Forum Stats

  • 3,836,789 Users
  • 2,262,190 Discussions
  • 7,900,109 Comments

Discussions

DVCSにおける期間集計について(期間マスターサンプル・データの提供)

Satoshi Nakayama-Oracle
Satoshi Nakayama-Oracle Member Posts: 5 Employee
edited Mar 23, 2016 4:04AM in Social Groups

Oracle Data Visualization Cloud ServiceのVisual Analyzerでは、既存システムなどからファイル出力されたデータをExcel形式で取り込んで、分析することが出来ますが、大抵の場合、取り込み対象のExcelデータには日付カラムは含まれていても、月や四半期、年に関するカラムまでは持っていないものです。

このような場合でも、週・月・四半期・半期・年といった単位で期間集計を行うにはどうしたら良いでしょうか?


001.JPG


最も、実用的かつ簡単なやり方は、期間マスターとなるデータセットを用意することです。

期間マスターには、日付カラムだけでなく、日付カラムに対応する日付ID、週、月、四半期、年に関する情報などをカラムとして持たせます。


Visual Analyzerでは、複数のExcelデータを共通のキーで結合することができるので、日付カラムを持った、ベースExcelシートと、期間マスターとなるExcelシートを日付カラムで結合することで、週・月・四半期・半期・年といった単位で期間集計を行うことが出来るようになります。期間マスターとなるExcelシートをアップロードする際は、シートをディメンションとして拡張することに注意してください。


003.JPG


期間マスターを追加したら、ベースとなるデータセットのデータを期間別に集計表示することが出来るようになります。


004.JPG


年カラムをフィルターとして活用し、特定の年(2008年)に絞り込んだ場合も、きちんとカレンダーの階層関係に従って、特定の年(2008年)の四半期データに絞り込まれるようになりました。


005.JPG


本記事で活用した期間マスターのサンプルデータを添付したので、ご活用ください。

Excelシートに日付カラムを用意することが、サンプル期間マスターを効果的に活用するコツとなります。 


Tagged: