Forum Stats

  • 3,714,730 Users
  • 2,242,614 Discussions
  • 7,845,030 Comments

Discussions

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Categories

Oracle Content and Experience React開発のためのStarter Site CLI 使用チュートリアル

Shengjun Zhu-Oracle
Shengjun Zhu-Oracle Member Posts: 1
edited February 2020 in Social Groups

この文書は Oracle Content and Experience (OCE) のサービス概要の紹介、および OCE インスタンス作成方法を ステップ・バイ・ステップで紹介するチュートリアルです。

image

概要

Oracle Content and Experience とは?

Oracle Content and Experience (以降OCE)は、API ファーストなアーキテクチャで、マルチチャネルでのコンテンツ配信を実現するインテリジェントなコンテンツ管理プラットフォームです。主な特徴は以下の通りです

【主な特徴】

  1. 社内・社外とのファイル共有・コラボレーション

  2. SaaS / PaaS / On-Premise と連携し、コンテンツを一元管理

  3. ドラッグ&ドロップでマルチデバイス対応の Web サイトを簡単作成

  4. AI ベースの画像認識技術を利用した画像の自動分類

  5. API ファーストなマルチチャネルコンテンツ配信 (Headless CMS)

  6. 企業内のコンテンツを一元的に管理するコンテンツ・ハブ

【製品情報はこちらから】

こんな課題に役立ちます

  1. 社内・社外とのファイル共有・コラボレーションをもっと便利にしたい
  2. Web, EMail, SNSで利用するマーケティングコンテンツの効率的な管理と配信を実現したい
  3. 商品の画像や文書などの各種コンテンツを管理し、効率的にマルチチャネルで提供したい
  4. 業務部門主導で Web サイトを活用した社内・社外向けの情報発信を、スピーディかつ低コストで実現したい

この文書で紹介すること

この文章は、OCE インスタンスの作成方法をStep by Stepで紹介するチュートリアルです。所要時間は約30分です

この文書は、2020年1月時点での最新バージョン(20.1.1)を元に作成されてます


チュートリアル:OCE インスタンスを作成する

1. 準備

1.1 Oracle Cloud の環境を準備する

Oracle Cloud のアカウントを準備します。無料のトライアル環境も利用することもできますので、この機会に取得してみましょう。

なお、トライアル環境の取得には認証用のSMSを受け取ることができる携帯電話と、有効なクレジットカードの登録が必要です(希望しない限り課金されませんので、ご安心ください)

トライアル環境のサインアップ手順はこちらをご確認ください。

1.2  OCE インスタンスを作成する条件を確認する

OCE インスタンスの作成を実行するユーザーは、下記条件を満たす必要があります

  1. Oracle Identity Cloud Service (以降IDCS) よりフェデレーションされたユーザー (=IDCS ユーザー) であること
  2. IDCS の OCI_Administrators グループに所属していること (=OCI の管理権限が付与されていること)

次の章から、OCE インスタンスを作成するユーザーが条件を満たしているのか?を確認します

1.3 Oracle Cloud Infrastructure コンソールにサイン・イン

OCE インスタンスは、Oracle Cloud Infrastructure コンソール(以降OCIコンソール)から作成します。
ここでは、OCE インスタンスを作成するユーザー、OCI コンソールにアクセスします

  1. 以下のアクセスリンクのどれかをクリックして、ブラウザで OCI コンソール にアクセスします
  2. Cloud Tenant を入力し、Continue をクリックします

    Cloud Tenant には、Oracle Cloud 契約時、もしくはトライアル環境を申し込んだ際に払い出される一意のID(クラウド・アカウント)を入力します
    image_ins001.jpg

  3. 左側の Single Sign-On (SSO) の下の Continue をクリックします
    左側のSingle Sign-On (SSO) は、IDCS で認証されます。ここでサイン・インできれば、条件の「1. IDCS ユーザーであること」はOKとなります
    image_ins002.jpg

  4. ユーザー名とパスワードを入力し、サイン・インをクリックします
    image_ins003.jpg

  5. OCI コンソールが表示されます
    image_ins004.jpg

1.4. OCI_Adminisrtrators グループにユーザーを追加

IDCS コンソールを開き、「条件2. OCI_Administrators グループに所属」を確認し、必要であればグループメンバーに追加します

  1. OCI コンソールの右上のユーザーアイコンをクリックし、「サービス・ユーザー・コンソール」をクリックします
    image_ins005.png

  2. ホームリージョンのデータセンターを選択し、Oracle Identity Cloud Service の「管理コンソール」をクリックします
    image_ins006.png

  3. IDCS コンソールが開きます。左ナビゲーションの「グループ」をクリックします
    image_ins007.png

  4. OCI_Administrators」 をクリックします
    image_ins008.png

  5. ユーザー」タブをクリックします
    image_ins009.png
  6. OCI_Administrators グループのメンバーが表示されます。OCE インスタンス作成ユーザーが存在するか?を確認します
    もし存在しない場合は、「+割当て」より、OCE インスタンス作成ユーザーをグループに追加します
    image_ins010.png

