You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New23.04 日本語翻訳の公開

22
Views
0
Comments

EPM Cloud の月次更新について新機能や考慮点等を紹介する「What's New」を翻訳しております。

新たに23.04版を公開いたしました。


以下のリンクをご確認ください。

What's New(日本語)

What's New(オリジナル/英語版)


23.04の月次更新の主なトピックは以下の通りです。

[EPM Cloud共通]

・OCI移行: オラクル管理の移行が4月より順次開始されます。

4月移行の対象のお客様は2023年1月に移行のお知らせを受領したお客様となります。アプリケーション・データおよびユーザーリストについて、クラシック環境からOCI環境へ、23.04 (4月)の月次更新で実施されます。 対象のお客様で、23.04の月次更新で移行を希望しない場合は、EPM Automateコマンド(skipUpdate)を実行して23.04の更新を延期してください。

※EPM Automateによる移行の延期の詳細は、「EPM Cloud: OCI Gen2移行手順書の公開」(日本語)をご確認ください。


Oracle管理の移行に関するお客様へのお知らせを順次開始しております。ご案内が届きましたら移行スケジュールをご確認ください。

2023年2月に移行のお知らせメールを受領したお客様は、3月にOCI環境のURLとログインパスワードを受領し、5月に移行となります。

2023年3月に移行のお知らせメールを受領したお客様は、4月にOCI環境のURLとログインパスワードを受領し、6月に移行となります。

また、2つの移行オプションのうち、「顧客管理の移行プログラム」を希望される場合は、2023年4月30日までにサービス・リクエストを登録してください。


・EPM自動化の更新

EPM自動化の新しいバージョンが使用可能となりました。新しいコマンドが追加されています。


・ORACLE SMART VIEW FOR OFFICEの新規バージョン

Oracle Smart View for Officeバージョン23.100が使用可能となりました。


・アクティビティ・レポートにデータ・センター情報が含まれるようになりました


・スマート・プッシュでの欠落列の抑制

データ・マップでは、「スマート・プッシュ」の欠落している列の新しい抑制オプションを使用すると、顧客は「スマート・プッシュ」の実行中にソース・グリッドから欠落している列を抑制できます。フォームでの作業中にソース・キューブからレポート・キューブにデータやサポート詳細を移動するときに、パフォーマンスが向上する場合があります。


・データ統合によるデータ管理機能の置換

データ統合とデータ管理の機能が同等となっていくため、今後の更新ではデータ管理機能が徐々に利用不可となり、かわりに新しいデータ統合のユーザー・インタフェースを利用可能です。7月(23.07)の更新以降、データ管理で使用できなくなる機能がありますが、データ統合で使用可能です。 (データ統合はデータ管理の新しいUIであり、データ管理からデータ統合へのコンテンツの移行は不要です。) 


[FCC]

・所有権消去および調整のシステム計算の新しいプロセス

23.04の更新の前に、システム計算された所有権消去および調整(取得、処分、エンティティ消去調整およびエンティティ比例調整)はFCCS_Intercompany消去データ・ソース・メンバーに書き込まれていました。

23.04の更新以降、新しいデータ・ソース・メンバーFCCS_AcquisitionsDisposalsを使用して、システム生成の所有権調整および消去(取得、処分、エンティティ消去調整およびエンティティ比例調整)を取得します。 このメンバーは、EnableNewAcqDisp代替変数がtrueに設定されている場合、23.04から使用されます。

また、代替変数は今後の更新で削除され、新しいデータ・ソース・メンバーは、システム所有権の調整および消去が書き込まれる唯一のメンバーになる予定です。このメンバーはシステム専用であるため、データはシステム計算でのみロードでき、ルールやデータ入力(ロード、手動入力、または仕訳入力)による生成はできません。


・貸借不一致の連結仕訳を作成する機能

連結仕訳プロセスに、貸借不一致仕訳を作成する機能が含まれるようになりました。 機能の有効化プロセス中に「貸借不一致仕訳」オプションを選択すると、仕訳を作成できるすべてのユーザーが貸借不一致仕訳を作成できます。これは、すべてのシナリオ、エンティティ、連結メンバー、エンティティ通貨およびすべての入力通貨に対して許可されます。

注意:この機能は、疎密最適化(DSO)機能を使用するアプリケーションでのみ使用できます。


・メタデータ解決順序代替変数

メタデータ解決順序のEnableSolveOrderImport代替変数は、デフォルトで有効になりました。


・パフォーマンス代替変数

パフォーマンスを向上させるために、OptimizeConcurrency、OptimizePelimCalculation、EnableYearlyConsol、ParallelCustomDimDSO、およびParallelCustomDimTranslation代替変数を有効にできます。


[NARRATIVE REPORTING]

・POWERPOINTレポート・パッケージ内の埋込みコンテンツ・イメージの明確性の向上

新しいイメージ・タイプでは、スライドの埋込みチャート、グラフまたは表イメージをより明確に表示できます。


[EPCM]

・モデル検証でのアプリケーションおよびルール設計のベスト・プラクティス・チェック

アプリケーションおよびルール設計のベスト・プラクティス・チェックがモデル検証に追加されました。


[重要な処理および考慮事項]

[EPM共通]

・EPM Cloud Redwood以外のUIのサポートを中止する予定です

今後の更新(2023年12月に予定)では、Oracle EPM CloudはRedwoodテーマのみのサポートを計画しています。 Redwood以外のテーマはすべてサポートされなくなる予定です。 お客様は、ユーザー・ベースのRedwoodテーマへの移行を計画することをお薦めします。

詳細は、Customer Connect 2023年4月Cloud Customer Connectセッションで説明予定です。: EPM - EPM CloudのRedwoodテーマを使用する理由(英語セッションとなります。)このセッションでは、ユーザーがRedwoodテーマ、テーマ内で使用可能なカスタマイズ(会社のロゴなど)、およびクラウドEPMのRedwood以外のテーマに関する将来の計画を採用する必要がある理由について説明します。


・EPM Cloudメンバー名、別名および属性名の0x1A文字および0xA0文字を制限する計画

23.06以降、0x1A ASCII置換文字(ゼロ幅スペース)および0xA0 Unicode文字(ノーブレーク・スペース)は、メンバー名、別名および属性名で使用できなくなります。


・EPM Cloud Identity Cloud Service (IDCS)からIdentity and Access Management (IAM)への移行を計画

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!