What's new in Customer Journeys?

Connect and learn more!
EPM Cloud:What's New 23.12 日本語翻訳の公開 — Cloud Customer Connect
You're almost there! Please answer a few more questions for access to the Applications content. Complete registration
Interested in joining? Complete your registration by providing Areas of Interest here. Register

EPM Cloud:What's New 23.12 日本語翻訳の公開

Announcement
41
Views
0
Comments

EPM Cloud の月次更新について新機能や考慮点等を紹介する「What's New」を翻訳しております。

新たに23.12版を公開いたしました。


以下のリンクをご確認ください。

What's New(日本語)

What's New(オリジナル/英語版)


23.12の月次更新の主なトピックは以下の通りです。

[EPMプラットフォーム]

・新規ビデオ

Cloud EPMでのForms 2.0の概要

この概要では、Forms 2.0の新機能について説明します。 


Cloud EPMのダッシュボード2.0の新機能(2023年11月)

この概要では、ダッシュボード2.0の新機能について説明します。


・シミュレート済ロードでの同時使用テスト

新しいEPM自動化コマンドsimulateConcurrentUsageを使用できます。 このコマンドは、指定された数のユーザーおよび反復に対して指定された操作を実行して、ユーザー・アクティビティのシミュレーションを実行します。


・更新期間の最大スキップが3サイクルに拡張されました

この更新から、skipUpdate EPM自動化コマンドを使用して、環境への月次更新の適用をスキップし、最大3サイクル連続でスキップできます。


・EPM CLOUD OCI環境で使用可能なTLS 1.3サポート

EPM Cloud OCI環境は、暗号化された通信のためのTLSプロトコルの最新バージョンであるTLS 1.3をサポートしています。 


・タスク・マネージャでのオペレーショナル・ダッシュボード統合タイプおよびタスク・タイプの表示

タスク・マネージャは、オペレーショナル・ダッシュボードの新しいエンド・ユーザー統合およびタスク・タイプによって拡張され、ビジネス・プロセスの可視性が向上します。


・SMART VIEWのタスク・マネージャの拡張サポート

Smart Viewのタスク・マネージャは、操作性の向上、タスク詳細への迅速なアクセス、統合タスクへのより適切なナビゲーションのために拡張されています。


・データ統合のクイック・モード - ファイル・ベース・ロード

ファイル・ソースからの大量のデータ・ロードを処理できるため、複雑な変換が不要な場合に、標準のワークフロー・メソッドよりもパフォーマンスが大幅に向上します。 この機能は、数値データ型および数値以外のデータ型で使用できます。


・データ統合の新しいソース式およびターゲット式のタイプ

データ統合でディメンションをマッピングするときに、新しいソース式タイプとターゲット式タイプを使用できます。


・データ統合のACCOUNT RECONCILIATIONの名称変更

データ統合では、Account Reconciliationマネージャ・アプリケーションの新しい登録が、「アプリケーションの作成」ページの「EPMローカル」カテゴリの下に「Reconciliation Compliance残高」という名前で登録されるようになりました。 さらに、Account Reconciliation Managerアプリケーションの参照および既存の登録も更新されます。


[Account Reconciliation]

・ACCOUNT RECONCILIATION MANAGERターゲット・アプリケーションの名前が変更されました

データ統合の作成時に、使用される「ターゲット」値がAccount Reconciliation ManagerからReconciliation Compliance Balancesに変更されました。


[EDM]

・比較結果リストでのノードの親の識別

「比較のビューポイント」ペインに、リストに表示される比較結果の親情報が含まれるようになりました。


・取引履歴の関連リクエスト・オプションを含む

特定のリクエストのトランザクションを監査する場合、指定したリクエストと同じ系統のすべてのリクエストのトランザクションを含めることができます。


・新規ビデオ

ビューポイント・ロードの操作

ビューポイント・ロードを使用してビューポイントにデータをロードする方法を学習します。 また、ビューポイントのロードとインポートの違いについても学習します。


・所有権承認

所有権承認メソッドを使用して承認ポリシーを構成し、ビューポイントのノードに定義された所有権プロパティに基づいて承認者を招待できます。


・ノード・タイプ・コンバータの親変換

ノード・タイプ・コンバータでは、ノード名とは別にソース・ノードの親を変換する機能が提供されるようになりました。


・ユーザー・アプリケーション・タイプ

EDM内の他のアプリケーションのノードに関連付けることができるエンタープライズ・ユーザーの共通セットを管理するために、新しいアプリケーション・タイプを使用できます。


[Narrative]

・SMART VIEWのNARRATIVE REPORTING拡張機能の更新

Smart Viewの更新されたNarrative Reporting拡張機能をダウンロードしてインストールできるようになりました。


・挙動の変化: SMART VIEWでアップロードおよびチェックイン・オプションを使用すると、ドックレット属性ダイアログが表示されなくなる

ドックレット・チェックイン・プロセス中に、Smart ViewのNarrative Reportingリボンの「チェックイン」ボタンの「アップロードおよびチェックイン」オプションを使用するときに、「スタイル・サンプル」または「スライド・マスター」属性ダイアログをバイパスして、WordまたはPPTドックレットを直接チェックインできるようになりました。


・SMART VIEWの参照変数値のソースを簡単に特定

Smart Viewの新しい「ソースを表示」アクションを使用して、ドックレット内で参照変数値のソースを簡単に見つけることができるようになりました。


[Tax]

・税金自動化でのソース・データ・ソースの有効化

Tax Reportingの税金自動化機能では、国別およびリージョンの税金自動化フォームの両方に「ソース・データソース」列が提供されるようになりました。


・資本に対する税率変更の拡張

Tax Reportingの勘定科目別の「税率の変更による影響」が、シナリオおよびエンティティによって拡張されました。


[重要な処理および考慮事項]

・EPM Cloud Redwood以外の背景テーマのサポートを終了する予定です

Oracle Redwoodの画面デザインは、ユーザー生産性の向上、トレーニング・コストの削減、ユーザー満足度の向上を支援しており、 Oracle Cloudユーザ-に幅広く採用されています。Redwood背景テーマへの移行をご計画下さいます様お願い致します。


Redwoodエクスペリエンスでは、2024年第1四半期*に、デフォルトのOracleテーマと、カスタム・ライトとカスタム・ダークの2つの追加外観オプションが提供されます。Redwood エクスペリエンスを現在使用しているすべてのEPM Cloud環境の外観は、現在デプロイされているバックグラウンド外観に基づいて、デフォルトのOracleテーマまたはカスタム・ダーク・テーマに自動的に移行されます。*時期は変更される可能性があり、セーフハーバーが適用されます。

Redwoodエクスペリエンスをデプロイしていない環境は、現在この変更の影響を受けません。2024年第2四半期に計画されている更新では、Oracleはこれらの環境を自動的に移行してRedwood エクスペリエンスを使用できるようにします。

Howdy, Stranger!

Log In

To view full details, sign in.

Register

Don't have an account? Click here to get started!