Forum Stats

  • 3,701,161 Users
  • 2,239,301 Discussions
  • 7,835,053 Comments

Discussions

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Categories

Oracle Management Cloud 18.3.3 ニュースレター

Yukaa-OracleYukaa-Oracle Posts: 21 Employee
                                                                       

Oracle Management Cloud 18.3.3 ニュースレター

2018年8月

Oracle Management Cloud (OMC) は、次世代の統合監視、管理、および分析クラウド・サービスのスイートであり、運用とセキュリティのデータ・セット全体に対して機械学習とビッグデータ・テクニックを活用します。 OMCの統合プラットフォームは、ITの安定性を向上させ、アプリケーションの停止を防ぎ、DevOpsの俊敏性を高め、アプリケーションおよびインフラストラクチャのポートフォリオ全体のセキュリティを強化するのに役立ちます。

18.3.3 リリースに関するアナウンス:

                                                                                                                                                                                                                  

OMC Platform Features

日本語対応

日本語対応しました!!

pastedImage_0.png

(Back to Top)

imageApplication Performance Monitoring

シンセティックテストを実行するための新しいOracleパブリック・ロケーション

各OMCデータセンターから使用できる4つの新しい場所が追加されました。

  • アッシュバーン(米国)
  • スロー(EUR)
  • サンパウロ(LAD)
  • シドニー(APAC)

すべてのテストタイプは、プライベートエージェント/ビーコンを導入する必要なしにこれらの場所のいずれかにプッシュすることができ、セットアップおよび使用が非常に簡単です!

シンセティックテスト結果を比較することでネットワーク遅延の問題を特定する

複数のグローバルロケーションからテストを実行し、結果を比較することで、Webアプリケーションへの遠隔地からの接続遅延でエンドユーザーが影響を受けているかどうかを簡単に確認できます。

この例では、LAD国でCDNサービスの使用を開始する目安になる可能性があります。これは、LADのユーザーの接続時間が米国のユーザーに比べて非常に遅いためです。

(Back to Top)

imageInfrastructure Monitoring

Oracle Databaseのための拡張機能

このリリースでは、Oracle Databaseのために次の拡張機能を使用できます。

  • Oracle Database 18.3がサポートされます
  • Oracle Databaseインスタンスの状態監視
    Oracle Databaseエンティティの監視には、すべてのデータベース・インスタンスのステータスとパフォーマンスの監視が含まれます。つまり、データベース・インスタンスのステータスおよびパフォーマンス・メトリックは、Oracle Databaseエンティティのキーとなるメトリックとして使用できます。Oracle Databaseインスタンスのエンティティは、主にログ分析に使用されていました。

    今回のリリースでは、Oracle Databaseインスタンス・エンティティに可用性ステータスが追加されました。これにより、ダウンしているデータベース・インスタンスのアラートおよび通知をより効率的に取得する方法が提供されます。データベース内のすべてのデータベース・インスタンスにわたって全体的なビューを取得するには、(親の)Oracle Databaseホームページを使用します。ホームページには、すべてのデータベースインスタンスにわたるステータスとパフォーマンスの要約が表示されます。

エージェントとホストの"Not Heard From(聞こえない)"アラート

エージェント(クラウドエージェント、ゲートウェイ、データコレクタ)またはホストがダウンすると、エンティティが「Not Heard From(聞こえない)」ことを示すアラートが自動的に生成されます。以前のリリースでは、このアラートのアラート重大度はWarning(警告)でした。今回のリリースでは、アラートの重大度がFatal(致命的)に変更され、問題の重要度をより正確に表しました。

image

パフォーマンスチャートの強化

トッププロセスのCPU使用率を示すチャートなどのキー値のメトリックを示すパフォーマンスチャートは、通常、メトリックキー(プロセスIDなど)を使用して、チャート内の各オブジェクト(プロセスなど)を一意に識別します。意味的には正しいものの、これによって各オブジェクトを識別することが難しくなっていました。このリリースでは、プロセス名などのユーザーフレンドリな属性が、これらのタイプのパフォーマンスチャートでオブジェクトを識別するために使用されるようになりました。

image

(Back to Top)

imageLog Analytics

新しいログソース/パーサー

  • Apache

パーサー

    • Apache Kafkaログ形式
    • Apache Sparkの標準ログ形式                           
    • Apache Cassandraシステムログ形式                       
    • Apache Hiveログ形式                           
    • Apache Zookeeper標準フォーマット                           
    • Apache Cassandra GCログ形式                           
    • Apache Hadoop標準ログパーサー

