Forum Stats

  • 3,724,514 Users
  • 2,244,774 Discussions
  • 7,851,063 Comments

Discussions

Howdy, Stranger!

It looks like you're new here. If you want to get involved, click one of these buttons!

Categories

Oracle Content and Experience で多言語サイトを作成しよう(前編)

Satoshi Nakane-Oracle
Satoshi Nakane-Oracle Posts: 32 Employee
edited March 2020 in Social Groups

この文書は Oracle Content and Experience (OCE) のサイト作成機能を利用し、多言語サイトを作成・公開する方法をステップ・バイ・ステップで紹介するチュートリアルの前編です。また、サイト上で公開するコンテンツは、アセット管理機能で管理されるコンテンツ・アイテムを利用します

前提条件:

この文書は、2020年3月時点での最新バージョン(20.1.3)を元に作成されてます

image

Oracle Content and Experience で多言語サイトを作成しよう(前編)

1. 説明

このチュートリアルでは、OCE のサイト機能を利用し、多言語(マルチリンガル)サイトを作成・公開します。また、Web サイト上で公開するコンテンツは、以前のチュートリアルで作成したリポジトリ(Sample Content Repository) とコンテンツ・タイプ (sampleNewsType) を利用します。

作成するWebサイトは以下の通りです

  • サイト名:sampleSite
  • 対応言語:日本語(ja)と英語(en) のマルチリンガル。マスターは日本語
  • サイトデザイン:OCE の事前定義済テンプレート(StarterTemplate)を利用

このチュートリアルでの作成イメージを以下に示します

ocewcm001.jpg

2. サイト作成の準備

2.1 ローカリゼーションポリシーの作成

このチュートリアルでは、日本語と英語の多言語サイトを作成します。そのため、Web サイト上で公開するコンテンツ・アイテムも日本語と英語が必要です。このように、コンテンツ・アイテムを公開する際に「どの言語が必要なのか?」を定義するのがローカライゼーションポリシーです。

ここでは、日本語(ja)と英語(en)が必須、というローカライゼーションポリシーを作成します

  1. OCE インスタンスにアクセスし、左ナビゲーションのADMINISTRATION の「コンテンツ」をクリックします
  2. 「コンテンツ」の右隣のメニューから「ローカライゼーション・ポリシー」を選択し、「作成」をクリックします
    ocewcm002.jpg

  3. ローカライゼーションポリシー作成します。ここでは以下の通りに入力し、「保存」をクリックします
    • プロパティ
      • 名前:sampleSite Localization Policy
      • 説明:(任意)
    • 言語
      • 必須:日本語(ja) 英語(en)
      • デフォルト:日本語(ja)
      • オプション:(未選択)

    • ocewcm003.jpg
  4. sampleSite Localization Policy が作成されます
    ocewcm004.jpg

3.  サイトの作成

リポジトリ Sample Content Repository のアセットを利用する Web サイトを作成します。Web サイトはエンタープライズ・サイトを作成します。エンタープライズ・サイトは、以下の操作が可能となります

  • リポジトリ及びリポジトリ内のコンテンツ・アイテムやデジタル・アセット、ローカリゼーションポリシーなどを Web サイトで利用可能
  • Webサイトを作成すると、このWebサイト向けの「公開チャネル」も同じ名前で自動的に作成

エンタープライズ・サイトを作成するには、ユーザーに CECEnterpriseUser ロールが付与されている必要がありますサイトガバナンスが有効化されている場合、管理者がテンプレートを公開しないなぎり、サイトメニューからエンタープライズサイトを作成できません。代替え手段として、開発者→テンプレートより、テンプレートを選択し「サイトの作成」を実行することができます

3.1 サイトの作成

  1. 左ナビゲーションの「サイト」をクリックします
  2. 右上の「作成」をクリックします
    ocewcm013.jpg

  3. テンプレートを選択します。ここでは StarterTemplate を選択し、「」をクリックします
    ocewcm014.jpg

  4. 以下の通りに入力し、「作成」をクリックします
    • 名前:sampleSite
    • 説明:(任意)
    • エンタープライズ・サイトの作成:チェックを入れる
    • サイト接頭辞:samplesite(※自動設定されます。変更しない)
    • アセット・リポジトリ:Sample Content Repositry
    • ローカリゼーション・ポリシー:sampleSite Localization Policy
    • デフォルト言語:日本語(ja) (※自動設定されます。変更不可)
      ocewcm015.jpg

  5. sampleSite が作成されることを確認します
    ocewcm016.jpg

3.2 作成された公開チャネルの確認

エンタープライズサイトを作成すると、同じ名前の公開チャネルが自動的に作成されます。ここでは、作成された公開チャネルを確認します

  1. 左ナビゲーションのADMINISTRATION の「コンテンツ」をクリックします
  2. 「コンテンツ」の右隣のメニューから「チャネルのパブリッシュ」を選択します
  3. サイト名と同じ sampleSite が作成されていることを確認し、sampleSite をクリックします
    ocewcm017.jpg

  4. 「公開チャネルのポリシー」が下記の通りであることを確認します。サイト作成時に指定したローカライゼーション・ポリシーが設定されていることを確認します
    • アクセス:パブリック
    • 公開中:すべてを公開できます
    • ローカリゼーション:sampleSite Localization Policy
      ocewcm018.jpg

