Skip navigation

Oracle Management Cloud Japan

October 2016 Previous month Next month

Oracle Management Cloudの16.4.1がリリースされました!今回注目の強化ポイントをサービス毎にご紹介します

 

  • Application Performance Monitoring
    • 自動スレッドサンプリング
      遅いリクエストを解析しトラブルシューティングするには手間がかかることもしばしば。今回のリリースでは、レスポンスの遅かったリクエストに対して自動的にスレッドサンプリングを行う ことで、関連するリソースの割り当て状況など遅かった原因をより深く調べることができるようになります。
      apm2-3241462.png
    • 静的Javascript埋め込み
      手動でJavascriptを埋め込むことで、APMのエージェントが対応していないアプリケーションサーバーでもエンドユーザー監視ができるようになります。

 

  • Log Analytics 
    • トレンド分析
      出現パターンが似ているログを見つけられるようになります。似たようなメッセージでログをソートしなくても、直感的にパターンを把握できるのは嬉しいですね。

log2b-3239985.png

  • IT Analytics
    • Enterprise Healthダッシュボード
      事前定義済みダッシュボードがまたひとつ増えました。Enterprise Healthダッシュボードでは、ホスト、Database、APサーバーといった資産の稼働状況やパフォーマンスを一目で把握することができます。

ita2-3239209.png

  • 【NEW!】Infrastructure Monitoring
    • 先日のOracle Open World 2016 で発表された新4サービスのうち Infrastructure Monitoring がリリースされました!APMIT Analytics と組み合わせて、ITコンポーネントの監視情報を提供します。階層を超えたプロアクティブな監視により、エンドユーザーに大きな影響を及ぼす前に、管理者はアラートを受けトラブルシューティングを実施し、迅速に解決へ導いていくことができます。

      infra1-3239206.png

その他の新機能や詳細については、こちらのドキュメントをご確認ください。


いかがでしたでしたか?Oracle Management Cloud は今後も新機能、新サービスが続々登場します。ご期待ください!