ソース

    • Apache Hive Logs
    • Apache Kafkaログ                       
    • Apache Hadoopの標準ログ   
    • Apache Sparkログ
    • Apache Cassandra DBシステムログ     
    • Apache Cassandra DBガベージコレクションログ             
    • Apache Zookeeperログ

  • Microsoft

パーサー

    • Microsoft Exchange Outlook Web Accessログ形式     
    • Microsoft Exchange Active Monitoringトレースログ形式
    • Microsoft Exchange診断サービスのログ形式
    • Microsoft Exchange認証管理ログ形式
    • Microsoft Exchangeデータベース可用性ログの形式               
    • Microsoft DHCP(IPv4)ログ形式               
    • Microsoft DHCP(IPv6)のログ形式               
    • Microsoft DNSログ形式                         
    • Microsoft SharePoint ULSログ形式                           
    • Microsoft .Net Log4Net Parser

ソース

    • Microsoft Exchange診断サービスログ 
    • Microsoft Exchange Active Monitoringトレースログ         
    • Microsoft Exchangeデータベースの可用性ログ             
    • Microsoft Exchange Outlook Web Accessプローブログ 
    • Microsoft Exchange認証管理ログ         
    • Microsoft DHCP(IPv4)ログ                           
    • Microsoft DHCP(IPv6)ログ                           
    • Microsoft DNSログ                           
    • Microsoft SharePointログ                           
    • Microsoft .Net Log4Netログ 

  • MongoDB

パーサー

    • MongoDBログ形式 

ソース

    • MongoDBログ 

  • NGINX

パーサー

    • NGINXエラーログ形式
    • NGINXアクセスログ形式 

ソース

    • NGINXアクセスログ 
    • NGINXエラーログ 

  • Nodejs Log4js

パーサー

    • Nodej.js Log4jsログ形式

ソース

    • Nodej.js Log4jsログ

  • PostgreSQL

パーサー

    • PostgreSQLのログフォーマット

ソース

    • PostgreSQLのログ

  • McAfee

パーサー

    • McAfee VirusScanのエンタープライズログフォーマット

ソース

    • McAfee VirusScanのエンタープライズログ

パーサーおよびログソース定義のエクスポート

image

SQLフィールドを使用したログデータのクラスタリング

  • 例では約50万ログレコードが89クラスタに減少
  • 変数別にドリルダウン

image

  • Outfillers(異常値)はまれなSQLを示します
  • Trends(傾向)は、類似の実行パターンを持つSQLを示します

image

リンクドリルダウンの「元に戻す」ボタン

image

ソースのSyslogリスナーポート番号の増加

OOTBログソースのポートを変更したため、ユーザーがこれらのOOTBソースのいずれかを使用している場合、影響を受けます

ファイル収集の順序

エージェントが最初の収集時に大量のログデータを監視している場合は、いくつかの最新のファイルを最初に収集してから履歴ファイルを収集します。すべての収集で最近のいくつかのファイルといくつかの古いファイルのバランスをとることができるので、常に新しいログデータが流入します。

ノート:

  • ログコレクタが最初に収集する必要があるすべてのデータが小さければ、今やっていることを続けなければなりません。
  • このしきい値を設定する(順序を変更する)構成があります。

連結機能

構文:concat(String、String)

2つ以上のフィールドの文字列値を連結します。文字列値とリテラルを結合して新しいフィールドにするこの機能を "Eval"または "Where"と共に使用することができます。

例:

  • .. | eval s = concat(ホスト、コンカット( ':'、ポート))OR ... | eval s =ホスト|| ':' || ポート
  • ... | concat(host、concat( ':'、port))!=ホスト名OR ... | どこにホスト|| ':' || port!=ホスト名

(Back to Top)

Tagged:
Sign In or Register to comment.