We'd love to hear from you! Provide  feedback  to earn a badge today. Take our quick survey
You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

CX Sales: ファイルベース・データ・インポートのサポート終了のお知らせ(20D)

Question
26
Views
0
Comments

Announcement

※当初20Cで終了でしたが、3か月間延長され20Dでの終了となりました。(2020/3/30)

CX Sales 20C 20Dリリースから、ファイルベースのデータ・インポート・フレームワークはサポートされなくなります。

ファイルベースのデータ・インポート・フレームワークは、スムーズに移行しつつ互換性を継続できるよう、適切な移行、統合、トレーニングおよびテクニカル・サポートのために、引き続き20Cリリースまでサポートされます。

CX Sales(Engagement Cloud)では18B (インポート)および19A (エクスポート)から、新しいインポート/エクスポート管理フレームワークが提供されています。

弊社としては、20D以降も引き続きデータをインポートできるように、「ツール」メニューの新しいインポート管理アプリケーションへと移行することをお薦めします。
このフレームワークではインポートおよびエクスポートのメカニズムが改善されており、次のようなメリットがあります。

• 使いやすい - 合理化されたUI、ドラッグ・アンド・ドロップによるマッピング、実行前の検証
• 統合 - RESTおよびコマンドラインAPIによるジョブの定義、起動およびモニタリング
• 一貫性 - アプリケーション全体(インポート、REST、UI、アプリケーション・コンポーザ)において一貫したオブジェクト定義(親子構造を含む)
• 構成 - カスタム・ビジネス・ロジックおよびイベントのサポート
•デバッグの改善 - より簡単になった問題診断。データ型制約および必須フィールドの検証のために入力ファイルの最初の10行までを分析します
• パフォーマンス - 大規模ユース・ケースにおける実行時間の短縮。データ移行は1時間当たり何百万件ものレコードを処理するように構成可能です
• 柔軟性 - すべてのサイズのジョブ、大規模なオンボーディングおよびデータの初期ロードがサポート可能です

ファイルベース・データ・インポートから、新しいインポート管理への移行のついての詳細は、添付のドキュメントをご参照ください。

また、My Oracle Supportの下記DOCも合わせてご確認ください。
Transition from File-Based Data Import to Import and Export Management: Doc ID 2576983.1.

Tagged:

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!