルックアップ、ラベル等) がインポートされます。                      

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log2-3809993.png

 

ミリセカンド単位でのログの検索

グローバル時間セレクターではミリセカンドがサポートされるようになりました。これによりユーザーはイベントをミリセカンド単位で検索できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/log3-3809994.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

 

新しいエンティティタイプのサポート

本リリースでも、Infrastructure Monitoringは引き続き新しいエンティティタイプのサポートを拡張しています:

  • クラウドサービス     
    • Microsoft Azure ・Virtual Machines                
  • エージェントベースの監視エンティティ
    • Cassandra Database
    • Netapp FAS
    • ZFS Storage Appliance
    • Oracle VM Server for SPARC
    • Oracle Ethernet Switch ES2
    • Kubernetes

 

Microsoft SCOMとの連携: Hyper-V

Microsoft SCOM(System Center Operations Manager)は、Microsoft環境の正常性とパフォーマンスの監視を提供します。 今回のリリースでは、SCOMのVMM(Virtual Machine Manager)との統合により、Hyper-V環境の包括的な監視がサポートされるようになりました。 これにより、ユーザーはSCOMデプロイメントを活用し、OMC内で監視されているすべてのVMおよびその他のインフラストラクチャの監視を1つのプラットフォームに統合できます。

 

エンティティホームページのカスタマイズ

 

エンティティホームページはエンティティの主要なパフォーマンスチャートを表示するように設計されています。 しかし、ユーザはホームページをカスタマイズして、興味のある特定のパフォーマンス・メトリックを表示することができます。たとえば、データベース・アクティビティを監視しているDBAは、トランザクションの量をトランザクション・レートとともに表示したい場合があります。 そこでデータベースのホームページのパフォーマンス・チャートをカスタマイズし、トランザクション・メトリックをトランザクション・レート・メトリックの横に配置することができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra1-3809987.png

 

アノマリーに基づくアラートの強化

アノマリーに基づくアラートでは継続期間をサポートするようになりました。 これにより、単一の時点ではなく、一定期間にわたってメトリックが異常である場合にアラートを生成するルールを作成できます。 このサポートにより、ユーザーは時折パフォーマンスが急上昇する際の不要なアラートを回避できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-3809988.png

 

アラートに対する通知チャネルの設定

通知チャネルは、アラートの送信先を整理して管理する方法を提供します。 たとえば電子メールチャネルの場合、アラート通知が送信されるさまざまなチームごとに電子メールチャネルを作成できます。 オンコールITチームの電子メールアドレスを含む「オンコール電子メールチャネル」を作成したり、DBAの電子メールアドレスを含む「DBAチーム電子メールチャネル」を作成することができます。 これらのチャネルが定義されると、どのアラートルールでも使用できます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra3-3809989.png

 

アラート通知のミュート

メンテナンス期間をサポートするため、OMCはアラートのすべての通知を無効(ミュート)する機能をサポートするようになりました。 つまり、アラート自体は継続して発生するものの、その通知が停止されます。 これによりユーザは、これらのメンテナンス期間中に通知に気を配らず、メンテナンス中のエンティティの健全性にプロアクティブに目を向けることができます。 メンテナンス期間が終了すると、アラートの通知を再度有効にすることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra4-3809990.png

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/ita-3433724.pngIT Analytics

 

Support for service specific ITA and cross OMC common navigation menu  

今回のリリースではサービス間統合の共通ナビゲーションメニューをサポートし、新しいメニューを使用して任意のOMCページにナビゲートできるようになりました。 ユーザーは共通ナビゲーションメニュー内のIT Analyticsメニューを使って、1つのITAアプリ(例:ホストリソース分析)から別のアプリ(DBリソース分析)へ直接ナビゲートできます。

                   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita1-3809991.png

 

(Back to Top)

Data Explorer とサービス共通の新機能

 

新しい統合管理 - 共通ナビゲーションメニュー

今回のリリースでは、エージェント、エンティティの設定、有効化/無効化サービスなどのタスクに使用するOMC全体の統合管理メニューを導入しました。

                   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/commmon1-3809980.png
http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common2-3809981.png
http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common3-3809982.png 

 

トポロジーに対するエンハンス - コンポジットターゲットとアソシエートされたエンティティのサポート

 

コンポジットターゲットとアソシエートされているエンティティも表示できるようになりました。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common4-3809983.png

 

トポロジーに対するエンハンス - RACデータベースのインスタンスの参照

 

トポロジーでは、RACデータベースは一つのアイコンで表示され、+アイコンをクリックすることで各インスタンスを展開表示することができます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common5-3809984.png

 

エンティティカードへのエンハンス ・アラートの表示

 

エンティティカードでは、エンティティに対するアラートの数を表示し、そのアラートへドリルダウンすることもできるようになりました。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common6-3809985.png

 

データエクスプローラー - マイナス値フォーキャストのサポート

 

データエクスプローラーでは、フォーキャスト機能においてマイナス値もサポートされるようになりました。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/common7-3809986.png

 

(Back to Top)

 

                   

Copyright 2017, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.Contact Us | Legal Notices and Terms of Use | Privacy Statement