Register today for Oracle CloudWorld. October 17th - 20th, Las Vegas

Register now

Hillel Cooperman, Senior VP of User Experience Design, has a message for you on Oracle CloudWorld

Watch now
EPM Cloud:What's New20.10 日本語翻訳の公開 — Cloud Customer Connect
You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New20.10 日本語翻訳の公開

Question
14
Views
0
Comments

Announcement

20.10の月次更新の主なトピックは以下の通りです。
[EPM Cloud共通]
・アクティビティ・レポートの拡張機能
アクティビティ・レポートは、ビジネス・ルール、計算スクリプト、Essbaseデータ・ロード、データ抽出、再構築およびEssbase問合せのパフォーマンスに関する追加情報を提供しています。
今回拡張された表(抜粋)
  ・作成されたブロック数別の上位10の計算スクリプト・コマンド
  ・1分を超えるパフォーマンスが最も低い上位5つの計算スクリプト・コマンド
  ・パフォーマンスが最も低い上位10のEssbaseデータ抽出操作
EPM Cloudコンポーネントのパフォーマンスをより深く把握でき、問題のトラブルシューティングに役立ちます。

・データ統合でビジネス・ルールが使用可能になりました
Planningアプリケーションへのデータ統合で、ビジネス・ルールを使用できるようになりました。
たとえば、データ・ロードの前にデータをクリアしたり、計算を実行したり、データを集計したり、キューブの1つのスライスにデータをコピーするビジネス・ルールを実行できます。

・Calculation ManagerでのFlashサポートの削除
OracleはCalculation ManagerでFlashを無効にしており、有効にするオプションは削除されています。

[Planning]
・新規ビデオの追加
戦略モデリングでのデータのコピー
EPM Cloud Planningでのダッシュボード2.0の設計

・リース・アセット・プランニングの追加ユースケース
CapexでIFRS16 Standardを使用してリース・アセット・プランニングを実行する場合、リース・アセットが低価値アセットかどうかを判断する際に支払頻度が考慮されるようになりました。

[Financial Consolidation and Close]
・レビュープロセスが開始されるまで、レビュープロセスに参加しているエンティティのデータ入力を防止
エンティティがレビュー・プロセスを開始した後にのみエンティティへのデータ入力が許可されるようになりました。
既存の顧客への影響:データロード中のためにまだレビュープロセスを開始していない場合、このエンティティへのデータ入力が防止されるため、データロードへに影響があります。

[今後の変更および考慮事項は以下の通りです。]
・11月 (20.11)更新では、EPM Cloudは、使用可能な既存の13テーマに加えて、新しいRedwood外観テーマを提供します。
Enterprise Data Managementでは、12月(20.12)の更新からRedwoodテーマが提供されます。

・CHROME 85およびCHROME EDGE85ブラウザ
Chrome 85およびChromium Edge 85ブラウザで最近変更されたため、ユーザー・インタフェースで一部の入力/出力コンポーネントの表示がばらばらに引き延ばされて右に寄る傾向があります。 Oracleは、これらのブラウザの動作の変化を認識し、問題の解決に取り掛かっています。

・ナビゲーション・フローの水平タブのユーザビリティの拡張
今後2-4か月以内の更新で、関連アクションを実行するために追加の水平タブがオンザフライで開くといった新機能がナビゲーション・フローに導入されます。

・レガシーPBCSおよびEPBCSアプリケーションの移行を使用したデータの増分インポートを使用可能にする新設定
次回の更新では、Oracleにより、レガシーPBCSアプリケーションとEPBCSアプリケーションの新規アプリケーション設定が作成され、移行を使用したデータの増分インポートが可能になります。 移行を使用したデータの増分インポートを無効にするようにデフォルト設定が設定されます。 そのため、この新しい設定がデフォルト構成に残っている場合、日次メンテナンス・スナップショットやデータの増分インポートに移行を使用して作成された抽出は使用できません。ターゲット環境に既存のアプリケーションがない完全なクローンとして移行を使用してデータをロードするには、完全なスナップショットをインポートする必要があります。

・FINANCIAL CONSOLIDATION AND CLOSEで会社間照合レポートのレポート出力オプションとして.XLSフォーマットが削除されます
20.12の更新から内部取引照合レポートのレポート出力フォーマットとして.xls形式が削除されます。


7月のアップデートより"機械翻訳"を利用しております。
"機械翻訳"について : 対象ドキュメントは、お客様の利便性のために翻訳ソフトウエアにより機械的に翻訳(機械翻訳)したものです。オリジナルの英語版もあわせてご確認ください。

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!