Oracle Management Cloud 17.2.1 Newsletter
          This issue: April, 2017

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用データ・セット全体に対して機械学習と大規模データ手法を活用します。 OMCの単一化されたプラットフォームは、ITの安定性の向上、アプリケーションの停止の防止、DevOpsの俊敏性の向上、アプリケーションとインフラストラクチャ全体のセキュリティの強化に役立ちます。

17.2.1 Release Announcements:

Resources:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

 

アラート機能の強化:                

エンティティそれぞれにアラートを設定することで、特定のページ、リクエスト、またはAjaxコールに対するアラート条件をカスタマイズします。
                「Using Oracle Application Performance Monitoring Cloud Service」の「Creating Alert Rules」を参照してください。

 

Androidデバイスへのデプロイ:

Application Performance Monitoringモバイル・エージェントは、Androidデバイスにデプロイできます。
                「Deploying and Managing Oracle Management Cloud Agents」の「Deploying APM Mobile Agent on Android」を参照してください。

ホスト名の上書き:

ORACLE_HOSTNAMEインストール・オプションを使用して、APMエージェントのホスト名を構成できます。
                「Deploying and Managing Oracle Management Cloud Agents」の「Syntax for Using the APM Java Agent Installation Script」を参照してください。

 

スレッド・プロファイル:

詳細なアプリケーション・パフォーマンス・データをAPMスレッド・プロファイラで収集します。スレッド・プロファイラは、スレッド・データ(スタック・スナップショット、スレッド・メモリ割り当て、CPUリソース消費、ブロックされた時間)、ガベージ・コレクション・データ、JVMパラメータ、システム・パラメータなどのさまざまなデータを収集できます。
                「Using Oracle Application Performance Monitoring Cloud Service」における「Collecting Thread Profiler Data for an Application Server」を参照してください。

   

SOA / OSB 12.2.1:

SOA/OSB 12.2.1のサーティファイ・サポート。

                       

(Back to Top)

                                       

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

eval コマンド  

"eval"コマンドは式を計算し、結果値をフィールドに入れます。
* | eval <new_field_name> = <式>
•フィールド名がすでに存在する場合は、フィールドの既存の値が上書きされます。
"eval"コマンドは、数式、文字列、ブール式を評価します。
"eval"コマンドのいくつかの例:
                          
  

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/documentation/log1-3672940.png

    

head/tail コマンド

"head"コマンドは最初の "n"個の結果を返します。
* | head limit= <limit>
例:severity = fatal | head limit= 5

"tail"コマンドは最後の "n"個の結果を返します。
* | tail limit= <limit>
例:severity = fatal | tail limit= 5

 

統計関数のビジュアライゼーション

17.2.1リリースより、「サマリー・テーブル」だけに限らず、ユーザーは複数の統計関数チャートとグラフのビジュアライゼーションをすることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/documentation/log2-3672941.png

ログ収集時に内容をフィルタリング

17.1.5では、ユーザーはログイベントから機密情報をマスクすることができました。 17.2.1では、ユーザーは条件が一致した場合に、ログエントリまたは文字列を削除することもできます。

  • ログエントリを削除する:特定のキーワード/値を検索し、一致する場合は一致したログイベント全体をコレクションから削除します
  • 文字列を削除する:特定のキーワード/値を検索し、一致する場合は一致したキーワード/値をコレクションから削除します

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/documentation/log3-3672942.png

 

 

クラスタリング機能では、出力にノイズが多いような場合、ユーザーはクラスタ・メッセージまたは複数のクラスタをクラスタの結果から非表示にすることができます。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/documentation/log4-3672943.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/ita-3433724.pngIT Analytics

UI の改善 

デフォルダッシュボード内の各チャートに対する時間選択の自動調整や柔軟性向上

 

Data Explorer

 

  • デフォルトデータを含むランディングページ
  • 予測するための予測パラメータを指定する

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita1-3673629.png

 

  • ベースライン : データ・エクスプローラは、OMCがベースラインを作成しているすべてのメトリックに対して、ベースラインと異常値の可視化をサポートしました。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita2-3673638.png

基準線の指定

データ・エクスプローラでは、設定パラメータまたは定数を使用して、使用可能な容量の参照ラインを指定できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita3-3673643.png

