Register today for Oracle CloudWorld. October 17th - 20th, Las Vegas

Register now

Hillel Cooperman, Senior VP of User Experience Design, has a message for you on Oracle CloudWorld

Watch now
EPM Cloud:What's New22.08 日本語翻訳の公開 — Cloud Customer Connect
You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New22.08 日本語翻訳の公開

1
Views
0
Comments

EPM Cloud の月次更新について新機能や考慮点等を紹介する「What's New」を日本語に翻訳しております。

新たに22.08版を公開いたします。


★URL変更のお知らせ★

EPM Cloud: What's New(日本語)のURLが変更になっています。

お気に入り登録されていらっしゃる方はお手数ですが、変更をお願いいたします。


新しいリンクはこちらです。

What's New(日本語)

https://docs.oracle.com/cd/E75749_01/tutorial/cloud/epm/wn/epm/new-epm-wn.htm

What's New(オリジナル/英語版)

https://www.oracle.com/webfolder/technetwork/tutorials/tutorial/cloud/epm/wn/epm/new-epm-wn.htm


22.08の月次更新の主なトピックは以下の通りです。

[EPM Cloud共通]

・EPM自動化の更新

EPM自動化の新しいバージョンが使用可能になりました。 


・ORACLE SMART VIEW FOR OFFICEの新規バージョン

Oracle Smart View for Officeバージョン22.100がリリースされました。主な新機能は以下の通りです。

- EPM Cloudライブラリ内のドキュメント・フォルダの表示または非表示

- 親および子メンバーの新しいセル・スタイル

- 新しいEPM Cloudビジネス・プロセス Enterprise Profitability and Cost Managementのサポート

- Financial ReportingドキュメントをインポートするためのMicrosoft WebView2およびEdgeのサポート

- OS Windows11への対応


・FIREFOXからSMART VIEW SVEXT EXTENSIONSをダウンロードできるようになりました

たとえば、Firefoxを使用して、Planning管理の拡張またはタスク・マネージャ拡張機能をダウンロード・ページから直接ダウンロードできるようになります。


・EXCELアド・ホックへのインポートまたはエクスポート時にレポートに非表示のディメンションを含める

ReportsおよびSmart Viewでは、非表示のディメンション行および列がサポートされています。


・EXCELアド・ホックへのインポートまたはエクスポートから削除されたレポートのグリッド式およびテキスト・セグメント

以前は、式およびテキスト・セグメントを含むExcelアド・ホックにグリッドをインポートまたはエクスポートする場合、式およびテキスト・コンテンツは静的(リフレッシュ不可)テキストとして含まれていました。この新機能により、Smart Viewアド・ホック操作を簡単に実行できます。


・SMART VIEWアド・ホック・グリッド内の個別の列にメンバー名および別名を表示

Oracle Smart View for Office、「メンバー名および別名」の新しいメンバー表示オプションを使用すると、アド・ホック・グリッドの行ディメンションでメンバー名と別名の両方を別々の列に表示できます。


・直接ドリル

新しい直接ドリル機能を使用すると、クイック・モード・メソッドを使用してデータをロードするときに、EPMフォームからソース・データに直接ドリル・スルーできます。 外部URLまたはEPM統合エージェントURLを使用してソース・データを問い合せて起動できるようになりました。 また、標準モードのデータ・ロードでは、カスタム・ドリル・リージョンを定義でき、引き続き標準ランディング・ページを使用できます


[FCC]

・ENTERPRISE JOURNALS内での自動生成仕訳IDの監査トラッキングの有効化

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!