Forum Stats

  • 3,757,144 Users
  • 2,251,201 Discussions
  • 7,869,743 Comments

Discussions

クラウドでOracle Databaseを使う - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう(その8)

TakeshiNagakubo-Oracle
TakeshiNagakubo-Oracle Posts: 18 Employee
edited Oct 21, 2020 3:52AM in Social Groups

目次に戻る : チュートリアル : Oracle Cloud Infrastructure を使ってみよう

Oracle Cloud Infrastructure データベース・サービスは、Oracle Cloud Infrastructure の上で稼働する Oracle Database のPaaSサービスです。

サービスは仮想マシン(1~32コア)、ベアメタル・サーバー(2~72コア)、Exadata(84~336コア)まで様々な大きさのシェイプと設置形態を選択でき、ノード数もシングル・ノードと2ノードRAC(Active-Activeクラスタ)を選択できます。ユーザーはオンプレミスと全く同じOracle Databaseのソフトウェアをクラウド上で利用することができ、引き続きすべてのデータベース・サーバーの管理権限(OSのroot権限含む)およびデータベースの管理者権限を保持することができます。

この章では、作成済みの仮想クラウド・ネットワーク(VCN)にデータベース・サービスを1つ作成していきます。

所要時間 : 約20分

前提条件 :

  1.  [チュートリアル : Oracle Cloud Infrastructure を使ってみよう] を参考に、仮想クラウド・ネットワーク(VCN)の作成が完了していること
  2. 2048bit 以上のRSA鍵ペアを作成していること (手元にない場合はこちら(作成中)を参考に予め鍵ペアを生成しておいてください)

注意 : チュートリアル内の画面ショットについては Oracle Cloud Infrastructure の現在のコンソール画面と異なっている場合があります

1. DBシステムの作成

  1. コンソールメニューから データベース → ベア・メタル、VMおよびExadata を選択し、有効な管理権限を持つコンパートメントを選択します

  2. DBシステムの作成 ボタンを押します

  3. 立ち上がった DBシステムの作成 ウィンドウの入力欄に、以下の項目を入力します
    • コンパートメント - 任意 (集合ハンズオン環境を利用している場合は講師の指示に従って選択してください)
    • DBシステムの名前 - 任意 (以降では dbcs01 として記載しています)
    • 可用性ドメイン - 任意 (集合ハンズオン環境を利用している場合は講師の指示に従って選択してください)
    • シェイプ - 任意 (集合ハンズオン環境を利用している場合は VM.Standard2.1 を選択してください)
    • 合計ノード数 - 1
      • RACを利用したい場合はノード数を2に選択ください
    • Oracle Database ソフトウェア・エディション - 任意
    • ストレージ管理ソフトウェア  - 任意(ハンズオンでは作業時間短縮のため、論理ボリューム・マネージャ を選択ください)
    • ストレージの構成 - 256 を選択
    • 公開SSHキーの追加 - SSHキー・ファイルのアップロードを選択し、ローカルPCにある生成済みのキーペアのうち公開鍵を選択します(例: id_rsa.pub)
    • ライセンス・タイプ - 任意
    • 仮想クラウド・ネットワーク - 第2章で作成した仮想クラウド・ネットワークを選択
    • クライアントのサブネット - 任意のサブネットを選択(本ハンズオンでは、パブリック・サブネット(リージョン)を選択ください)
    • ホスト名接頭辞 - 任意
    • 拡張オプションの表示 - 任意(フォルトドメインの指定、タイムゾーンの設定が可能であることをご確認ください。

  4. をクリックします

  5. データベース情報の入力欄に、以下を入力します
    • データベース名 - 任意(例 : orcl)
    • データベースのバージョン - 19c
    • PDB名 - 任意(例 :pdb1)
    • パスワード - 任意 (sysスキーマのパスワードです。後から使用しますので、忘れずにメモしておいてください。例 : WelCome123#123#  )
    • ワークロード・タイプ - オンライン・トランザクション処理 (OLTP) を選択
    • 自動バックアップ - 任意(ハンズオンでは選択なしのままで良いです)
    • 拡張オプションの表示 - 任意(文字コードを選択できることを確認ください。)

