Oracle Management Cloud 18.2.3 ニュースレター

2018年5月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.2.3 リリースに関するアナウンス:

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

エンティティタイプ

今回のリリースでは、以下のAzureサービスがサポートされています:

  • Logic Application Service
  • App Services
  • Application Gateway Service
  • Event Hub Namespace Service 

 

 

クラウドプロファイル:手動リフレッシュ

クラウドプロファイルは自動的に定期的に更新され、クラウドベンダーに関連する新しいクラウドサービスを検出します。自動リフレッシュに加えて、今回のリリースでは、「Resubumit Discovery Job(ディスカバリジョブの再発行)」オプションを使用して手動リフレッシュを実行できるようになりました。これは、新しいサービスが追加され、OMCでこの新しいサービスをすぐに見たい場合に便利です。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra1-4485182.png

 

アラートルール:文字列メトリックのサポート

アラートルールでは、文字列メトリックに基づいてアラートルール条件を作成できるようになりました。たとえば、Microsoft SQL Serverデータベースの場合、データベースがオフラインのときにアラートを受け取るために、このアラートルール条件を「OFFLINE」の「Database Status」に指定できます。ユーザーは、アラートのしきい値として複数の文字列値を指定できます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/infra2-4485185.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

データパレットの新しいフィールドカテゴリ

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la1-4485188.png

 

Pinned カテゴリ

  • ユーザーはデータパレットから任意のフィールドを固定(Pin)できます。フィールドが固定されると、[Pinned]カテゴリの下に移動します
  • [Entities]と[Collection Detail]フィールドはデフォルトで[Pinned]カテゴリに移動されました
  • ユーザーはいつでも任意のフィールドの固定を解除できます

 

Interesting カテゴリ

  • 検索/クエリ、GC、および時間に基づいて、システムは自動的にフィールドを[Interesting]カテゴリに選択します
  • 興味があるフィールドをピンで固定することができます。固定されると[Pinned]カテゴリに移動され、解除されると元の位置に戻ることができます

 

[Other]カテゴリからフィールドがいったんクエリに追加されると、それらは[Interesting]カテゴリに追加されます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la2-4485190.png

 

linkコマンドに続く数値フィールド

  • linkコマンドの後にstats&evalコマンドを使用する数値フィールドがある場合、それらの結果のチャートが自動的に作成されます
  • 例1)statsとlink
    • * | link 'transaciton ID' | stats count( 'Error ID') as  'Number of Errors'、unique(Step) as 'Txn.Steps '
  • 例2)Evalとlink
    • ‘Log Source' = 'WLS Server Access Logs' | link URI | stats avg('Content Size') as 'Content Size Bytes' | eval 'Content Size (MB)' = 'Content Size Bytes' / 1024
  • 時間の経過とともにアクセスされるデータのサイズをメガバイト単位で判断するため、evalコマンドは仮想フィールドのContent Size(MB)を作成し、フィールドContent Sizeの値に基づいてコンテンツサイズをメガバイト単位で計算します

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-4485193.pnghttp://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-4485193.png

 

ログエンティティからEFDを抽出できるようにする

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la4-4485194.png

 

新しいラベルUI

ユーザはラベルに集団フィールドを選択できます

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la6-4485196.png

 

ワンタイムオペレーションルックアップテーブル

この機能を使用して、以下のように1回の操作でルックアップテーブルを作成するのではなく、データセットを充実させることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la7-4485197.png

 

新しい演算子 "Contains one of Regexes"

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la8-4485198.png

 

新しい演算子 "Ignore Case"

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la9-4485199.png

 

新しい演算子"Not Null"

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la10-4485200.png

UIに表示されるアップロードされたODUファイルの総数の増加

200件の制限の代わりに合計500件のオンデマンドアップロードを表示します

 

 

LAでのEBSのサポートと拡張

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la11-4485202.png

 

ストレージセル管理ログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la12-4485204.png

 

Clusterwareディスク監視ログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la13-4485206.png

 

Linux用KSPLICEログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la14-4485207.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/security12-3960206.pngSecurity and Monitoring Analytics

 

単一資産分析の詳細:

SMA UIでは、単一の資産の要約と詳細を分析できるようになりました。タイプ、重要度、所有者、ホスト、OS、およびその他の関連情報を含む資産サマリが表示されます。UIには、この資産の脅威、危険なユーザー、およびアクティビティタブも表示されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma1-4485218.png

 

相関ルールの複数バージョンサポート

アナリストは、通常、多くの時間をチューニングルールに費やしています。そして、彼らは、ルールに対するさまざまな変更を追跡したいと考えています。SMA UIでは作成したさまざまなバージョンのルールを表示し、以前のバージョンも有効にすることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma2-4485219.png

 

自動更新

SMAページ(ユーザー、脅威、資産)で自動リフレッシュオプションを使用できるようになりました。デフォルトではオフですが、1分、5分、15分、または30分間隔に設定できます。これにより、ブラウザの更新を行わなくても、入ってくる/新しい脅威を見ることができます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma3-4485221.png

 

 

SMAピボットからLA

SAからLAへのナビゲーションには、デフォルトで主要なセキュリティフィールドが表示されます。これは脅威の調査に役立ち、これらのフィールドを手動で表示する必要がなくなります。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/sma4-4485222.png

(Back to Top)

 

OMC Platform Update

 

モバイルアプリの機能拡張 - アカウント設定用のQRコード

QRコードベースのモバイルアプリケーションアカウントの設定で次のフィールドを持つOMCアカウント設定がされます、

  • データセンター
  • アイデンティティドメイン
  • ユーザー名

ユーザーは、テナントのタイプやインスタンスの詳細の確認などを心配する必要はありません

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat1-4485209.png

 

モバイルアプリのQRコードスキャンオプション

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat2-4485211.png

 

 

OMC Mobile App - エージェントページ

  • OMC Mobile for Cloud Agentに新しいページが追加されました
  • 以下のメトリック
    • アップロード率
    • CPU、メモリ、ディスク
    • エージェントの可用性の詳細

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat3-4485213.png

 

1.29のOMCクラウドエージェントの拡張

  • アップグレードの拡張 - APIおよびOMCLIベースのアップグレード
  • エージェントの自己診断レポートと診断機能:
    • データアップロード率、待ち時間、エージェント上で実行されているタスクのメトリック
  • OSSから提供されるソフトウェアによるエージェントのアップグレードの強化
    • エージェントバージョン1.29以降では、OSSベースのエージェントビットを使用してアップグレードします

 

APIとOMCLIによるエージェントのアップグレード - 1.28で追加

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat4-4485214.png

 

新しいエージェントのメトリック

エージェントの診断のために追加されたエージェントメトリック、

  • CPU消費量による上位タスク
  • 上位のタスク(平均)経過時間
  • アップロード率
  • レイテンシデータ

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/plat5-4485215.png

(Back to Top)