You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New21.04 日本語翻訳の公開

Question
10
Views
0
Comments

Announcement

21.04の月次更新の主なトピックは以下の通りです。
[EPM Cloud共通]
・新規ビデオ
概要: EPM Cloudでの埋込みダイレクト・リンクおよび外観の最適化
2つの新機能を紹介します: ERP Cloud、NetSuiteなどの他のシステムにEPM Cloudコンテンツを埋め込むための直接リンク、および新しい外観のカスタマイズ・オプション。新しい外観オプションを使用して、効率性の高いRedwoodエクスペリエンスを実現しカスタマイズする方法。

・『EPM CLOUDオペレーション・ガイド』の新規トピック
EPM自動化に関連する問題のトラブルシューティングに役立つトピックが追加されました。

・環境のクローニング機能の更新
環境のクローニング機能は、Enterprise Data Managementを含むすべてのEPM Cloudビジネス・プロセスで使用できるようになりました。この機能は、UI操作で環境をクローニングでき、EPM自動化のスクリプトを記述することに代わる方法です。ソースのアプリケーションの正確なコピーを作成するため、ターゲット環境に必要なすべてのアクションを自動化します。

・EPM CLOUDの新しいWEBアドホック・エクスペリエンス
この更新では、すべてのテーマで新しいWebアドホック・エクスペリエンスがご利用になれます。

・SMART VIEW (MACおよびブラウザ)の拡張ビジネス・ルール・ダイアログ
「保存時に実行」するフォームにビジネス・ルールが関連付けられている場合、このタスクを完了するには、Smart ViewユーザーがSmart Viewリボンから「送信して計算」ボタンを選択する必要がありました。 この拡張機能により、ビジネス・ルールが自動的に実行されます。

・タスク管理
タスク・マネージャが拡張され、新しいプロセス自動統合、カレンダ・ビュー、レポート生成パラメータの階層セレクタ、新しいタスク・ステータスの色など、いくつかの新機能が追加されました。

[Planning]
この更新では、Planning固有の新機能はありません。


[FINANCIAL CONSOLIDATION AND CLOSE]
・デフォルト換算順序の変更
換算オーバーライド・ルールが換算オーバーライド・エントリの前に実行されるようになりました。 古い変換順序を保持する場合は、skipTransRulesIfOverrideRatesExistという名前の置換変数を作成し、値をFalseに設定します。

・パフォーマンス代替変数
「OptimizeConcurrency、DeltaDBRefreshおよびOluRatesLoad」代替変数を有効にすると、パフォーマンスを向上できます。

[Enterprise Data Management]
・ビデオの更新
ユーザー・インタフェースが変更となったためにビデオが更新されましたのでご確認ください。
Oracle Financials Cloud一般会計アプリケーションの登録
汎用アプリケーションの登録
アプリケーション間でのデータの共有
ノード・セットの作成

[考慮事項]
・SMART VIEWアド・ホック動作設定の今後の変更
今後数か月以内に、「アプリケーションの設定」のSmart View「非定型動作」オプションでは、すべての顧客が「ネイティブ」モードではなく「標準」モードにデフォルト設定されます。 標準モードでは、複数グリッドのサポート、シート内POV、リフレッシュせずに送信などの追加機能が提供されます。
Smart Viewアド・ホック動作のネイティブ・モードは最終的に段階的に廃止される予定です。すべてのお客様は、「標準」モードのアドホック動作に切り替えることをお勧めします。

・スナップショットのインポート - 動作の変更
スナップショットをインポートしても、ターゲット環境の日次メンテナンス開始時間は、スナップショットが取得された環境の時間にリセットされなくなります。 インポート・プロセスでは、ターゲット環境に設定されたメンテナンス開始時間が考慮されます。

・RUNBUSINESSルールEPM自動化コマンド - 動作の変更
21.05の更新以降、runBusinessRule EPM自動化コマンドでは、Planning、Planningモジュール、Financial Consolidation and CloseおよびTax Reportingアプリケーションに対してルールセットを実行できなくなります。 かわりに、runRuleSetコマンドを使用し、EPM自動化を使用してビジネス・ルールセットを起動する必要があります。

・未使用の移行オプションの削除
今後の更新で、Oracleは、一部の未使用またはほとんど使用されないオプションを移行の「インポート・オプション」画面から削除する予定です。 EPM CloudはEssbaseキューブの再構築およびアーティファクトの上書きを暗黙的に処理するため、「Essbaseアプリケーション - アーティファクトの上書き」および「Essbaseアプリケーション - キューブの再構築」オプションはEPM Cloudでは無効でした。 これらのオプションは表示されなくなります。 「データ管理 - 検証のスキップ」オプションではデフォルト値のfalseが使用され、「グループおよびメンバーシップ - 最大エラーしきい値」オプションではデフォルト値として100が使用されます。

・複合フォームのサポート
2021年5月以降、Oracle Cloud EPMは複合フォームの正式なサポートを停止する予定です。 既存の複合フォームをEPM Cloudダッシュボードに変換し、問題があれば、SRの起票をお願いいたします。

・財務連結および決算処理の新しいEXTENDACCOUNTSCOPE代替変数
20.11の更新では、換算および連結ロジックの勘定科目スコープを拡張するために、Financial Consolidation and Closeに新機能が導入されました。 これまで、すべてのシステム・ルールが「FCCS_Balanceシート」階層外のすべてのアカウントに一貫して適用されているわけではありません。 これは、勘定科目ディメンション階層での位置に関係なく、すべての関連勘定科目に同じシステム・ルールを適用するように更新されました。

・タスク・マネージャおよび補足データ・マネージャ用のSMART VIEWアドオン・インストール

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!