Register today for Oracle CloudWorld. October 17th - 20th, Las Vegas

Register now

Hillel Cooperman, Senior VP of User Experience Design, has a message for you on Oracle CloudWorld

Watch now
EPM Cloud:What's New21.06 日本語翻訳の公開 — Cloud Customer Connect
You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New21.06 日本語翻訳の公開

Question
7
Views
0
Comments

Announcement

21.06の月次更新の主なトピックは以下の通りです。
[EPM Cloud共通]
・OCI (GEN 2)の管理者向けのORACLE EPM CLOUDスタート・ガイドの更新
Oracle Cloud Infrastructure/OCI (Gen 2)でサポートされているEPM Cloud環境での作業に役立つトピックが拡張されました。
主な用語と概念、My Servicesへのアクセス、Oracle Cloudアイデンティティ・コンソールへのアクセス等。

・一部の移行オプションの削除
Oracleでは、移行の「インポート・オプション」画面から一部のオプションが削除されました。

・ダッシュボード1.0の拡張機能
ダッシュボードからフォームの指示に直接アクセスできるようにし、柔軟なダッシュボード・レイアウトでオブジェクトのサイズを変更するハンドルと境界線をより目立たせるため、コメント・ダッシュボード・オブジェクトで許可されるテキストの量を2000文字まで拡張するために、ダッシュボード1.0が拡張されました。
注意: これらの拡張は、Dashboards 1.0にのみ適用され、Dashboards 2.0には適用されません。

・FCCからの動的計算値のエクスポート
データ統合の統合オプションでデータ抽出メソッドとして「すべてのデータ」の選択を選択することで、データをエクスポートする際に動的計算値を抽出できるようになりました。

[FINANCIAL CONSOLIDATION AND CLOSE]
・累計表示ストレージ・オプションの管理
アプリケーションを作成する場合、「累計ビュー・ストレージの管理」オプションを選択して、ビュー別にデータを格納および統合できます - たとえば、期別データのみです。 「累計ビュー・ストレージの管理」オプションを選択すると、いくつかの新しい連結および換算ルールが追加されます。
この機能は、ハイブリッド・アプリケーションで、勘定科目のみを密ディメンションとしてアプリケーションが作成されている場合にのみ使用できます。これらのルールを実行すると、期別データのみが連結および格納されるため、アプリケーション・サイズが小さくなり、連結時間が短縮され、再構築時間が短縮され、メンテナンスが容易になります。

・仕訳レポートの拡張機能
仕訳レポートが拡張され、同じ年または複数年にわたる複数期間の選択、レポートの列の選択、および選択した列の小計によるグループ化を含めるオプションが可能になりました。 また、仕訳レポート・ヘッダー情報が単一の列として整列されるようになりました。

[NARRATIVE REPORTING]
NARRATIVE REPORTINGのディスクロージャー管理機能について、製品の方向性をご参照ください。
Oracle Supportドキュメント2762013.1 (Oracle Cloud Enterprise Performance Management (EPM) Narrative Reporting - Disclosure Management

ディスクロージャー管理機能は、規制当局へのXBRLタグ付き提出物(10Kまたは10Qなど)を作成する機能です。
オラクルは、ディスクロージャー管理機能への将来の投資を終了することを決定しました。既存のお客様のサブスクリプション期間が終了するまで、製品サポートを提供し続けます。オラクルの戦略的方向性は、専用のサービスプロバイダーと連携することとなります。

・SMART VIEWの更新済NARRATIVE REPORTING拡張機能
Oracle Smart View for Office用のNarrative Reporting 21.06拡張機能をダウンロードしてインストールできます。 

[EDMCS]
・次のビデオが更新されました。
概要: Enterprise Data Managementでのワークフローの承認
最新の機能を反映するために更新されました。
承認ワークフローへのサブスクリプションの組込み
更新されたビデオには、UIの変更、新機能およびステップの違いが反映されています。


[Planning]
・Planningの2つのビデオ・チュートリアルが更新されました。
損益計算書プランニングの実行
貸借対照表およびキャッシュ・フロー計画の実行

[考慮事項]
・デフォルト・テーマとしてのRedwoodエクスペリエンス
数か月以内に、Redwoodエクスペリエンスは、EPM Cloudサービスのデフォルト・テーマになります。既存のアクティブなサービス/ビジネス・プロセス/アプリケーションは影響を受けません。つまり、すべての移行(既存LCMインポート/再インポート)で、ソース/インポート・ファイルのテーマが考慮されます。 

・EPM Cloudでの複合フォームのサポート
5月更新 (21.05)の時点で、Oracle EPM Cloudは複合フォームを正式にサポートしなくなりました。 数か月間アナウンスされているように、顧客はかわりにEPM Cloudダッシュボードを使用する必要があります。 顧客は引き続きサポートなしで複合フォームを使用できます。

・事前定義済レポートの次回のセキュリティ変更
今後のリリースでは、パワー・ユーザーのセキュリティは次のものに適用されます:
Account Reconciliationのすべての事前定義済突合せマネージャおよびトランザクション照合レポート
FCCおよびTax Reportingのすべての事前定義済タスク・マネージャ・レポート

Smart View
・Smart Viewアド・ホック動作設定の今後の変更
8月の更新(21.08)以降、すべての新規アプリケーションおよび再作成されたすべてのアプリケーションで、Smart Viewアド・ホック動作として「標準」が使用されます。
既存のアプリケーションおよび移行されたアプリケーションの場合、ネイティブはデフォルトのSmart Viewアド・ホック動作のままで、標準がオプションになります。

・タスク・マネージャおよび補足データ・マネージャ用のSMART VIEWアドオン・インストール
今後のリリースで、タスク・マネージャおよび補足データ・マネージャのSmart Viewアドオンのインストールが変更される予定です。 変更の際、SMART VIEWアドオンをアンインストールして再インストールする必要があります。

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!