Forum Stats

  • 3,838,515 Users
  • 2,262,378 Discussions
  • 7,900,681 Comments

Discussions

インストール先のディスク構成

ponkotsutanuki
ponkotsutanuki Member Posts: 3 Red Ribbon
edited May 6, 2014 10:17PM in インストール

お世話になります。

現在のテスト環境でアーカイブログモードの勉強中です。

d:\oracleにoracle本体
d:\test_db\dbnameにデータファイル

redoは
d:\test_db\dbname
f:\test_redo

それぞれにredo1,2,3

制御ファイルは計3つ
d:\test_db\dbname
d:\oracle\flush_recovery_area
f:\test_ctrl

アーカイブログは
d:\test_arc
f:\test_arc

次にosごと再構築する際を想定しての質問となりますが、dドライブは15000回転のディスク、fドライブは7200回転のディスクで、fドライブはcドライブ(OS領域)とパーティションを切って作成されています。oracleのインストール先とデータファイルの保存先は別の方が良いとどこかで見た記憶があるのですが、この環境の場合はどのように配置するのが良いでしょうか(いずれもRAID1)。

よろしくお願いします

Answers

  • user12075536123
    user12075536123 Member Posts: 346
    edited May 4, 2014 7:52AM

    あくまでも個人的な見解です。
    最終的な判断は自己責任でお願いします。


    データベースファイルを回転数の異なるディスクに分けて配置するのは気持ち悪いです。
    回転数の低いディスクに配置したファイルに引きずられ、データベースの性能が劣化するように思えます。
    実機検証を行って確認したわけではありません。


    どうしてもこの構成でデータベースファイルを配置したいのであれば、私なら以下のいずれかの選択します。


    ●案1
    ・回転数の高いDドライブにすべてファイルを配置する
    ・この配置ではディスク障害に弱いので、数分毎にアーカイブログファイルをバックアップする


    ※ディスク競合が発生する可能性がある。この競合が許容範囲か?
    ※ディスク障害にデータロストが発生する可能性がある。このロストは許容範囲か?


    ●案2
    ・ファイルの配置案をいくつか考えて、負荷テストを行う
    ・もっともよい結果の配置案を採用する


    ※但し、負荷テストを本番相当に実施しないとよいファイル配置にすることができない可能性有

    user12075536123
  • ponkotsutanuki
    ponkotsutanuki Member Posts: 3 Red Ribbon
    edited May 6, 2014 10:18PM

    user12075536123さま


    ご返信ありがとうございました。


    前述の状態から7200回転側へOS、15000回転側にOracleとデータファイルの組み合わせに変更することで格段にレスポンスが向上しました。

    同じ処理を実行しても、ディスクの回転数の差(約2倍)以上に速度が上がったので「ここまで違うのか」と驚いています。


    同一ドライブ内にはなりますがredoと制御ファイルはそれぞれ2セット作成し、アーカイブログファイルも適宜別ドライブへバックアップしようと思います。

This discussion has been closed.