Skip navigation

こんにちは。今月はOracle Management Cloud 16.4.5 がリリースしました!

今回は盛りだくさんですよ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Oracle Management Cloud 16.4.5 ハイライト

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  • Application Performance Monitoring:
    • シンセティックモニタリング
  • Log Analytics:
    • Cluster Help UI
    • "名前をつけて保存"機能'
    • 保存済み検索リストページ
  • IT Analytics:
    • ホスト分析におけるOS別グループ分けのサポート
    • Data ExplorerでのDBテーブルスペースメトリックのサポート
    • 可用性分析のMTTRサポート
  • Infrastructure Monitoring:
    • MongoDB
    • ベースラインと異常検知

 

各サービス毎に簡単にご紹介しますね

  • Application Performance Monitoring:
    • シンセティックモニタリング
      APM12月のリリースでは、開発運用、ITサポート、アーキテクト、アプリケーション所有者が、優れたアプリケーションを迅速に提供できるような、驚くべきパフォーマンスデータが取得できるようになりました。この領域では初リリースとなるシンセティック機能では以下のテストが可能になります。
      • アプリケーションのページ・フローのパフォーマンスと可用性をテスト
      • どこからでもテストが実行可能に
      • 定期的またはスケジュールされた時間間隔で
      • 実行時間を比較して異常値を特定
      • 既存のAPMメトリックと診断フローを使用してトランザクションの問題を診断

 

まず非常に簡単なセットアップUIをご用意しました。アプリケーションに対して定期的に実行したいテストの設定ができます。もしリクエストされたURLが有効なら、チェックをいれるだけで簡単な"http ping"テストができ、接続・応答にかかる時間を測ることができます。"http ping"の場合、ブラウザのレスポンスの内容はロードされません。

次に、"ページロード"テストでは単一のURLに対するリクエストを発行できます。今回はフルブラウザが使用され、実際のユーザーがページを使用しているかのように完全なレスポンスが組み込まれています。ここでも可用性とパフォーマンスについてレポートされ、ブラウザ画面でのダウンロードや処理の遅延もレポートされます。

そして最後は"scripted actions"テストです。事前に記録されたSeleniumスクリプト(Junit、TestNgのエクスポートタイプをサポート)をアップロードできるようになります。このスクリプトには完了しなければならない開始URLと一連のUIクリック、セレクションが含まれます。またこのテストでは可用性とパフォーマンスもレポートされます。

apm1-3401573.png

今回のリリースでは、お客様がOMCクラウドエージェントを介してどこからデプロイしてもテストを実施することができます。今後のリリースでは、Oracle Public Cloudのサービスとして用意された場所を追加する予定です。

”scripted actions”テストでパフォーマンスボトルネックが報告され、エンドユーザー監視(EUM)用javascriptインスツルメントを使用してテスト対象のアプリケーションを監視している場合は、既存のEUMセッション機能を使用してトランザクションの問題を 診断し、サーバーリクエストの診断フローにドリルダウンすることができます。

apm2-3401577.png

 

  • Log Analytics:

    • Cluster Help UI
      このリリースでは、クラスタービューヘルプ機能が追加されました。ヘルプを呼び出すには、log1-3399354.pngをクリックします。

log3-3399357.png

    • "名前をつけて保存"機能
      このリリースでは、"名前をつけて保存"機能を選択することで、既存の保存済み検索を編集し、新しい名称で登録することができます。

log4-3399358.png

Log Analytics 設定ページに、"保存済み検索"へのリンクページがあります。ビルトインの保存済み検索は歯車のアイコンで、カスタムの保存済み検索へはヒトのアイコンで表示されます。

log5-3399360.png

ハンバーガーメニューのアイコンをクリックすると、"削除"と"Log Explorerで見る"という2つの機能が現れます。削除機能はビルトインの保存済み検索では使用できません。

log6-3399359.png

 

 

  • IT Analytics:
    • ホスト分析におけるOS別グループ分けのサポート

このリリースでは、ホスト分析の際にメインホームページ上でケーパビリティをグルーピングができるようになります。またOSの種類別にエンティティを分類することができます。

ita1-3401607.png

 