データグリッドの視覚化によるキー・ベースの設定値のサポート
 
http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita4-3673648.png

 

同じY軸上での複数のメトリックによる異なる線グラフのサポート

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/ita5-3673653.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

クラウド・サービスにおけるゼロ・デプロイ監視

今回のリリースでは、デプロイなしでOMCからのクラウドサービスのRESTベースの監視がサポートされます。クラウドサービスの資格情報を指定するだけで、ユーザーはOracle Compute Cloud Service、Amazon EC2(Elastic Compute Cloud)、Amazon Relational Database Service(RDS)を自動検出して監視できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/documentation/infra1-3672936.png

クラウド・エージェントによる新しいエンティティタイプのサポート

OMCではエージェント・ベースの監視範囲を引き続き拡大しています。本リリースでは、以下のサポートが追加されました。

  • Arista イーサネット・スイッチ
  • Cisco Nexus イーサネット・スイッチ
  • Brocade ファイバチャネル・スイッチ
  • Juniper SRX ファイアウォール
  • Oracle 仮想ネットワーク

 

Microsoft SCOM の統合

Microsoft SCOM(System Center Operations Manager)は、Microsoftのインフラストラクチャ・リソースに対して、健全性とパフォーマンスの監視機能を提供します。本リリースでは、SCOMの統合により、SCOMからInfrastructure MonitoringへのWindowsホストサーバーの自動検出とパフォーマンス監視が実現しました。ユーザーはすでにSCOMによって収集されたWindowsホストのパフォーマンス・データを活用し、監視を単一プラットフォームに統合、インフラストラクチャ監視によって提供されるマシン学習およびアラート機能を利用することができます。

 

機械学習に基づくアラート

  • 異常値に基づくアラート    
    このリリース以前は、インフラストラクチャ・エンティティのパフォーマンス異常が自動的に検出され、パフォーマンス・チャートに表示されていました。異常検出では、パフォーマンスの日次および週次の季節パターンが自動的に学習され、考慮されます。今回のリリースでは、アラートを生成するアラート・ルールを作成し、異常が検出されたときに通知を送信できるようになりました。異常値に基づくアラートは、パフォーマンスの問題を検出する意味のある方法を提供し、静的なしきい値がアラートに適していない可能性のある速度やその他のパフォーマンスメトリックに特に役立ちます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/documentation/infra2-3672938.png

  • 早期警告アラート  
    機会学習を使用して、Infrastructure Monitoringは、メトリックが指定されたしきい値に達すると予測すると、早期警告アラートを送信できます。ユーザーは、メトリック、しきい値演算子、およびしきい値を指定するだけです。メトリックがしきい値に達する可能性が最も高いと検出されると、しきい値に達する予定の時間を示すアラートが生成されます。早期警告アラートを使用すると、パフォーマンスの問題や停電を防止するための是正措置を実行できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/documentation/infra3-3672939.png

(Back to Top)

Oracle Code
           
NEW: Oracle Codeは、開発者が最新の開発者テクノロジ、実践、および傾向について学ぶための無料のイベントです。テクニカル・エキスパート、業界リーダー、およびその他の開発者から、基調講演、セッション、実践的なラボで学ぶCode Loungeでクラウド開発技術を体験し、ワークショップやその他のインタラクティブな体験やデモを体験してください。

 

  • Oracle Management Cloudのプロダクト・マネジメントおよび開発のエキスパートに参加し、Oracle CodeでOracle Management Cloudのシステムの管理およびセキュリティ・サービスが目的に合わせて調整された機械学習の利点を理解してください。

                      次回のセッション、4月18日2:50 PM(Oracle Code Toronto

 

   

(Back to Top)

             
                                                                                               
      

Newsletters Archives:

Oracle Management Cloud 17.1.5

Oracle Management Cloud 17.1.3

Oracle Management Cloud 16.4.5

Oracle Management Cloud 16.4.3

Oracle Management Cloud 16.4.1

Oracle Management Cloud 16.3.5

Oracle Management Cloud 16.3.3

Oracle Management Cloud 16.2.5

Oracle Management Cloud 16.2.3

               
Copyright ゥ 2016, Oracle and/or its affiliates.
          All rights reserved.