Skip navigation
                                                                       

Oracle Management Cloud 18.4.1 ニュースレター

2018年10月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

 

18.4.1リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/apm-3433721.pngApplication Performance Monitoring

改善されたSQL診断のためのAPMからEMCCへの統合

APMからEMCCへのコンテキストナビゲーションで、アプリケーション開発者とデータベース管理者の間の責任のなすりつけあいをなくしギャップを埋めます。APMによって監視されるSQLサーバー要求から、EMCCの監視対象のOracle DatabaseおよびSQLにコンテキスト内をナビゲートします。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm1-5142852.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm2-5142853.png

 

Application SQL List

一般的に、データベース要求はトランザクションのリーフノードにあり、複数のサーバー要求層の下に隠れているため、最も性能が悪いSQLクエリを識別することは困難になります。今回のリリースでは、APMはリーフノードの不明瞭さからデータベースサーバー要求を引き上げて1つのリストにまとめ、ユーザーがアプリケーションのすべてのデータベースサーバー要求を1か所で確認できるようにしました。この強力な新しいツールを使用して、実際のアプリケーションのパフォーマンスをより正確に把握し、より高速なアプリケーションを提供します。データベースリストページはAPMのアプリケーションメニューには表示されず、アプリケーション定義が「分類が適用されたAppServer」で定義されたアプリケーションでのみ使用できます。

 

APM UIのSQLID

SQLIDは、1つのデータベース上のSQLを一意に識別するために使用できる計算値です。APMは今日、データベースへのJDBC要求を含む、アプリケーション内のすべての主要なサーバー要求を監視します。APMがデータベース(JDBC)要求を見ると、SQLIDが計算され、接続文字列情報とともにAPM UIに表示されます。APMのSQLIDを活用して、共通言語(SQLID)でどのSQLが遅いかを識別して、アプリケーション開発者とデータベース管理者の間のコミュニケーションを改善します。

 

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm3-5142854.png

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/apm4-5142855.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/infra-3433722.pngInfrastructure Monitoring

新しいSolrバージョンの認定

このリリースでは、Solrバージョン6.6.2が認定されています。

 

 

AIX / Windows / Solarisホスト監視のプロアクティブ・チェック

クラウドエージェントがインストールされると、クラウドエージェントがインストールされているホストも自動的に検出されます。また、事前監視も実行され、ホスト監視に必要な前提条件が満たされていることを確認します。問題が見つかった場合は、エージェントのインストールの最後にこれらの問題の概要が報告されます。これにより、ユーザーはこれらの問題に積極的に対処し、ホストを正常に監視できるようになります。この機能はAIX、Windows、Solarisホストでサポートされています。(Linuxは以前のリリースでサポートされていました)。

 

 

エンティティUIの機能強化

Add Entity UIは、エンティティがOMCに追加された時点でライセンス(Standard、Enterprise)を指定する機能をサポートするようになりました。OMC機能を有効にするには、適切なライセンスが必要です(監視用のメトリック収集を有効にするには、StandardまたはEnterprise Editionが必要です)。これにより、エンティティを追加して監視を有効にするプロセスが合理化されます。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/pic6-5143879.png

 

JBossとTomcatのパフォーマンスメトリック

JBossとTomcatのパフォーマンスメトリックが1分間隔で収集されるようになりました。パフォーマンスメトリックを細かく収集するほど、パフォーマンスの問題をより正確に検出できます。

 

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/enterprise-manager/downloads/log-3433725.pngLog Analytics

ユーザー定義フィールド(UDF)

  • 現在、製品には約1100個のOOTBフィールド(フィールド名)があります。しかし、製品にはまだ多くのフィールドがあります。
  • UDFで、ユーザーは、インジェスト時に独自のフィールドを作成できます
  • ユーザーは、これらのフィールドをパーサーで使用して、クエリ言語を利用してデータを検索することができます
  • 注意:
    • UDFを作成する前に、データを知り、同じ名前のOOTBフィールドがすでに存在しないことを確認してください
    • これらのフィールドは、 "rename"と "eval"コマンドではなく、LAで永続化されます   

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la1-5142857.png

 

 

Check Point Firewall LEA Syslogログのサポート

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la2-5142858.png

 

SMA対応ログソースの検索

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la3-5142859.png

 

 

 

SMAの「保存された検索」

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/la4-5142860.png

 

(Back to Top)

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/security12-3960206.pngConfiguration and Compliance

 

より速いデータベースアセスメント

Oracle Databaseのルールセットは、評価処理の変更により最大10倍高速になりました。この機能強化を利用するには、エージェントのバージョン1.34以上が必要です。

 

 

Center of Internet Security(CIS)認証取得

Configuration and Complianceは、以下のベンチマークとプロファイルの評価に、Center of Internet Security(CIS)から正式な認定を受けています。

 

CIS Benchmark for Oracle Database 12c v2.0.0、Level RDBMS Traditional Profile

 

CISベンチマークは、ITシステムとデータを最も浸透している攻撃から保護するためのグローバルスタンダードであり、ベストプラクティスとして認識されています。

以下に示すように、ルールセットライブラリでこの新しいルールセットを探します。この新しいルールセットを使用するには、エージェントがバージョン1.34以上である必要があります。

http://www.oracle.com/technetwork/oem/db-mgmt/cc1-5142856.png

 

 

(Back to Top)