You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

【公式blog記事】セキュリティ‐玉ねぎのような防御

Announcement
1
Views
0
Comments

※本記事は、Kiran Thakkarによる" Security - Like Layers of Onion (Defense) "を翻訳したものです。


セキュリティにおいては、互いに支え合う防御層の盾となるセキュリティの玉ねぎを構築します。 1つの層に障害が発生したら、次の層がデータを保護します。層が多いほど、システムは (通常は) 安全になります。Oracle は、データ・セキュリティからインターネットおよびエッジ・セキュリティに至るまで、OCI 上に複数の(玉ねぎのような)セキュリティ層を実装しています。


セキュリティの層を構築することは新しい概念ではありません。その昔、王国は城を守るために何重ものセキュリティを構築していました。中世の城は、堀、門、壁、塔を備えた物理的なセキュリティ層であり、侵入者や攻撃者に対するさまざまな保護層となっていました。現代のセキュリティはというと、多層セキュリティまたは多層防御として知られる防御層の構築となります。

これらの層は玉ねぎのようなものです。玉ねぎは珍しい野菜ではありませんし、外から見ても特別なものには見えません。同様に、セキュリティも派手なものではなく、常に外部から見えるものでもありません。但し、玉ねぎを噛んでみると、何層も重なっていることが分かります。目には涙があふれますよね。

セキュリティにおいては、下の図に示すように、互いに支え合う防御層の盾となるセキュリティの玉ねぎを構築します。 1つの層に障害が発生したら、次の層がデータを保護します。層が多いほど、システムは (通常は) 安全になります。


▼全文はOracle Cloud Applications Japan 公式Blogでお読みいただけます。

セキュリティ‐玉ねぎのような防御

https://blogs.oracle.com/saas-jp/post/security-layers-of-defense-jp

セキュリティ - 玉ねぎのような防御 パート II

https://blogs.oracle.com/saas-jp/post/security-layers-of-defense-2-jp

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!