  6. DBシステムの作成をクリックします(DBシステムの作成がバックエンドで開始します。作業が完了するとステータスが PROVISIONING... から AVAILABLE に変わります)

2. DBシステムへのアクセス

作成したDBシステムに対して、sshでアクセスします。

  1. 画面右下のリソースタブから、ノードを選択し、パブリックIPアドレス に表示されているIPアドレスをメモします。
  2. 任意のターミナルソフトを起動し、以下の情報でssh接続します。
    • IPアドレス - 上記ステップで確認したインスタンスの パブリックIPアドレス
    • ポート - 22 (デフォルト)
    • ユーザー - opc (DBシステムは、接続用に予め opc というユーザーが用意されています)
    • SSH鍵 - インスタンスを作成する際に使用した公開鍵と対になる秘密鍵、集合ハンズオン・セミナーの場合は講師から指示される鍵を使用してください
    • パスフレーズ - 秘密鍵にパスフレーズが設定されている場合は指定してください。集合ハンズオン・セミナーの場合は未設定です

      下記は Tera Term を利用した場合の接続の設定例です。
      pastedImage_10png

  3. 接続が成功すると、以下のように opc ユーザーでインスタンスにログインできます。
    opc ユーザーは、sudo により root 権限を取得することが可能です。
    また、入力した情報にもとづいてOracle Databaseが作成され、インスタンスが起動していることがわかります。
    pastedImage_3png

  4. DBシステムには、管理用の dbcli コマンドが用意されています。
    rootユーザーのPATH環境変数には dbcli のロケーションが登録されています。

    以下のコマンドを実行し、DBシステムの情報を閲覧します。
    dbcli describe-system
    pastedImage_6png

    また、以下のコマンドで、データベースの一覧を閲覧します。
    dbcli list-databases

    pastedImage_10png

dbcli のその他のコマンドの詳細については、dbcli --help または Oracle Database CLI Reference をご確認ください。

3. データベース(PDB)にアクセス

作成したデータベースにログインしてみましょう。

上記で作成したDBシステム(DBCS VM)では、1つのコンテナ・データベース(CDB)上に、デフォルトで1つプラガブル・データベース(PDB)が作成されます。

ここでは、PDB上にスキーマを一つ作成しましょう。

上記手順にて、DBCSのOSにrootユーザーでログインしていることを前提にします。

  1. rootユーザーからoracleユーザにスイッチします。
    # su - oracle
    pastedImage_27png

  2. sysユーザーでCDBにログインします。
    $ sqlplus / as sysdba
    pastedImage_30png
  3. デフォルトで作成されているPDBを確認後、PDBインスタンスに接続します。(例:PDB1)
    SQL> show pdbs
    SQL> alter session set container = PDB1 ;
    pastedImage_33png

  4. PDB上にスキーマを作成します。
    尚、ここでは便宜上、最低限必要な権限を付与していますが、要件に応じて権限・ロールを付与するようにしてください。
    SQL> create user TESTUSER identified by WelCome123#123# ;
    SQL> grant CREATE SESSION, CONNECT,RESOURCE,UNLIMITED TABLESPACE to TESTUSER ;
    SQL> exit
    pastedImage_44png

4. PDB上のスキーマにアクセスしましょう

次に作成したスキーマにアクセスしてみましょう。

一般的にはtnsnames.oraにエントリを追加してログインされることが多いかと思いますが、ここでは便宜上、簡易接続方式を利用し、作成したPDB上のスキーマに直接アクセスしてみます。

  1. 接続情報(ホスト名、ポート番号、サービス名)を確認します。
    以下では例としてlsnrctlを利用していますが、他の方法で確認いただいてもOKです。
    $ lsnrctl status
    pastedImage_0png

  2. 上記で確認した値を利用して接続します。
    SQL*Plusを利用する場合は、以下のようにホスト名、ポート番号、サービス名を指定します。
    ($ sqlplus <スキーマ名>/<パスワード>@&lt;ホスト名>:<ポート>/<サービス名>)
    $ sqlplus testuser/WelCome123#123#@dbcs01.subnet.vcn.oraclevcn.com:1521/pdb1.subnet.vcn.oraclevcn.com

    pastedImage_32png

以上で、この章の作業は完了です。

目次に戻る :