Data Explorer におけるデータベース表領域メトリックのサポート

このリリースでは、Data Explorerから、Oracle Management Cloudによって監視されているデータベースに対する表領域の使用率や割り当て状況などの情報をみることができます。

 

ita41-3402897.png

 

可用性分析におけるMTTRのサポート

このリリースでは、可用性分析でMTTRへのドリルダウンがサポートされます。ドリルダウンテーブルから単一のターゲットポップアップを起動することもできます。

 

ita3-3401611.png

 

  • Infrastructure Monitoring:

MongoDB

このリリースでは、エージェントベースの監視にMongoDBデータベースの監視が追加されました。

稼働率やドキュメント操作率、Active Readers、Active Writersやページフォルト率などMongoDBデータベースの主要なメトリックを監視できます。

infra1-3401689.png

 

ベースラインと異常検出
このリリースではベースラインと異常検出をサポートします。ユーザーによる追加入力なしで、主要なパフォーマンスメトリックのベースラインが自動 的に計算されます。ベースラインは、エンティティの通常のパフォーマンスを、そのメトリックの期待値範囲を特定することによりその特性を示します。範囲外 のメトリックデータ値は異常として識別され、パフォーマンス・チャートで視覚的に強調表示されます。十分なデータポイントが収集されると、毎日の動向が自 動的にサポートされ、ベースラインの計算がさらに詳細に調整されます。

 

infra21-3402899.png


Oracle Management Cloudについて学ぶ
Oracle Management Cloud(OMC)は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セットの全範囲に対して機械学習と大規模 データの手法を活用します。 OMCの一元化されたプラットフォームは、ITの安定性の向上、アプリケーション障害の防止、開発運用の俊敏性の向上、アプリケーションおよびインフラス トラクチャ全体のセキュリティの強化に役立ちます。ビデオ、電子ブック、およびデータシートを通じてOracle Management Cloudを探求してください。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

アナリスト情報

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

クラウドベース管理とデジタル変革を考える
IDC Research社 Enterprise System Management SoftwareのVPであるMary Johnson Turner と、Oracle社PM でシニアディレクターであるDan Koloskiが、企業はデジタル変革をどのように行っていけるのか、クラウドベースの管理ソリューションを使用したアプリケーションの管理・開発の転換 していく方法に焦点を当てたウェブキャストです。

IDC社でMobile&Connected Platforms研究のVPであるMary Johnson Turnerが、企業はデジタル革新を通し、いかに企業はクラウドベースの管理ソリューションを用いてアプリケーション開発管理をしていくべきかについて語ります。(3min.)

Forrester Consultingは、開発チームとオペレーションチームが直面している課題、新たな顧客の需要がどのように変化を起こしていくのか、可視性、スピード、機敏性を最大化するためには開発運用チームをどんな運用戦略をリードしていくのかを検証します。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お客様活用事例

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

インド最大のロジスティクス会社の一つであるSafexpress社が、APM を活用し、エンドユーザーに影響を与える前に、どのように問題を見つけ、問題の修正にかかる時間を削減しているかを、CIO自ら語ります。(1m28s)

IDEA Cellular社は、機械学習によりIT管理を変革しています。障害を未然に防止するために、Oracle Management Cloudの機械学習を利用し、システム管理へのアプローチを変革する方法について説明しています。(1m33s)

HCL社は、Oracle Management Cloud を利用し、障害を未然に防止するために、問題を探し出しEnd-to-Endでの可視性を実現しています。(43s)

Hitachi Consulting社は、迅速なトラブルシューティング、アプリケーション・パフォーマンス監視、IT企画を通して、効率よいITオペレーションを支援するOracle Management Cloudを、顧客が素早く展開していく方法について説明しています。(2m23s)

Bridge Consulting社は、Oracle Management Cloud とDatabase Cloud Serviceによって、単一画面からクラウド上のデータを簡単に分析し関連付ける方法について説明しています。(2m32s)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Oracle OpenWorld 2016

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

エグゼクティブによるプレゼンテーションをご覧いただけます。

exec-3404236.bmp

 

Larry EllisonによるOracle OpenWorld 2016 Key Note Sessionです。Oracle Management Cloudによる新しい管理、セキュリティ監視および分析サービスを発表しました。(3m53s)

CTOおよび会長のLarry Ellisonが、Oracle Management Cloudのセキュリティ監視および分析サービスについて説明します。(2m31s)

システム製品開発担当のプレジデントであるThomas KurianとSystems ManagementのSVPであるAmit Ganeshが、Oracle Management Cloudの新しいセキュリティ監視および分析サービスを紹介します。 (7m51s)

Oracleの製品開発担当プレジデントであるThomas Kurian氏と、製品管理担当VPのMike Lehmannは、Agileでの開発運用戦略によりアプリケーションを構築、展開、および管理する方法を示しています。 (2m34s)

システムマネジメント担当のシニア・バイスプレジデントであるPrakash Ramamurthyが、Oracle Management Cloudの統一されたプラットフォームと機械学習を活用して、今日の複雑なアプリケーションやインフラストラクチャの環境管理における課題を克服する方法について説明します。(7m28s)

 

  • Oracle OpenWorld 2016 Session Presentations

Oracle OpenWorld 2016で提供された最新のプレゼンテーションをダウンロードいただけます。これらのプレゼンテーションには、OMCの一般セッション、会議セッション、ハンズオンラボのワークブックが含まれています。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Oracle Management Cloud コミュニティへ参加しましょう

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

OMCコミュニティに参加して、Oracle Management Cloudに関する最新情報を入手しましょう!ディスカッションフォーラムでインタラクトし、ブログを読んで、イベントについて学び、最新のウェブキャス トを見たり、最新のリソースについて学びませんか

 

Oracle Management Cloudを最新の状態に保ち、システム管理の専門家が作成した最新のブログを読んでください。

  • AI
    Oracle Magazineでは、機械学習がどのようにオラクルが提供するサービスを向上させているか説明しています。具体的には、Oracle Management Cloudの中核となる部分で機械学習がどのように使用されているかを学びます。
  • Sample Log Parsers
    Oracle Management Cloudのログ解析機能は、お客様やパートナーのログ解析の活用の幅を広げます。ログ解析を始めるにあたり、Oracle Management Cloudで使用できる解析オプションをご理解いただくためのLog Parser構成のサンプルをご用意しました。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Oracle Management Cloud をはじめましょう

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Oracle Management Cloudのサービス概要、デプロイ・オプション、そのメリット、ユースケース、およびベストプラクティスなど詳細な説明を集めました。Oracle Management Cloudを始めるのに役立ちます。教育用ビデオと組み合わせたタスク毎のチュートリアルでは、Oracle Management Cloudの豊富なユーザーインターフェイスを紹介しています。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Oracle Support Master Notes

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

Oracle Managamant CloudではMy Oracle Supportにて以下のNoteをご用意しています。トライアルを開始される前、サービスを評価いただく前に是非ご一読ください。

 

このドキュメントでは、現在使用可能なOracle Management Cloud Servicesについて説明しています。トライアルを開始する前に、またはOracle Management Cloudサービスを評価する前に、この注意事項を必ずお読みください。このドキュメントには、それぞれのOracle Management Cloud Servicesマスター・ノートへのリンクもあります。

  • 2092363.1: Application Performance Monitoring Cloud Service (APMCS) Certification Matrix

このドキュメントでは、Application Performance Management クラウド・サービスを実行する上での動作保証されている環境とコンポーネントについて説明します。

このドキュメントでは、IT Analyticsの概要とFAQについて説明しています。トライアルを始める前、デプロイする前、またはこのサービスの評価を行う前に、このノートを必ずお読みください。

このドキュメントは、このサービスでサポートされるリソースと情報がリストされています。デプロイ前、トライアル開始前、またはこのサービスの評価を行う前に、この文書をお読みください。

このドキュメントでは、Infrastructure Monitoring クラウド・サービスのためにCloud Agentで監視できるサポートされている環境について説明します。また、このサービスのライセンスで許諾される「監視オブジェクト」も定義しています

 

いかがでしたか?最後までお読みいただきありがとうございました!

次回もご期待ください