You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New21.05 日本語翻訳の公開

Question
6
Views
0
Comments

Announcement

21.05の月次更新の主なトピックは以下の通りです。
[EPM Cloud共通]
・EPM自動化の更新
EPM自動化の新しいバージョンが使用可能になりました。 このバージョンでは、EPM自動化でのカスタムURLの使用がサポートされます。

・OCI (GEN 2)環境のアイデンティティ・プロバイダとしてのAZURE ADの構成手順
「Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイド」に、Microsoft Azure ADをOCI (Gen 2) EPM Cloud環境のSAML2アイデンティティ・プロバイダとして構成する手順が追加されました。 

・タスク・マネージャおよび補足データ・マネージャのためのSMART VIEW拡張機能
タスク・マネージャおよび補足データに対応するSmart View拡張機能が変更されました。

[Planning]
新規チュートリアル
Planningでのアド・ホック・グリッドの設計
メンバーの選択、ディメンションの移動、グリッド・データおよび定義の保存などのアド・ホック操作の実行方法について学習します。 アド・ホック・グリッドを使用して、分析に頻繁に使用するフォーカスしたデータ・スライスをパーソナライズできます。

Planningでのアド・ホック・グリッドの作成
フォーム、キューブおよびダッシュボードを使用してPlanningでアド・ホック・グリッドを作成する方法を学習します。

[FINANCIAL CONSOLIDATION AND CLOSE]
・換算通貨入力データ消去
出資比率の管理が有効なアプリケーションで、換算済通貨入力データに対して消去が実行されるようになりました。

・オンデマンド・ルールでのGROOVYスクリプトのサポート
Calculation ManagerでGroovyスクリプトをスクリプト・タイプとして使用して、オンデマンド・ルールを作成できるようになりました。

・CALCULATION MANAGERからオンデマンド・ルールを実行する機能
ルールに移動し、Calculation Manager内からオンデマンド・ルールを選択して起動できるようになりました。


[Enterprise Data Management]
・新規ビデオ
概要: Enterprise Data Management Cloudでのセキュリティの理解 - 第I部
このビデオでは、Enterprise Data Managementの様々なセキュリティ・コンポーネントがどのように連携して、各ユーザーにアプリケーション機能およびエンタープライズ・データへの適切なレベルのアクセス権が付与されるかを説明します。

概要: Enterprise Data Management Cloudでのセキュリティの理解 - 第II部
第1部で説明されているセキュリティ・コンポーネントを確認し、Enterprise Data Managementでのセキュリティの実装方法の例を使用して示します。

[考慮事項]
・デフォルト・テーマとしてのRedwoodエクスペリエンス
数か月以内に、Redwoodエクスペリエンスは、EPM Cloudサービスのデフォルト・テーマになります。既存のアクティブなサービス/ビジネス・プロセス/アプリケーションは影響を受けません。つまり、すべての移行(既存LCMインポート/再インポート)で、ソース/インポート・ファイルのテーマが考慮されます。 

・EPM Cloudでの複合フォームのサポート
この更新(21.05)以降、Oracle EPM Cloudでは、複合フォームが正式にサポートされなくなりました。 数か月間発表されたように、代替としてお客様はEPM Cloudダッシュボードを使用する必要があります。 既存の複合フォームは引き続き機能します。

・未使用の移行オプションの削除
今後の更新で、Oracleは、一部の未使用またはほとんど使用されないオプションを移行の「インポート・オプション」画面から削除する予定です。 EPM CloudはEssbaseキューブの再構築およびアーティファクトの上書きを暗黙的に処理するため、「Essbaseアプリケーション - アーティファクトの上書き」および「Essbaseアプリケーション - キューブの再構築」オプションはEPM Cloudでは無効でした。 これらのオプションは表示されなくなります。 「データ管理 - 検証のスキップ」オプションではデフォルト値のfalseが使用され、「グループおよびメンバーシップ - 最大エラーしきい値」オプションではデフォルト値として100が使用されます。

・Smart Viewアド・ホック動作設定の今後の変更
この更新(21.05) 21.08以降、すべての新規アプリケーションおよび再作成されたすべてのアプリケーションで、Smart Viewアド・ホック動作として「標準」が使用されます。
既存のアプリケーションおよび移行されたアプリケーションの場合、ネイティブはデフォルトのSmart Viewアド・ホック動作のままで、標準がオプションになります。

・タスク・マネージャおよび補足データ・マネージャ用のSMART VIEWアドオン・インストール
今後のリリースで、タスク・マネージャおよび補足データ・マネージャのSmart Viewアドオンのインストールが変更される予定です。 変更の際、SMART VIEWアドオンをアンインストールして再インストールする必要があります。

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!