Forum Stats

  • 3,678,684 Users
  • 2,237,845 Discussions
  • 7,830,702 Comments

Discussions

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Categories

Data Visualizationライブラリから好きなチャートを追加する

edited November 2017 in Social Groups

Data Visualizationライブラリを利用する事で、カスタムプラグインをセットアップする事で様々なチャートを追加する事が可能です。

ここでは、外部の地図連携(Google Mapやオープンストリートマップなど)の方法を紹介します。

緯度経度データのポイントを集計するクラスターマップやヒートマップ、出発地点と到着地点を線で結ぶチャート、全てポイントで表示するポイントマップなど様々です。

DVD map.pngpastedImage_0.png

- 選択可能なバックグランドマップ地図

   - Open Street Map

   - Google Map (Satellite, Road, etc)

   - Oracle Map

   - Carto Positron

   - Carto Dark

   - Mapbox (requires map access key)

簡単なステップで利用可能です。是非ダウンロードしてお試しください。

  1. Oracle BI ライブラリからAuto-Cluster Map PluginもしくはCustom Points Map Pluginをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたzipファイルをDVDのコンソール画面からインポートします。
    pastedImage_0.png
  3. 以下フォルダのファイルを編集します。【地図系のプラグインの場合のみ】
    • C:\Program Files\Oracle Data Visualization Desktop\war\va\WEB-INF\quickstart-web.xmlを開きます。
    • 以下を記入して上書き保存します。
      oracle.bi.tech.contentSecurityPolicy parameterを編集して、 'script-src'. の後に'maps.googleapis.com:*' を記載。
      • 例). script-src 'self' 'unsafe-inline' 'unsafe-eval' *.@[email protected]:*@[email protected]:* maps.us.oracle.com:* elocation.oracle.com:* maps.googleapis.com:* ;
      • (注)プラグインは製品としてはサポートされませんので、ご注意ください。

カスタムプラグインを自分で作成したいという方はこちら

DV.png
Webで体験Desktop版ダウンロード事例集ビデオとチュートリアルpastedImage_0.png

Tagged:

Comments

Sign In or Register to comment.