Adopt-a-JSR Project -Japanese

Version 2

    はじめに

    このプログラムは、Java ユーザ・グループに所属するメンバー、個人、会社組織のメンバーが Java Specification Requests(JSRs) に対して、何らかの参加・貢献を促進するために作られたプロジェクトです。開発者レベルで草の根的に、現在の Java もしくは新しい Java 標準に対して参加・貢献ができるようになります。JSR には、Java SE 8 の新機能である Date & Time API の他、エンタープライズ Java の各種 API 、さらには今後リリースされる予定の Java EE 8 に含まれるクラウド対応機能などの全 Java エコシステムがカバーされています。ご参照 : ”利点”と”焦点


    Adopt A JSR の参加者

    Adopt A JSR の参加者はコチラをご覧ください。ご参照: Adopt A JSR への参加者 また、”活発的に活動している JSR”と”JSR の活動状況


    参加方法

    下記に、参加するための全ての手順について記載します。


    サイン・アップ

    下記のプログラムを通じて参加ができます。

    1. java.net プロジェクトに参加
    2. メーリング・リストへの登録 Mailing Lists- へログインが必要-(Adopt a JSR のエチケットをご参照)
      1. members@adoptajsr.java.net - グローバルのメーリングリスト(英語)
    3. IRC: @adoptajsr チャンネル irc.freenode.net (Adopt a JSR のエチケットをご参照
    4. Twitter: @adoptajsr のフォロー(#adoptajsr ハッシュタグを利用)
    5. ニュース・ペーパ:(ニュースの購読)
    6. Facebook : 「いいね!」FaceBook ページ
    7. Github : Adopt a JSR の Github へ参加
    8. スタート・キット:ハック Day やハンズオン等のイベントに参加する前に参照する為のリソース、またイベント主催者、発表者用のまとめ

    はじめの作業

    ご参照:はじめの作業

    Adopt a JSR の取り組み

    ご参照:Adopt a JSR の取り組み

    JSR における作業内容

    ご参照:JSR における作業内容

    発表内容、プレゼンテーション、リソース

    ご参照:発表内容、プレゼンテーション、リソース

    プロジェクトとコード

    GitHub をご参照:プロジェクトとコード

    成功事例

    いままでと何が変わったのか?!何を実施したのか。 ご参照:成功事例

    各JSRへの取り組み

    [戻る]