You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New21.09 日本語翻訳の公開

Question
2
Views
0
Comments

Announcement

21.09の月次更新の主なトピックは以下の通りです。
[EPM Cloud共通]

・データ管理アーティファクトのエクスポートおよびインポート用のREST API
データ管理およびインポート・データ管理REST APIが使用可能になり、データ管理の設定およびステージング表データをスナップショットとしてバックアップおよびリストアできるようになります。
適用対象: Financial Consolidation and Close、Planning、Planningモジュール、Tax Reporting

・SMART VIEWでのローカリゼーション・サポート(MACおよびブラウザ)
Oracle Smart View for Office (MacおよびBrowser)では、ユーザー・インタフェースのローカライズ・バージョン(日本語等)がサポートされるようになりました。
適用対象: Financial Consolidation and Close、Planning、Planningモジュール、Tax Reporting

・WEBからEXCELへのブックおよびバースティング定義出力の両方のサポート
ブックをExcelスプレッドシートにダウンロードし、web上でプレビューしたり、ブックを含むバースティング定義を実行したりできるようになりました。
適用対象:Financial Consolidation and Close、Narrative Reporting、Planning、Planningモジュール、Tax Reporting

・データ管理の新しいスナップショットのエクスポートおよびインポート機能
EPM Cloudのお客様は、データ管理で利用可能な新しいスナップショットのエクスポート・ツールとインポート・ツールにアクセスできるようになりました。 これらのツールは、設定データおよび履歴データのバックアップとリカバリのオプションを提供します。
次のいずれかのインタフェースを使用して呼び出すことができます:
-REST API
-EPM自動化
-システム・メンテナンス・タスク・ユーザー・インタフェース

・データ統合の新しい期間マッピング・オプション
「期間マッピング」オプションがデータ統合で使用できるようになりました。 


[Planning]
・新規ビデオ
プランニングには、いくつかの新しいビデオ・チュートリアルが用意されています。
親モデルのビジネス・ケースへのデータのマッピング
データ・マップを使用してデータをPlanningから戦略的連結モデルに移動する方法と、戦略的連結モデル内のモデル間で移動する方法について学習します。

・新規チュートリアル
Planningモジュールで使用できる新しいチュートリアルがいくつかあります。
財務および非財務プロジェクトの利点の追加
このチュートリアルでは、財務および非財務プロジェクトの利点を識別して入力する方法を示します。

資本の構成
この60分間のチュートリアルでは、Capitalの機能を構成および有効化する方法を示します。

プロジェクトの構成
この90分間のチュートリアルでは、プロジェクトの機能を構成および有効化する方法を示します。

プロジェクト経費の計画
このチュートリアルでは、ドライバ・ベースの仮定と直接入力経費を使用してプロジェクト経費を計画する方法を示します。

・新規メンバー・セレクタ機能: 相対範囲と相対範囲
新しい相対範囲および相対範囲関数がメンバー・セレクタに追加されました。
メンバー・セレクタのRelative関数を使用して、指定したオフセットを持つ同じ世代の指定されたメンバーに対して相対的なメンバーを返します。 たとえば、Relative("Jan", 4)は、1月に標準月次期間ディメンションで4か月を加えた5月を返します。Relative("Jan", -2)は、1月から2か月を引いた11月を返します。

[考慮事項]
EPM Cloud共通
・レディネス・ドキュメント(本書)とヘルプ・センターのドキュメント(マニュアル)の1週間のずれ
レディネス・ドキュメント(新機能のサマリー)は、月次更新がテスト環境に適用される1週間前に公開されるため、月次更新がテスト環境に適用され、ヘルプ・センターの更新が完了するまで、レディネス・ドキュメントに含まれるドキュメントへのリンクの一部は機能しません。

・ダッシュボードまたはインフォレットのデフォルト・ページとして設定
2021年11月の更新(21.11)以降、ダッシュボードまたはインフォレットをリスト・ページ内のデフォルト・ページとして設定できなくなります。 これらの設定を有効にすると、リスト・ページのかわりにデフォルトのダッシュボードまたはインフォレットが開きます。

・ロゴおよびバックグラウンド・イメージでのみ保護されたURL
2021年11月更新 (21.11)以降、セキュアなURLのみが、EPM Cloudの外観ページのロゴ・イメージおよびバックグラウンド・イメージ設定でサポートされます。

・URLのエクスポート機能を使用して直接URLを置換
21.03更新では、Oracleは、EPM Cloud URLをCSVファイルにエクスポートするエクスポートURLと呼ばれる機能をリリースし、接続されたEPM Cloudビジネス・プロセス内の各カード、タブまたはサブタブに一意のURLを提供します。 URLのエクスポート機能は、顧客がEPMフォーム、ダッシュボードまたはインフォレットへのリンクに使用する直接URLポインタの代わりに使用する必要があります。 フォーム、ダッシュボードまたはインフォレットへのダイレクトURL機能は、21.11更新以降サポートされなくなります。 プランニングの管理の「ダイレクトURLを使用した接続環境の統合」を参照してください。

・バージョンのコピー機能の制限事項
固有のデータ破損リスクのため、複数の顧客からのフィードバックに基づいて、EPM Cloudプラットフォーム(Planning、FCC、Tax Reporting)のバージョンのコピー機能が管理者にのみ公開されるように制限することを計画しています。 2021年10月以降、パワー・ユーザーおよびユーザーはバージョンのコピー機能を使用できなくなります。

・EPM Cloudでの複合フォームのサポート
5月更新 (21.05)の時点で、Oracle EPM Cloudは複合フォームのサポートを終了しています。 数か月間アナウンスされているように、顧客はかわりにEPM Cloudダッシュボードを使用する必要があります。 顧客は引き続きサポートなしで複合フォームを使用できます。

・事前定義済レポートの次回のセキュリティ変更
今後のリリースでは、パワー・ユーザーのセキュリティは次のものに適用されます:
Account Reconciliationのすべての事前定義済突合せマネージャおよびトランザクション照合レポート

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!