Forum Stats

  • 3,727,836 Users
  • 2,245,474 Discussions
  • 7,853,058 Comments

Discussions

3. サイトの公開(Oracle Content and Experience のサイト機能を使ってみよう)

Satoshi Nakane-Oracle
Satoshi Nakane-Oracle Posts: 32 Employee
edited June 2020 in Social Groups

目次に戻る: Oracle Content and Experience のサイト機能を使ってみよう

この文書は OCE のサイト作成機能を利用し、作成したサイトを公開する手順について説明します。また、公開したサイトに別ブラウザからアクセスし、動作を確認します

image

3. サイトの公開

3.1 サイトの公開とオンライン化

作成したサイトを公開します。

  1. 左ナビゲーションより「サイト」をクリックします。sampleStandardSite を選択し、「公開」をクリックします
    site060.jpg

  2. サイトが公開されるのを確認し、「オンラインにする」をクリックします
    site061.jpg

  3. 確認のダイアログが表示されます。「確認して続行」にチェックを入れ、「オンラインにする」をクリックします
  4. サイトがオンライン状態に遷移し、サイトへのアクセスが可能になります
    site062.jpg

3.2 サイトの確認

公開(オンライン化)されたサイトにアクセスし、動作を確認します

  1. 公開したサイト(ここでは sampleStandardSite)を選択し、「プロパティ」をクリックします
    site063.jpg

  2. サイトURL」をコピーします
    site064.jpg

  3. 別ブラウザを開き、先ほどコピーしたサイトURLを開きます。
  4. ユーザーIDとパスワードを入力するサイン・イン画面が表示されます。ID/パスワードを入力し、サイン・インをクリックすると、サイトが表示されます
    site065.jpg

  5. ブラウザの横幅を小さくすると、それに合わせてWebサイトの表示も変更されます(レスポンシブWebデザイン)
    また、Home ページや製品情報ページでは、「2列」のセクション・レイアウトが縦表示(最初の列の下に2列目が表示)に切り替わることも確認します
    site066.jpg

3.3 フォルダに資料を追加する

ファイル・リストで作成した資料ダウンロードは、選択したフォルダのドキュメントをリアルタイムで参照します。そのため、フォルダにドキュメントを1件追加すると、Web サイト上の製品資料ページもドキュメントが1件追加されます。また、フォルダからドキュメントを削除すると、Web サイト上の製品資料ページからも削除されます

  1. OCE のドキュメントを開き、「サイト作成チュートリアル」→「製品カテゴリA」フォルダを開きます
  2. 新規ドキュメントを1件アップロードします(ここでは、サンプル資料A-3.pptx を追加)
    site067.jpg

  3. 3.2 項で開いた sampleStandardSite サイトをリロードします。製品カテゴリAに資料が1件追加されていることを確認します
    site068.jpg

以上で、この章の作業は終了です

目次に戻る: Oracle Content and Experience のサイト機能を使ってみよう

Sign In or Register to comment.