  5. 閉じる」をクリックします

4. サイト上で利用するアセットの作成と公開

前の手順で作成した sampleSite サイトで公開するアセットを作成します。ここでは、以前のチュートリアルで登録したしたデジタルアセット(ここではコーヒーカップの画像)を利用したコンテンツ・アイテムを作成します。まずは、日本語コンテンツを作成し、次に翻訳版の英語コンテンツを作成します

4.1 コンテンツ・アイテム(日本語)の作成

  1. 左ナビゲーションの「アセット」をクリックします。
  2. リポジトリで Sample Content Repository が選択されていることを確認し、右上の「作成」→「新規コンテンツ・アイテムを作成します」をクリックします
    ocewcm019.jpg

  3. 「コンテンツ・アイテムの作成」ダイアログが表示されます。
    コンテンツ・タイプで sampleNewsType を選択し、「OK」 をクリックします
    wcm007.jpg

  4. コンテンツ・アイテムの作成画面が表示されます。「コンテンツ・アイテム・プロパティ」と「チャネル」に以下の通り、入力します
    • 名前: sample news content 002
    • 説明: (任意)
    • コレクション: (未選択)
    • 言語: 日本語 (ja)
    • 翻訳不能: チェックしない
    • ターゲット対象チャネル: sampleSite
      wcm005.jpg

  5. 続けて「コンテンツ・アイテム・データ・フィールド」に入力します。ここでは下記の通りに入力し、「保存」をクリックします
    • タイトル: 002ニュースのタイトル
    • メイン画像: 以前に登録したデジタルアセット(ここではコーヒーカップの画像)を選択
    • ニュース本文: 002ニュースの本文です
      wcm006.jpg

  6. 表示」をクリックします
    ocewcm022.jpg

  7. 入力内容がフォーム形式で表示されます
    ocewcm024.jpg

  8. コンテンツ・アイテムのデフォルト」に切り替えます。表示形式が変更されることを確認します
    ocewcm023.jpg
  9. コンテンツ・リストのデフォルト」に切り替えます。前の手順と同じ表示形式が変更されることを確認します

  10. 続けて、このコンテンツ・アイテムの英語翻訳版を作成します

4.2 コンテンツ・アイテム(英語翻訳版)の作成

  1. 日本語のコンテンツ・アイテムを表示したまま、「作成」→「翻訳の追加」をクリックします
    ocewcm025.jpg

  2. コンテンツ・アイテム・プロパティに以下を入力します。続けて、右上の「比較」をクリックします
    • 名前: sample news content 002 English
    • 説明:(任意)
    • 言語:英語 (en)
      wcm001.jpg

  3. 「比較対象」の項目で「日本語 (ja)」を選択し、「すべてコピー」をクリックします
    コンテンツ・アイテム・データ・フィールドのすべての入力フィールドに、日本語版のコンテンツ・アイテムの入力内容がすべてコピーされます
    wcm002.jpg

  4. 「タイトル」の入力内容を翻訳します。ここでは「002 News Title」とします
    ocewcm028.jpg
    入力フォーム下の比較の右隣の「表示」をクリックすると、日本語(ja)の入力内容が表示されます。「コピー」をクリックすると、日本語(ja)の入力内容が入力フォームにコピーされます
  5. 同じ要領で、「ニュース本文」を翻訳します。なお、「メイン画像」は変更せず、日本語と同じものを利用します。
    • ニュース本文: This is the body of 002 news.

  6. 保存」をクリックします
    wcm003.jpg

  7. 画面左上のメニューより言語を「英語 (en)」に切り替えます。英語に翻訳されたコンテンツ・アイテムが表示されます。
    続けて、メニューバーの「翻訳済として設定」をクリックします。ダイアログが表示されるので「はい」をクリックします
    wcm004.jpg

  8. 画面右上のメニューボタンをクリックします。続けて、「会話▼」をクリックし「翻訳」をクリックします
    「使用可能な翻訳」で、日本語(ja)が「マスター」でステータスが「ドラフト」、「英語(en)」のステータスが「翻訳済」であることを確認します

  9. 閉じる」をクリックします
    ocewcm031.jpg

  10. アセットのページに戻ります。作成した sample news content 002 の「ja マスター▼」をクリックします
    マスターである日本語(ja)と英語(en)が管理されていることが確認できます。また、先ほどと同様に、日本語(ja)が「ドラフト」、英語(en)が「翻訳済」であることが確認できます
    ocewcm032.jpg

4.3 コンテンツ・アイテムの公開

作成されたコンテンツ・アイテム(日本語&英語)を、Web サイトの公開チャネル(sampleSite) に公開します

  1. sample news content 002 を選択し、「公開」をクリックします
    ocewcm033.jpg

  2. 検証結果を確認します。ターゲットの対象チャネルが sampleSite であること、合計問題数が0(ゼロ)件であること、をそれぞれ確認し、「公開」をクリックします
    ocewcm034.jpg

  3. 日本語も英語も、ステータスが「公開済」であることを確認します
    ocewcm035.jpg

以上で、サイト上で利用するアセットの作成と公開は完了です

後編に続きます

Sign In or Register to comment.