  7. 以上で、「条件2. OCI_Administrators グループへの所属」がOKとなりました

1.5 コンパートメントの作成

この手順は必須ではありません

OCE インスタンスを作成する際に、コンパートメント(Compartment) を指定します。必要に応じて OCE インスタンスが利用するコンパートメントを事前に作成します。
ここでは、ルート・コンパートメント配下に OCE コンパートメントを作成します

  1. OCI コンソールを開き、左上のメニュー→「アイデンティティ」→「コンパートメント」を選択します
    image_ins011.png

  2. コンパートメントの作成」をクリックします
    image_ins012.png

  3. 「名前」と「説明」を入力し、「コンパートメントの作成」をクリックします(ここでは OCE コンパートメントを作成)
    image_ins013.png

  4. コンパートメントが作成されます
    image_ins014.png

2. OCE インスタンスの作成

OCE インスタンスを作成します。ここでは、ホームリージョンである US East(Ashburn) で作成します

  1. OCI コンソールを開きます
  2. OCE インスタンスを作成するリージョンを選択します(ここでは、US East (Ashburn)を選択)
    image_ins015.png

  3. 左上のメニューをクリックし、「アプリケーション統合」→「コンテンツとエクスペリエンス」をクリックします
    image_ins016.png

  4. 画面左の「コンパートメント」で、OCE インスタンスを作成するコンパートメント(ここでは OCE コンパートメント)を選択し、「インスタンスの作成」をクリックします
    image_ins017.png

  5. 「インスタンス名」と「説明」を入力し、「作成」をクリックします
    image_ins018.png
    インスタンス名は、OCE インスタンスにアクセスする際の URL に含まれます(下記URLの <OCE Instance> に該当)
    https://<OCE Instance>-<Cloud account>.cec.ocp.oraclecloud.com/documents/home
  6. OCE インスタンスの作成(プロビジョニング)が開始されます。プロビジョニング中のインスタンス名(ここでは OCE002)をクリックします
    image_ins019.png

  7. しばらく待つと、OCE インスタンスの作成が完了します。OCE インスタンスがアクティブであることを確認します
    image_ins020.png

  8. OCE インスタンス詳細の「インスタンスのオープン」をクリックします
    image_ins020.png

  9. OCE インスタンスのホーム画面が開きます
    image_ins021.jpg
    OCE インスタンスの作成により、OCI に以下のリソースが自動的に作成されます。必要に応じて確認してください
    ・オブジェクトストレージにOCE専用のバケットが自動生成されます(バケット名の指定や変更は不可。OCEインスタンス利用中は削除しない)・アイデンティティ→ポリシーに OCE_Internal_Storage_Policy が自動生成されます(OCE インスタンス利用中は削除しない)また、OCE インスタンス作成ユーザーに対して、「Welcome to Oracle Cloud. Your Content and Experience service is ready for use」の通知メールが送信されます

以上でOCE インスタンスの作成は完了です

3. ユーザーとグループの作成

OCE インスタンスを利用するユーザーは、IDCS ユーザーとして登録します。ここでは、IDCS グループを利用した IDCS  ユーザーに対する OCE インスタンスのアプリケーションロール(CECEnterpriseUser)の割り当てを説明します
image_ins022.jpg

IDCS グループは、組織内の役割にあわせて作成します。下記マニュアルを参考に作成してください

3.1 IDCS グループの作成

  1. OCI コンソールを開き、左上のメニュー→「アイデンティティ」→「フェデレーション」をクリックします
    image_ins023.png

  2. Oracle Identity Cloud Service Console の URL をクリックします
    image_ins024.png

  3. IDCS コンソールが開きます。左上のメニュー→「グループ」をクリックします
    image_ins025.png

  4. + 追加」をクリックします
    image_ins026.jpg

  5. 「名前」と「説明」を入力し、「終了」をクリックします(ここでは OCEusers を作成)
    image_ins027.jpg

  6. IDCS グループの作成が完了しました

3.2 IDCS グループを OCE インスタンスのアプリケーションロールに割り当て

  1. IDCS コンソールの左メニューの「アプリケーション」をクリックします
    image_ins028.png

  2. 検索窓に「CECS」と入力し、検索を実行します。先ほど作成した OCE インスタンスをクリックします
    image_ins029.png

  3. アプリケーションロール」タブをクリックします
    image_ins030.png

  4. CECEnterpriseUser のメニューをクリック→「割当て済グループ」をクリックします
    image_ins031.png

  5. 前の手順で作成した IDCS グループ(ここでは OCEusers)を選択し、「OK」をクリックします
    image_ins032.png

  6. CECEnterpriseUser にグループが割り当てられたことを確認します

3.3 IDCS ユーザーを作成し、IDCS グループに割り当て

  1. IDCS コンソールの左メニューの「ユーザー」をクリックします
    image_ins034.png

  2. + 追加」をクリックします
    image_ins035.png

  3. 」「」「ユーザー名/電子メール」を入力し、「」をクリックします
    image_ins036.png

  4. 前の手順で CECEnterpriseUser アプリケーションロールに割り当てた IDCS グループ(ここでは OCEusers)を選択し、「終了」をクリックします
    image_ins037.png

  5. 新規 IDCS ユーザーの作成が完了します

以上でこのチュートリアルは終了です。

Tagged:
Sign In or Register to comment.